DSTYLE

facebook facebook WEBSHOP
REPORTレポート

西平守良

氏名:西平守良 ニシヒラモリヨシ
ニックネーム:にっしぃ
2015年エントリー:JB生野銀山湖
生年月日:1979年12月17日
出身:大阪府 居住地:大阪府
身長:165cm
メインフィールド:生野銀山湖 琵琶湖
得意なスタイル:フィネス、メタルジグ、パワーフィッシング
釣り以外の趣味:サッカー、スノーボード
自分の性格:明るく人懐っこい
大切なもの:家族、友人
ライバル:さっく
夢:釣りの楽しさ、自然の大切さを自分の釣りを通じて一人でも多くの人に伝えていきたい
一言:トーナメントでのフィネスの釣りから、琵琶湖でのパワーフィッシングなど幅広く釣りを楽しんでいます。
琵琶湖ではガイド業も行っていますので是非おこしください。

西平守良 個人ブログ「にっしぃの水遊び」
http://ameblo.jp/nissynomizuasobi/

西平守良 Facebookページ
https://www.facebook.com/moriyoshi.nishihira.9

琵琶湖でのガイドサービスのご用命はこちらをご覧ください
http://ameblo.jp/nissynomizuasobi/entry-11507970817.html

大会戦績
<2005年>
NBCチャプターヒューマン大阪 第4戦(東条湖)    3位
東条湖オープン                    準優勝
<2006年>
NBCチャプター北兵庫 第5戦(生野銀山湖)      優勝
<2007年>
JB生野銀山湖 第3戦                 準優勝
チャプター近畿ブロックチャンピオンシップ(生野銀山湖) 準優勝
生野銀山湖秋季大会 第1戦               優勝
<2009年>
NBCチャプター北兵庫 第2戦(生野銀山湖)       準優勝
NBCチャプター北兵庫 第6戦(生野銀山湖)      優勝
<2012>
JB西日本バスプロ選手権(生野銀山湖)         準優勝
<2013>
チャプター琵琶湖 第2戦                3位

こんにちは、にっしぃです。

 

先日名古屋で行われましたキープキャスト2017

 

今年は比較的小さなブースを会場中央に、大きなブースを端に設置されてる様な印象をうけました。

 

この様にする事によって全てのブースがとても見やすく、足を運びやすい。よく考えられている配置だなと個人的に大絶賛でございます。きっと配置を考えた人は天才だと思います。いやほんと

 


DSTYLEも去年に続きブース出展させてもらいました。

 

そして、僕も参加させてもらいましたので当日の様子レポートさせて頂きます。

 

スタッフ全員集合での朝のミーティング風景。

 

 

この時にインカムが配られ会場やブース内でDSTYLEスタッフが連携をとれる様になっていました。

 

買い物されたり、ブースを見に来られてる皆様にすぐに対応させてもらえるようにと、導入したインカムシステムはかなり便利でした。

 

ルアー展示コーナーでは各ルアーごとに、モニターを設置し、動画で解説&実際に手で触れる仕組みになっておりました。

 

そして、ラジオブース風ステージ

まずは青木大介プロ、そして、僕の新製品トークショー。

 

D-BLADE

 

D-1 3.8インチ 

 

レゼルブ 

 

ウィニングクロー

など

ブース内では、至る所にモニターが設置され、何処にいてもブースで何が行われているのか見れるようにされていました。

 

更に手元にもカメラが設置。

 

実際にリグってみたり、細かな所まで皆様にみてもらえる様に工夫されていました。

 

そして、なんとトークの内容によって、すぐさまモニター上に内容にふさわしい映像が映し出されるという仕様には僕達もかなり話しやすくありがたかったです。

 

また今回のコンセプトの1つ、全ルアーの基本的な使い方の解説を徹底的に青木プロとブーストークの中でさせて頂きました。

 

そして今回のイベントで個人的にも面白く感じたのは、スタッフ一人一人をブースに呼び、それぞれのフィールドでのDSTYLEルアーの解説。

僕はトルキーストレートの琵琶湖での有効的な使い方を説明させて頂きました。

 


写真右からご紹介

 

馬場孝介 馬場ちゃんからはトルキーストレートのカバーネコ

一般的なフックの刺し方と逆

 

これには青木プロもトルキーストレートのカバーネコは全てこのセッティングにしてほしいと断言するぐらいでした。

 

詳しくは馬場ちゃんの動画をご覧下さい。

https://youtu.be/lx1Qf_OH9Fw

 

