DSTYLE

facebook facebook WEBSHOP
REPORTレポート
トップページ > REPORTレポート > 河口湖アフターバスをレゼルブで攻略:佐藤旬

今回はアフターに有効なレゼルブで、気難しい河口湖バスを攻略してきたのでその時の釣行紹介になります。

s1

アフターバスは体力が無く、河口湖の様なハイランドレイクは紫外線が強いので、クリアウォーターだと特に水中への影響が大きく、バスが晴れを嫌う印象が有ります。なので、アフターの時期だと曇りや雨だと紫外線も弱く気圧も低いので狙い目になります。

s2

この日の天気はローライトでアフターハンティングにはもってこいの状況でした。

 

 

僕が河口湖のアフターを狙う時は、スローに狙えるトップウォーター(レゼルブ・ポッパーなど)やライトリグをメインにしていて、ポイントは縦スト・マンメイド・ロックエリア・ウィードエリア等をメインに展開しています。

 

今回はお昼頃に出船し、まずはロックエリアへ。

無数の岩の中でもバスが付く様な岩にレゼルブをアプローチし、ただ巻きでもパタパタと動くのですが、移動距離を抑えネチネチ誘いたかったので、シェイクしながらリーリングしました。

コースを変えつつ何回もトレースすると遠くで「ちゅぽっ」とレゼルブが水中へと消えました。

s3

狙い道理のアフターバスをスポーンギルカラーでキャッチ。

やはりトップウォーターで釣れると楽しいですね!

 

せっかくなので他のカラーにチェンジ。

が、しかし反応が無く、この日はシルエットが出るカラーが良いと確信し、スポーンギルに戻しラストポイントへ。

 

ラストは縦ストのマンメイドストラクチャーにしました。

ここはI字系でも釣った事が有り、実績もあっつたのですが、ネストにバスが入ってからバスを確認していなかったのですがとりあえずキャスト。

風が吹き狙っていたポイントよりも少しずれてしまいました。

ポイントを過ぎ回収しようとしたら下からバスがレゼルブ目がけて浮上。そのまま目の前で引ったくっていきました。

そこからガンガン潜られ、3.5ポンドリーダーだったのでヒヤヒヤしながらでしたが無事にネットイン。

s4

ブリブリ(写真右)の47cmのママバスでした。

s5

今回は2匹とも「スポーンギル」にてキャッチでした。

 

 

カラーローテーションについて。

s6

前に個人ブログに載せたのすが、大まかにこの3カラー系を状況によってカラーローテーションなどします。

「RESERVE [レゼルブ]  カラーローテーション法」

http://ameblo.jp/0924-jun/entry-12258509330.html

良かったら参考にしてみて下さい。

 

また、少し前まで河口湖で賑わっていたI字系ルアーは、放置や風を使ったナチュラルドリフトでのアプローチが主流でしたが、釣れる風速・波の大きさ・波のピッチなど条件が整うと付いてきても食わないバスが喰うなど釣れるもののシビアな状況でしたが、レゼルブはボディーのサイズ感や、羽根物のアクションなどのおかげでバスを引っ張る力もあり、今までのI字系や表層系だとキツかった波風も攻略でき、攻められる幅が広がりました。

 

是非スローアプローチにレゼルブをチョイスしてみて下さい!

 

【タックルデータ】

・RESERVEタックル

ロッド:6.10in  L

リール:スピニング2500番台

PE:0.6号

リーダー:フロロカーボン 3.5ポンド

 

 

・Facebook

https://www.facebook.com/jun.satou.353

 

・アメーバブログ

サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!

http://profile.ameba.jp/0924-jun/

 

・Instagram

ユーザーネーム

satojun.room

http://instagram.com/satojun.room/

 

 

お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!