DSTYLE

REPORTレポート

西平守良

氏名:西平守良 ニシヒラモリヨシ
ニックネーム:にっしぃ
2015年エントリー:JB生野銀山湖
生年月日:1979年12月17日
出身:大阪府 居住地:大阪府
身長:165cm
メインフィールド:生野銀山湖 琵琶湖
得意なスタイル:フィネス、メタルジグ、パワーフィッシング
釣り以外の趣味:サッカー、スノーボード
自分の性格:明るく人懐っこい
大切なもの:家族、友人
ライバル:さっく
夢:釣りの楽しさ、自然の大切さを自分の釣りを通じて一人でも多くの人に伝えていきたい
一言:トーナメントでのフィネスの釣りから、琵琶湖でのパワーフィッシングなど幅広く釣りを楽しんでいます。
琵琶湖ではガイド業も行っていますので是非おこしください。

西平守良 個人ブログ「にっしぃの水遊び」
http://ameblo.jp/nissynomizuasobi/

西平守良 Facebookページ
https://www.facebook.com/moriyoshi.nishihira.9

琵琶湖でのガイドサービスのご用命はこちらをご覧ください
http://ameblo.jp/nissynomizuasobi/entry-11507970817.html

大会戦績
<2005年>
NBCチャプターヒューマン大阪 第4戦(東条湖)    3位
東条湖オープン                    準優勝
<2006年>
NBCチャプター北兵庫 第5戦(生野銀山湖)      優勝
<2007年>
JB生野銀山湖 第3戦                 準優勝
チャプター近畿ブロックチャンピオンシップ(生野銀山湖) 準優勝
生野銀山湖秋季大会 第1戦               優勝
<2009年>
NBCチャプター北兵庫 第2戦(生野銀山湖)       準優勝
NBCチャプター北兵庫 第6戦(生野銀山湖)      優勝
<2012>
JB西日本バスプロ選手権(生野銀山湖)         準優勝
<2013>
チャプター琵琶湖 第2戦                3位

お久しぶりです。

 

琵琶湖ガイドのにっしぃです。

 

8月はやはり水温30度越えとなかなかの灼熱な琵琶湖であります。

 

DSTYLEの夏合宿の方も盛り上がり、厳しい中でも皆さん凄まじい釣果を上げてました。

 

流石に全国の釣り上手メンバーが集まると凄いんですね!

 


9月に入り発売が近くなったウイニングクロー

 

 

グリーンパンプキンブルーフレーク&ペッパー、ブルーシュリンプ、ライトスモークペッパー

 


モエビミソ、ブラック

 

そんな中、ウイニングクローではどんな展開をしていったのか?

 

今のガイドパターンを踏まえてお話させて頂きます。

 

先ず朝は回遊パターンを狙います。

特に9時頃までは回遊の魚と出逢うチャンスが多いと考えてますので、9時半ごろまでは、トルキーストレートのネコリグと、ラバージグにウイニングクローをセットし狙います。

 

使い分けはベイトフィッシュが魚探に映っていればトルキーストレート、

 



映らなければギルを補食してるイメージでラバージグ&ウイニングクローを使います。

 

ラバージグの重さは放水量の違いで5g14gを使い分けております。

 

流されないようにしっかりと垂直に落ちるアクションを出す為であります。


 

イメージは水面まで上がってくるギルをイメージし、上下してるギルに対し下方向に動いてるアクションを作り出します。

フォールの釣りです。

 

しかし、今年はバスとの出会いが少ないのでフォールだけではルアーを見つけてもらうチャンスが少なくなる為、フォール後のフワフワアクションが重要となります。

 

着底後ロッドを軽くフワフワさせるアクションは、ウィードの面でギルがウィード内部に入ったり出たりを繰り返してる行動をイメージした物です。

 

こうする事により、バスとの出会いが少なくてもバスに見つけてもらいやすく、バイトチャンスが増えるからです。


フワジグ3種

 

様々なトレーラーを仕様しますが、ウイニングクローは圧倒的に食わせ要素が強いのが特徴です。食わせのマテリアルですね!

 


 

またフワフワさせてる時に両手を開いてくれるアクションは回遊してくるバスにとって見付けやすいのが凄く良いです。

 


 

ロッドに関しては僕の場合はMHを仕様。

パンチショットもMHです。

 

共通する2つの理由

 

両方の釣りに言える事ですが、より繊細さが必要なのです。

ルアーを動かす時に移動距離が大きくなりすぎると口を使わないです。

バス一匹分動くと口を使わないです。

バスの顔半分ぐらいでアクションさせる事をイメージしてください。

ジグがウィードにひっかかってもフワフワほぐして外して下さい。

ピョーンって外すとダメですよ。

 

こちらも両方の釣りに言える事ですが、

聞きすぎない動作が重要。

 

ロッドにパワーが強すぎると、魚かな?ウィードかな?ってロッドで聞いていると、あー!魚だった(>_<)って経験あると思います。

これは勿体ないですよね!