次は写真中央の井上正夫 まっさん

シェイクシャッドによる

I字セッティング

1/96ozのネイルシンカーをワームのお腹下部分に挿入し、重心を下げる事でワームのバランスを安定させるのがキモ。

こちらも池原ダムでの動画がありますので是非参考にしてみてください。

https://youtu.be/LPX4IARjpyQ

 

お次は写真左の咲花くん さっく

フーラによるネコリグセッティング。

 

こちらはフックの位置を頭方向にすることによってワームを浮きを抑えてサイトなどする時に思うようにワームにアクションをかけれるというもの。

青木プロもこれには「面白いね、今度やってみるよ」と言っていたのが印象的でした。

 

 

写真右 佐藤旬 さとじゅんからはD-SPIKERの解説

 

金鯱カラー 

マスターズ霞ヶ浦戦でのD-SPIKER使用体験を元にブレードの立ち上がりの良さなどがいかに有効なのかを語っていました。

 

各スタッフのホームごとのシーレットテクニックなどトークで聞けるのはイベントならではです。

 

とても僕も勉強になり楽しませてもらいましたよ!

 

 

 

ソルトスタッフの菊地さんとはもちろんロックフィッシュトークで盛り上がりました。

 

聞きたいことを質問しまくってロックフィッシュの勉強になりました。

 

そして、最後は!

今年新加入の佐藤圭吾くん あだ名はスパイシー!

かなり若いのですが昨年のNBC旧吉チャプターの年間チャンピオン。 

今年からは、さとじゅん、さっく、に続くマスターズ参戦。

皆さん応援宜しくお願いします。

キープキャスト東ステージでは青木プロとトークショーをさせて頂きました。

 

こちらは各ルアーの名前の由来や新製品トークなどさせてもらいました。

 

フーラは元々「葉っぱくん」ですから()

 

メーカー名はディースタイルではなくディスタイルって話もあり、なかなか他では話さない話題で楽しんで頂けたのではないでしょうか。

また来年もこの場所に立てる様に頑張ろうって思いました。

 

ラストは全員で撮影!

裏方で活躍してくださったスタッフさんにも感謝です。

 

そして、会場、DSTYLEブースがに遊びに来てくださった皆様、トークで一緒に盛り上がって下さった皆様、本当にありがとうございました。

仙台のショーも決まりましたし、また何処かの会場でお会いしましたら宜しくお願いします。

こんにちはにっしぃです。

早いものでもう12月、雪もちらほらと急に寒い日が続いております。

そんな寒い季節のバス達はいったい何処へいくのでしょうか?

シャローにもバスがいますがやはりセオリーを考えるとディープの釣りが中心となってきます。リザーバーなら10m~25mぐらいかな。

琵琶湖、南湖の場合はほぼ4mフラットの中に浚渫が無数にある場所が存在し、今日はこの浚渫を狙った釣りをご紹介させてもらいます。

浚渫といっても5m~14mぐらいまで数えきれないほどあります。

1

例えばこのように縦長の穴もあれば真ん丸とした穴もあります。

難しく考えないで、釣りをする日にどちらがいいのか順番に釣りをして探していく事がいいかと思います。

参考になればと思い僕のバスを探し方を説明させてもらいます。

ここで、1つの穴を1つの池として考えてみましょう!

この時期、やはり池でも一番深い所にバスがかたまる傾向にあります。

想像してみてください。

たとえば、よくお寺や各家庭などで鯉や金魚などを飼育している人工的な小さな池がありますよね。観察してると、この時期一番深いであろう場所で一ヶ所に魚が集まっています。

浚渫の穴も一緒で、良い穴に沢山のバスが集まっていると考えられます。

そんな、穴の何処にバスはいるのでしょつか?

そう、先ほど説明させてもらった池の深い所。1つの浚渫の一番深い所に集まっています。

この写真から皆さんは何処をねらいますか?

