DSTYLE

REPORTレポート

咲花之人

氏名:咲花 之人 サクハナ ユキト
ニックネーム:さっくー
2015年エントリー:JBマスターズ
生年月日:1992年5月18日
出身:兵庫県 居住地:京都府
身長:177cm
メインフィールド:生野銀山湖
得意なスタイル:フィネス全般 特にスモラバ
釣り以外の趣味:サッカー、スノーボード
大切なもの:大学卒業単位
自分の性格:負けず嫌い
ライバル:にっしぃ
夢:大学を卒業すること
一言:
さっくーです!!
関西を中心にバスフィッシングを盛り上げていきます!!

咲花 之人個人ブログ「さっくー’s Official Blog」
http://ameblo.jp/3987saku/

咲花 之人Facebookページ
https://www.facebook.com/yukito.sakuhana

大会戦績
<2008年>
フィッシングインターハイ2008決勝大会(河口湖)     優勝
<2009年>
生野銀山湖秋季大会 第1戦                準優勝
生野銀山湖秋季大会 第2戦                3位
<2010年>
生野銀山湖秋季大会                    年間優勝
<2012年>
JB生野銀山湖 第4戦                   優勝
チャプター北兵庫                     年間準優勝
<2013年>
チャプター北兵庫 第3戦                 3位
チャプター北兵庫 第4戦                 3位
<2015年>
JBマスターズ 第4戦 優勝

更新遅くなりました(;^ω^)

迎えたマスターズ最終戦 野尻湖

フライト順も早く入りたかったバックアップ場からスタートフィッシング。
ロックエリア(竜宮)の若干の張り出しとボトムマテリアルが変化するスポットをメインにシェイクシャッドキャロで狙い10時頃にリミットメイク。
プラン通りワンドへ勝負しにいく!

しかし明らかにスクールで差してくる魚が少ない。。

単体でもいるが、相変わらずノー反応 (*_*;
シャローをランガンするもチャンスがなかなかない状況。

もう一度ワンドに入りなおしたタイミングで群れのスクールにバッティング!
チャンス到来。しかも壁際のエビ?ゴリ?を食べ始めて、そこへキャストすると一発で食ったああ!!
と思った瞬間、シェイクシャッド虫ぶっ飛ばされるという、、勢い良く食いすぎやから、、、

すぐさまアプローチしようとした時には時すでに遅し。
この瞬間を捉えれなかったら駄目ですね。

初日、5本1,704gでストップ。

二日目は台風の影響考慮して12時帰着と試合時間の短縮。
前日同様、バックアップから開始するも先行者の方がいてやりたい場所から少しずれてのスタート。
スモールの怖いところでスポットを外すとビビるくらい釣れない。
リズムに乗ることができず釣れない時間が続く、、

帰着20分前にようやく待望のヒット!

906gのナイスフィッシュに救われ総合成績17位に留まれました。

年間成績も17位 (笑)

今年はパッとしない成績でしたが、本当に最低限の目標はなんとかクリア。来季は環境を変え更にステップアップしていきます!

一年間応援ありがとうございました!!

さっく

こんにちは!!さっくーです!!

マスターズ最終戦をレポートです。

岬絡みのバンクとベイトが映るようなフラットで、

シェイクシャッド2.5inのイモチューン キャロを使い魚には触れていました。

けど、再現性がないのと自信を持ってやり切れる程、見えていなかった。。

そこでサイト展開にシフト。

水道局奥とワンドのシャローに見える魚が多く、しかもデカい。
キロフィッシュを超える魚ばっかし。
ただ単体でずっと居ついているやつは歯が立たない状況(*_*;
逆に群れのスクールはまだ反応があって、勝負できそう!ってことで沈む虫でアプローチ。

シェイクシャッドの虫チューンでキロフィッシュ!

スクールの速さでシェイクシャッド虫と三原虫を使い分け。

すっぽ抜けも多かったけど勝負するならサイトかなーって感じでプリプラを終えました。

 

前日プラではバックアップ場でバイトを取るだけにして、シャローを確認しに。
全体的にスクールの数は減っている様子。ワンドは他と比較して頻繁に差してくる感じでした。
反応を見ようと見つけたスクールにシェイクシャッド虫をアプローチすると群れの一番デカいやつが、、、

やってしまった2キロフィッシュ。こんなでかいスモール初めて釣った(笑)
長さこそですが、太さとパワーはんぱない厳ついヤツでした。
食う前に回収しようとしたけど速すぎて無理(;^ω^)

こうして決まったプランはバックアップ場で揃えてからシャローのサイト勝負といった展開でプラクティスを終えました。

 

つづく

 

こんにちは!!さっくーです!!