リグが重たくなる程、ロッドが強くなるほど起こりやすいミスです。

 

この二点から僕のパワーを考えるとMH20ポンドというのがベストなセッティングになりました。

 

もちろん人それぞれ、身長やパワーなどに違いがありますので、使いやすいロッドに選択をしてみて下さい。

 

以上、ウイニングクロー&ラバージグのお話でした。

 

夏はラバージグ、パンチショット。

1本針フルフッキングが楽しい釣りですね!

 

タックル

ロッド ism MH 

ライン20ポンド

ルアーウイニングクロー

ラバージグ5g14g


9月以降のガイド予約も受付しております

 

是非遊びに来てください。

ガイドホームページはこちら

にっしぃガイドサービス

http://pro.buritsu.com/nissy/

こんにちはにっしぃです。


まず、私事でありますが6月からフルタイムガイドとして人生をスタートさせて頂く事になりました事をご報告致します。

 


 

そしてお陰様で6月、7月のガイドは全て埋まり、毎日琵琶湖に出させて頂いております。

 

ご予約頂きました皆様ありがとうございます。そしてこれからにっしぃガイドをご利用を考えて下さってる方々宜しくお願い致します。

 


 

魚のサイズではなく初心者からボートオーナー上級者まで、全ての要望にお答えする。これが僕の目指すガイドスタイルです。そして何よりもゲスト様がエンジョイ出来る事が大事ですね。

 

さて、琵琶湖での釣りは毎日、毎日トルキーストレート4.8&D-1 3.8インチヘビダン、最近ではトルキーストレート5.8インチ、パンチショットに助けられています。

 

今日は少し各ワームのカラー選択についてお話させて頂きます。

 

まずはトルキーストレート4.8インチ ネコリグにおいてのカラー選択。

(使い方は今までのレポートをご覧ください。)

 

トルキーストレート4.8インチは主にスイミングシェイクで使用しています。

 

ミドスト、ボトストをまとめて僕はスイミングシェイクと呼んでおります。

 

トルキーストレート、スイミングシェイクを常にシェイクして釣っていく釣方なのでどちらか言うと波動でバスに気付かさせてバイトに持ち込ませます。


ですのでワームのカラーはあまり目立たないライトスモークやデッドリーワカサギを使うことが多くなります。

 

あくまでも波動でバスに気付かせるのが、沢山バスを釣る秘訣です。

 

バスがトルキーストレートに気付いた時にはスイッチが入ってますので本当に良く釣れるのです。

 

逆にD-1 3.8インチヘビダン10g

ウィードからポロっと外した時にシェイクしないでラインスラッグを作り放置の繰り返しで使用する為、ワーム自身の存在感が大事になります。


ですので選択するカラーは、ブラック、グリパン、グリパンブルーフレークなど。

バスの視覚に訴えかけます。

 

そして、パンチショット。

ストンっとウィードの中に落とす釣りですので、こちらも存在感が大事な釣り。

ということは、やはりカラーは色の濃い物を選択。

 


 

ブラックブルーフレーク、スカッパノン、グリパン、ブルーギルなど。

そして、ウィードの中でもシェイクして良く動かす事が出来るトルキーストレートはパンチショットにもかなり向いています。

 

ここで紹介させてもらったのは全てではなく、もちろん水質や水の色、魚の活性で反応が変わりますので、状況に合わせて色々と試して見てください。

 

あくまでも参考ですがワームを動かすのか、動かさないのか、または存在感を出した方がいのか、出さないのか、そこを少し変えるだけでも釣果が変わります。毎日数人で同じ条件で釣りしてますのでカラー選択の重要性を改めて実感させてもらいました。

 

是非参考にしてみてください。

 

8月はまだガイドに空きが御座いますので是非琵琶湖に遊びに来て下さい。

 

ガイドホームページはこちら

 

にっしぃガイドサービス

http://pro.buritsu.com/nissy/

 

こんにちはにっしぃです。

 

季節は5月、バス釣りにとって楽しい季節となりました。


最近絶好調のD-1 3.8インチヘビダンの使用方法をご紹介させてもらいます。

 

 

揃えるのはこの3つだけ

先ずはシンカーはヘビダンの10g

 

丸型もしくはなす型のものがボトム感知しやすいのでお勧めです。

フックはFINAさんの

T.N.S 1/0

D.A.S1/0

 

そしてスイベルを装着される事をお勧めします。糸ヨレ防止の為です。

ラインは16lbフロロカーボン

 

細くするほど釣れると思われがちですがこの釣りは長年の経験から16lbが一番アタリがあるように思います。

タックルバランスがとても重要になってきます。

 

ロッドはMHクラス、7フィート前後がお勧めです。

 

フルキャスト、ずる引きからのフォールの釣りですので長いロッドの方が使いやすいと思います。

 


こちらは完成写真 ダウンショットのリーダーは20cmほど

 

 

では狙う場所を紹介させてもらいます。

 

浚渫


これはGWにかなりいい思いをさせてもらった場所で、深い場所(6m)にボートポジションをとり2.5mのトップに投げてずる引きするという方法で使っていました。

 

プレッシャーのかかりまくるGWはこの様な孤立した島のような場所を狙っていました。