DSTYLE

facebook facebook WEBSHOP
REPORTレポート
トップページ > REPORTレポート > フルタイムガイドスタート、ワームカラー選択のお話:西平守良

こんにちはにっしぃです。


まず、私事でありますが6月からフルタイムガイドとして人生をスタートさせて頂く事になりました事をご報告致します。

 


 

そしてお陰様で6月、7月のガイドは全て埋まり、毎日琵琶湖に出させて頂いております。

 

ご予約頂きました皆様ありがとうございます。そしてこれからにっしぃガイドをご利用を考えて下さってる方々宜しくお願い致します。

 


 

魚のサイズではなく初心者からボートオーナー上級者まで、全ての要望にお答えする。これが僕の目指すガイドスタイルです。そして何よりもゲスト様がエンジョイ出来る事が大事ですね。

 

さて、琵琶湖での釣りは毎日、毎日トルキーストレート4.8&D-1 3.8インチヘビダン、最近ではトルキーストレート5.8インチ、パンチショットに助けられています。

 

今日は少し各ワームのカラー選択についてお話させて頂きます。

 

まずはトルキーストレート4.8インチ ネコリグにおいてのカラー選択。

(使い方は今までのレポートをご覧ください。)

 

トルキーストレート4.8インチは主にスイミングシェイクで使用しています。

 

ミドスト、ボトストをまとめて僕はスイミングシェイクと呼んでおります。

 

トルキーストレート、スイミングシェイクを常にシェイクして釣っていく釣方なのでどちらか言うと波動でバスに気付かさせてバイトに持ち込ませます。


ですのでワームのカラーはあまり目立たないライトスモークやデッドリーワカサギを使うことが多くなります。

 

あくまでも波動でバスに気付かせるのが、沢山バスを釣る秘訣です。

 

バスがトルキーストレートに気付いた時にはスイッチが入ってますので本当に良く釣れるのです。

 

逆にD-1 3.8インチヘビダン10g

ウィードからポロっと外した時にシェイクしないでラインスラッグを作り放置の繰り返しで使用する為、ワーム自身の存在感が大事になります。


ですので選択するカラーは、ブラック、グリパン、グリパンブルーフレークなど。

バスの視覚に訴えかけます。

 

そして、パンチショット。

ストンっとウィードの中に落とす釣りですので、こちらも存在感が大事な釣り。

ということは、やはりカラーは色の濃い物を選択。

 


 

ブラックブルーフレーク、スカッパノン、グリパン、ブルーギルなど。

そして、ウィードの中でもシェイクして良く動かす事が出来るトルキーストレートはパンチショットにもかなり向いています。

 

ここで紹介させてもらったのは全てではなく、もちろん水質や水の色、魚の活性で反応が変わりますので、状況に合わせて色々と試して見てください。

 

あくまでも参考ですがワームを動かすのか、動かさないのか、または存在感を出した方がいのか、出さないのか、そこを少し変えるだけでも釣果が変わります。毎日数人で同じ条件で釣りしてますのでカラー選択の重要性を改めて実感させてもらいました。

 

是非参考にしてみてください。

 

8月はまだガイドに空きが御座いますので是非琵琶湖に遊びに来て下さい。

 

ガイドホームページはこちら

 

にっしぃガイドサービス

http://pro.buritsu.com/nissy/