トルキーストレート4.8インチ、D1 3.8インチにニューカラーが登場!!

ホロスパークシャッド、スカッパノンブルーフレーク、レイクシュリンプ

スカッパノンブルーフレークは僕のリクエストカラー!

もともと夏の定番色として重宝していたカラーで、また濁りが入ったときにもシルエットだしたいなーって時に使える優れものカラー!

で、さっそく野池で試す

ウィードパンチでクオリティーフィッシュ!!

レイクシュリンプでもっ

夏のオカッパリ最高―!!

 

そしてそして

マイティーストレートも好調っす。

ダウンショット、ノーシンカー、ネコリグ何にでも使えるルアーなので、トーナメントでも一軍ルアー超お気に入り!!

ほんまよー釣れるし、素材もめちゃめちゃ柔らかいのでワームチューブの使用をオススメ。そうする事でワームロストを少なくできますよ~。

イケてるカラーと新製品でアツい夏を楽しみましょう!(^^)!

前回レポートの続きです。

迎えた試合当日は連日35℃を超える猛暑日。

朝から熱い・・・。

プリプラの段階より水位が増え、生きてくるスポットもあったので、そう言った所
(主にウッドカバー)を丁寧に撃ってランガン。

10時までに二本をライブウェルへ。ここからが続かない。。
マスターズは2DAYのポイント制。プラの感じでは初日に2kgは釣って明日へ繋げたい。
この後も撃ち続け勝負しましたが追加することは出来ず初日1,296g 44位


順位は悪いもののキンタロー飴状態のウェイトで紙一重な状況。

 

二日目は一度頭をリセットし朝一はブレイクのフィーディングスポットからスタート。マイティストレートをワッキー掛けにセットした1.3g DSで二連発!

日があがった10時頃に水門まわりの壁を狙うことへシフト。リグは同じくマイティストレートDSで、シェードを意識して壁の際を
丁寧に丁寧に攻めて3本目をキャッチ。

カラーはライトスモーク。ライトスモークをメインにしたのはエビってクリアな色しているからです(笑)霞ケ浦でも効果的なカラーです!!

やはり二日目はウェイン率も下がり3本1,624g 14位。総合成績18位につけました。

最終戦は野尻湖
相性は良いほうなフィールドなんで優勝目指して頑張ります!!

応援を宜しくお願いします!!

こんにちは!さっくーです!!
先日行われたJBマスターズ第3戦 霞ヶ浦をレポートします。

プラクティスでは水門やアシなど色々やるも反応は得られず、、、
唯一これらしいなーと思えたのはウッドカバー。エビを意識していてよりタイトについている感じで
一つのストラクチャーに対し角度を変えたりアプローチを変えてみたり、
タイミングを合わせて何度も入りなおして反応を得ていました。


水深とかは関係なく木とか枝とかがあればドシャローでもいました。
釣った魚の口からは、ほぼほぼ手長エビがはいっていました。

ルアーは5gビフテキにモコリークロー
D1 3.8inのバックスライド
1.8g直リグのトルスト3.8in

をローテーションして使用。

石積では反応はあるものの釣れる魚は小さくあんまりシーズナルに関係ないなーみたいな。
ブレイクのクランクでも触れましたが、雨の影響も考えられるし試合までは猛暑が続くようだったので頭の片隅レベル。

そんな感じで一番好感触を得ていたエビのウッドカバーパターン。
手長エビってあんまり自分自身知らなかったのでプラを終えた後はYouTubeでひたすら手長エビを見て試合を迎えました(笑)

つづく

こんにちは!さっくーです。

久しぶりに琵琶湖へ行ってきました。

どうやら琵琶湖で炸裂しているというD-JIGカバー+トルスト3.8を、にっしぃさんに教えて貰う。

朝一アクティバ沖を攻めあっさり40UP!


シャローをランガンして50UP連打!!すごいぞD-JIGカバー+トルスト!!

