DSTYLE

facebook facebook WEBSHOP
REPORTレポート
トップページ > REPORTレポート > サトジュン的ワカサギレイクのオカッパリ:佐藤旬

最近のオカッパリ釣行をまとめました。

 

始めの時期はネスト~一回産卵を終えた位のタイミングでした。

ワカサギが岸際を回遊していて、いつもならバスを見つけらるのですが、この時バスは見えずサイトを断念。

ワカサギが回遊してくるポイントでもただ回遊してくるのではなく、少し立ち止まったり、方向転換するようなポイントでフーラ3インチのダウンショッリグで待ち伏せ作戦にしました。

粘るも日も傾きはじめ風も冷たくなってきて出来てあと一時間位と思っていると違和感が

DSC_0505

夕方フィーディングに上がってきたバスを何とかキャッチ!

 

ワカサギを積極的にフィーディングしているバスはなかなかセレクティブなので、釣れるルアーが限られて来るのですが、フーラのアクションはそんなバスも騙せてしまうのでいつも頼ってしまいます。

 

 

また数日後昼間に行くと、日中なのでワカサギのレンジも下がりバスも沈んでいる感じがしたので1.3gのジグヘッドに、またしてもフーラ3インチのワカサギカラーのセットで、ボトム付近を回遊してるワカサギをイメージして、ボトストでサーチ。

ワカサギが良く回遊しているであろうレンジに差し掛かった時に「クッ」と抑え込まれるようなアタリが!!

_20170502_200832

またしてもフーラに助けられました。

 

 

そしてしばらくオカッパリに行けず久々に行くと、季節も進みウィードが生え、アフターバスが付きそうなポイントが数か所出来ていました。

 

僕がアフターのバスを狙う時に心がけているのは、スローな動きが好きだと思っているのでこの時チョイスしたルアーはD1 3.8インチをウィードエリアにキャストし、フォールで食わなかった時はそのままズル引きしてバスを狙いました。

 

ズル引くとウィードが生えている所と無い所、濃い所と薄い所など水中の情報が多く、スローな展開ですが、水中をイメージしやすくなるのでバスへの距離を縮めてくれる釣りの一つだと思っています。

広範囲に生えているウィードエリアだったのですが、ズル引きのおかげで大分エリアが絞れ良い所を集中的に狙うと

狙い道理アフターバスがHIT

 

その後も一匹目を釣った近くのウィードエリアを攻めると

_20170523_152056_20170523_152034

サイズダウンしたもののまたしても狙い道理のアフターバスをキャッチ成功。

 

D1 3.8インチはボリュームもあり、フォール中はテールをピリピリアクションし、高比重系ワームだと重すぎて、ウィードの上をズル引きしたくても埋もれてしまう事があるのですが、絶妙な比重のD1 3.8インチは埋もれすぎずウィードに適度に引っかかりトレースできるので今ではアフター攻略に欠かせないアイテムになっています。

 

良かったら参考にしてみて下さい!

 

 

 

【タックルデータ】

・ダウンショットリグ

ロッド:6.1 UL

リール:スピニング2500番台

ライン:フロロカーボン 3ポンド

シンカー:1.8

 

・ジグヘッドリグ

ロッド:6.4 UL

リール:スピニング2500番台

ライン:フロロカーボン 3ポンド

ジグヘッド:1.3

 

D1ノーシンカー

ロッド:70MMH

リール:ベイト ハイギア

ライン:フロロカーボン 12ポンド

 

 

Facebook

https://www.facebook.com/jun.satou.353

 

・アメーバブログ

サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!

http://profile.ameba.jp/0924-jun/

 

Instagram

ユーザーネーム

satojun.room

http://instagram.com/satojun.room/

 

 

お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!