2

僕なら赤で印をつけた場所を重点的にねらいます。

例えば8mの穴を狙うにしても、一ヶ所だけ8.5mの場所があればここを狙うのです。

もしくは、形状的に岬のようになってるならここもいいでしょう。

43

今回もこの様な場所を4箇所まわり、50本ほどのバスを釣ることができました。

見つける事ができれば入れ食いとなる季節ですのでこの時期のディープは非常に面白いです。

5

大小様々なサイズも狙えて、3キロフィッシュ、2キロフィッシュもたまに顔を見せてくれます。

6

このバスは10m平均の一ヶ所11mの場所で釣れました。

注意する事は、大規模な浚渫で深い穴ほど良く釣れる!と思っていたのですが、別の日の同じ条件の浚渫では魚は全て消えていました。

恐らく水温が2度ほど下がった為、一時的にディープに冷たい水が入り込んだ為だと考えられます。

バス達は深い穴の6mに浮いて口を使おうとしませんでした。

大規模な浚渫で6mの穴に合わせて釣りをしてみても全く魚探にはバスが映らず…。

この時の対処法は僕も釣りをしながら学んでいったのですが、なるべく小さい規模の浚渫を狙うことです。そして、バスが浮いていた6mに合わせた穴を狙いました。

7

 

すると、今までバイトすらなかったのに、なんと一ヶ所の穴から30匹ほどのバスが入れ食い状態となりました。 同じ条件の穴でも答えは帰ってきました。

8

同じ6mの穴でも大きな穴と小さな穴とは大違いでした。

残念ながら気付くのが遅くビックなバスは出ませんでしたがかなり興味深い事です。水温の変化をうけにくいのでしょうか。

バス達はその日のフィールドコンディションで穴を選んでるようです。

なるべく大規模な浚渫の深い所なのか?それとも小規模な穴なのか?

1日の中でバスのポジションを探すのは本当に楽しいです。

最後にボートポジションはアップヒルでもなく、ダウンヒルでもないです。

狙った水深をボートの下までバスを狙えるように、深い方にポジションをとり、深い所にだけを狙っています。

こうする事で常に魚探でバスの有無を確認できますし、口を使う場所が非常に小さなスポットなので無駄なキャストが少なく狙い打ちできると思います。あとはトルキーストレートをそのスポットに入れるだけです。

参考としてトルキーストレートはネコリグ1.3g 風が強くても1.8gまでを使用しております。 一番バランスがとれてるウエイトやと思います。

9

 

寒い季節ですがまだまだバス釣りを楽しみましょう♪

<使用タックル>
DSTYLE トルキーストレート4.8インチ ※カラーはデッドリーワカサギ ライトスモーク
フック:FINA パワーワッキー#2
チューブ: G7 ワームプロテクトチューブ5 mm
シンカー:ネコリグシンカー1.3g
ライン:フロロ6Ib
偏光グラス :メガネの愛眼ストームライダー SRー010ーPー1 ※カラーはテンダーグレイ×ブルーミラー

琵琶湖ガイドのお問い合わせはこちらまで宜しくお願いします。

メールアドレス nissyguide@gmail.com

・Fecebook 西平守良 https://www.facebook.com/moriyoshi.nishihira.9

・ブログにっしぃの水遊び http://ameblo.jp/nissynomizuasobi/

友達申請などお気軽に宜しくお願い致します。

こんにちはにっしぃです。


先日D-SPIKERの動画が公開されました。


当日の様子を紹介させてもらいたいと思います。


去年は10月の半ばに北湖でトルキーストレートの撮影してを頂きまして、今回は10月の半ば過ぎ、ルアーはD-SPIKER


琵琶湖に通っている方なら分かると思いますが、10月の半ばといいますと北はイージーに数釣りができるのに対して、南はデスレイクと呼ばれる季節でかなりタフになります。

練習から頭に描いてたプランでは朝は北エリアで数を釣りながら、トルキーストレートのスイミングシェイク&D-SPIKERの実釣解説、昼から南エリアに下りデカいのを狙うというプラン。

そして、撮影当日。


なんと北西9mの激荒れ(T0T)
おわった。w


しかも、東岸メインで考えていたのに、まともに風あたってます。。。


それでも練習してきた事を捨てれず北エリアの東岸へ向かいました。


時間のロスになるかもしれないと考えましたが、行かなければ撮影中、北エリアが気になって集中出来ないと思ったからです。
案の定、ポイントは激荒れ。朝の9時の時点でうねりもでかく釣りにならない状態。そして、諦めを決心する為にキャストを繰り返し、これ以上は危険感じましたのでお昼前に南エリアに入りました。


南湖に下っても、もちろん爆風。


ここでも東岸メインでプランニングしてましたので、僕としてはかなりキツい展開。


北西爆風の場合は西岸が風裏となりますので、頭の中は釣れても西岸だな、と思いつつも練習してきた東岸を捨てれず、時間を使いながら消去法で潰していきました。
ここでも迷いを消す為の行動です。


そして、西岸エリアの各ミオ筋付近をD-SPIKERで狙うのが正解かなと思い、井筒ワンドへ
北側のミオ筋、その付近のパッチ上にあるエビモ。


狙うはここでしょ!


風を嫌がるバスが風を避けるエリアで何かにタイトに付いてると考えました。


そして、1流し目。。。


どかーん!でました!
ほんとこの一匹にはシビレました!

北西爆風で狙って釣るならここだろって考えていましたから、あとはタイミングかなと。。。

釣れてくれたバスには感謝ですね!

1日の撮影っていつもの釣りとちがって、水中映像撮ったり、コメント撮りを考えるとそんなに長く釣りができず、お昼過ぎには釣っておきたいのです。
ほんとメディアで活躍されている皆さん凄いと思いますね!

本当は秋のバス探し、みたいなプランで行きたかったのです。

午前中にトルキーストレートでも少し釣って解説させてもらってるんですが、思うように釣りが出来なかったので、またいつかの動画で説明会させてもらえたら嬉しく思います。
という訳で、今回はD-SPIKERでのシビレた一匹の映像となっております。


解説は基本性能を紹介させてもらっております。

 


お時間のある時にご覧下さい


今回も撮影、編集室でお世話になりましたBRUSH様、この様な機会をあたえて下さったDSTYLE社ありがとうございました。

<使用タックル>

ロッド:ファンタジスタX-GLAIVE73MH

リール:ABU REVO Elite7

ライン:フロロ14lb

偏光グラス :メガネの愛眼ストームライダー SR010P1
※カラーはテンダーグレイ×ブルーミラー

琵琶湖ガイドのお問い合わせはこちらまで宜しくお願いします。

メールアドレス nissyguide@gmail.com

Fecebook 西平守良 https://www.facebook.com/moriyoshi.nishihira.9

・ブログにっしぃの水遊び http://ameblo.jp/nissynomizuasobi/

友達申請などお気軽に宜しくお願い致します。

 

Basser Allstar Classic 2016

今年もお手伝いさせてもらいました。 終始ブースをあたためておりましたので青木プロの写真は少なく申し訳ないですが、僕目線でレポートさせて頂きます。

 n1

まずはスタート風景

n2

初日、

n3

二日目共に沢山の方々が応援に駆け付けてくださいました。

朝、スタート地点に皆さんが集まってくれてる姿をみて、馬場ちゃんと本当に泣きそうになってましたw

恐らく、青木プロの方も皆さんの姿をみて嬉しく、そして気持ちが引き締まったのではないでしょうか。

n4

さて、ブースの方はこんな感じで仕上がりました。 ブースの方にもありがたい事に多くの人が並ばれておりました。 実際、写真を撮りたかったのですがあまりにも忙しく写真を撮る時間すらなくバタバタとしてしまいました。

n5

n6

新作のパーカーからTシャツ、グッズ、アウトレットアパレルからワームまで販売されました。

n7

こんな二人組まで買い物に来てくれましたよw

n8

ガチャガチャでは限定バージョン こちらも二日間用意しておりましたが午前中には完売となりました。 実は僕も欲しかったのですが手に入れることが出来ませんでした。

n9

そして、会場で1年ぶりにお会いした方々、初めましての方々、ガイドに来てくれた方々と久しぶりの再会です。

皆さん気軽に声をかけて下さり、差し入れまで頂きました。

こうやってお話させてもらえる時間も、僕にとってバサクラの楽しみの一つなんです。 ルアーの話やら世間話で盛り上がりました。

そして!去年ガイドさせてもらったアンディ、ゆみさん! サンディエゴからわざわざ会場に来てくれました! 今年、青木プロ率いるDSTYLEチームがアメリカでとてもお世話になりました。

n10

帰着してきた青木プロと1枚♪ ランチアさんも含め皆さん久しぶりです。

そして、私事でありますが初日片付け時、情けない事に僕の不注意でカッターで指を切ってしまいました。まだ初日で後々迷惑かけてはいけないと、病院にいって縫ってもらおうとしましたが内科医しかおらず、テープでグルグル巻きに止めただけの処置で終わりましたw 抗生物質もらえたので良かったです(笑) この事で迷惑お掛けして申し訳ございませんでした。

n11

試合の方は青木プロ3連勝とはならずでしたが2日目にみせたリミットメイクには会場を盛り上げてくれました。 2016 BasserAllstarClassicは北大祐プロの優勝で幕を閉じました。 おめでとうございます。

バサクラは選手、お客さん、各メーカーさん、運営スタッフの皆さん一人一人が楽しんで盛り上げております。 僕もまたその一人として参加させて頂いた事に感謝します。

n12

最後に、今回お手伝い頂きましたランチアさん、キャスティングの杉山さん、そしてスタッフの馬場ちゃん、九州から駆け付けてくれた、梶原くん、ママさん、応援団長の静雄さん、V6マリンのサムライさん、アンディ、ゆみさん、カメラマンの菱沼さん、そして全て動いて下さってる大内さん、青木大介プロ、会場に来てくださった皆様、会場にはこれなくても応援して下さった多くの皆様、ありがとうございました!

来年は青木大介プロの3勝目を目指してみんなで盛り上げましょう。

来年もこの場所でお会いできる事を楽しみにしております♪

以上、にっしぃでした(o^-^o)

琵琶湖ガイドのお問い合わせはこちらまで宜しくお願いします。

メールアドレス nissyguide@gmail.com

・Fecebook 西平守良 https://www.facebook.com/moriyoshi.nishihira.9

・ブログにっしぃの水遊び http://ameblo.jp/nissynomizuasobi/

友達申請などお気軽に宜しくお願い致します

こんにちはにっしぃです。

最近は朝夕寒くなってきましたね。

琵琶湖では秋真っ只中の釣りが楽しめています。

この時期は北に行って数釣りを楽しんだり、コンディションの良いバスを釣ったり、ビックを狙ったりと、楽しみ方も色々。

基本、僕のガイドではなるべく簡単に沢山釣れて、ゲスト様に喜んでもらえるように心がけております。

ロックエリアでは去年動画で紹介させてもらったシャローの釣りもかなり面白いです。

s-dsc_1090

ただ去年みたいにベイトが多いわけではなく、時間的タイミングに合わせて入らないと良いサイズが釣れてきません。



タイミングを合わせるとこのようないいバスがヒットしてきます。

そして、今年は何処にでもベイトが居るわけではないので追いかけてきて口を使うイメージではないです。

そんな時は、僕はロックポケットと呼んでいるんだけど、要は岩のすき間にトルキーストレートを忍ばすように落として釣っていきます。

 s-dsc_1265

狙う場所はかなりドシャロー。

一見、サイトで見ても全くバスがいない様な場所。

s-dsc_1279

めちゃくちゃ岸際です。

そこの岩影になんとバスは潜んでいます。

s-dsc_1216 s-dsc_1224

ほんとにドシャローでバスの姿も確認出来ないので何処からバスが出てくるのかもわからないほどです。

恐らく岩影の黒くなってるすき間に身を潜めて自分のテリトリーに入ってきたベイトを捕食してると考えられます。

ベイトが多いときなんかは、追いかけてくるのでテリトリーを離れますが、ベイトが少ないときはじっとしてるイメージです。

アクションはチョンチョンチョンとスイミングさせながら岩影で、スーっと落とす。

ただこれだけですが落とす場所が重要で、流れや岩の形によってバスがどちらに頭を向けてるのか考える事が重要やと思います。

これは野池のカバーでもリザーバーでも一緒。

これさえ守れば素直な北のバスは、

s-dsc_1245 s-dsc_1257

面白いように口を使ってくれます。

また、ディープの釣りではバスを魚探で映し直接シューィングで釣る方法もかなり楽しめます。

ウィードの数釣り等、色々と秋の北エリアは楽しめます。
こちらはまた、書かせてもらいたいと思います。

s-dsc_1278

まだまだ11月も楽しめる季節なので是非琵琶湖に遊びに来てください。

びっくりするほど元気のいいバスがお待ちしております。

<使用タックル>

ロッド:Deez 61L

DSTYLE トルキーストレート4.8インチ
フック:FINA パワーワッキー#2
チューブ: G7 ワームプロテクトチューブ5
mm
シンカー:ネコリグシンカー
1.3g
ライン:フロロ
5Ib
偏光グラス :メガネの愛眼ストームライダー SR010P
1
※カラーはテンダーグレイ×ブルーミラー

琵琶湖ガイドのお問い合わせはこちらまで宜しくお願いします。

メールアドレス nissyguide@gmail.com

Fecebook 西平守良 https://www.facebook.com/moriyoshi.nishihira.9

・ブログにっしぃの水遊び http://ameblo.jp/nissynomizuasobi/

友達申請などお気軽に宜しくお願い致します

 

こんにちはにっしいです。