その後、沖のウィードでもポロポロと釣れ、いるとこに入れば釣れる感じでした。


使ったウェイトは2.3~2.8g カラーはどの色でも釣れました 笑


ウィードが伸び始め、ウィードの中に完全はいっていると言うよりウィードにサスペンドしている

個体を誘いやすいバランスがD-JIGカバー+トルスト3.8なのかな。

結局、この日は船内58、58、55、54、52、50、40UP多数とまさにD-JIGカバー炸裂!!

 

フックも対カバー用なので琵琶湖のビックバスがきても安心。また1.8gの軽いウェイトからラインナップされているので

フィネスにカバーを攻めることも可能。そして純タングステン仕様でヘッドが小さいことでよりタイトにカバーを攻めることが出来ますよー!(^^)!

 

タックル
・ロッド:ベイトフィネス用ロッド
・リール:ベイトリール
・ルアー:D-JIGカバー(2.3g、2.8g)+トルキーストレート3.8in
・ライン:Shooter 12lb

こんにちは!さっくーです。

少し前になりますが、日吉ダムで「トラトラフィッシング」のロケがありました!

ロケ前まではヴィローラーのミドストやウィニングクローのカバー撃ち&ヘビダンで好反応!!

 

また7月発売のマイティストレート ネコリグを用いたサイトでもナイスサイズをキャッチ(^^)

 

そして迎えた撮影日、元阪神プロ野球選手の関本さんも久しぶりのバスフィッシングにとても楽しみにされていました!ここは何としても関本さんにナイスなバスを釣って頂きたい!
IMG_2802

朝一はトップからスタートし、岩盤はジグにウィニングクローと立木周りはトルキーストレートのネコでアプローチ!!

しかし釣れない…

 

急激な気温上昇で水温も一気に上がったのが原因か!?

コレはキツいかも…

昼を過ぎ次のポイントへたどり着いたとき閃きでプロップベイトをキャストする

急深から食い上げてきた!

慎重にやりとし手にしたのは50up!!

 

が、しかし撮影班いないーw

関本さんの神対応で手持ちの携帯で撮影してくれていました^^;

カメラいるとこで釣りします…反省 笑

 

その後、何度かチャンスはありましたがあと一歩で食わずみたいな状況でタイムアップ。

色々とやらかした撮影となりました。

フックの解説や、シチュエーションに使い分けたフックセレクトなど語っていますので良ければ見てください!!

 

動画はコチラ!→ https://www.youtube.com/watch?v=Y45sCuIoqsw&t=29s

関本さんに釣ってもらいたかったあ! 無念・・・。

 

今後の日吉は岩盤でのウィニングクローTX、濁ればDスパイカー、クランク等がおススメです。

無難に攻めるならストラクチャー周りをトルキーストレートやマイティストレートで魚には触れると思います!

4月!今年は例年より暖かくて(日中はむしろ暑すぎるw)、一気に春が訪れた感じですね。

ビッグなプリスポーン狙いが出来る季節!けどナーバスになっているこの時期はちょっとした事や変化、タイミングなどが違えば
全然釣れん、、 逆にばちーっと合わせることが出来たら案外簡単だったり。

春はミドスト。ってことでヴィローラーのジグヘッドでサーチ。中層で反応がなかったのでボトムに置いているとバイト!

ヴィローラーはわずかな水流でもテールアクションするんです。

がっつり(^^)

そのバスをヒントにボトムのが良いのかなと思いシェイクシャッド2.5in 1/96ozネコリグにチェンジ。
バンクキャストとストラクチャーに仕掛けておくサイトで40up×3、50up!!

水の中にはヨシノボリがたくさん。シェイクシャッド2.5in グリパンが完全マッチザベイト

マスター戦の河口湖でもワカサギを食ってるバス見たけど、5cmくらいの小さいワカサギで、それくらいの大きさのものに反応してたもんなー。 試合で釣れなかったけど(笑
ベイトに合わせるって大事なことですね!

今年一年を振り返ります!

マスターズの初戦は3月下旬の極寒の河口湖からスタート。初戦を外すと年間争いが絶望的になるため、どうしても1本を釣って来たいトコロだが初日ノーフィッシュ。二日目の最後の最後、終了10分前に2キロフィッシュをキャッチ!この時はホンマにびびりました笑

で、なんとか5位に滑り込み良いスタートを切ることに成功。優勝はサトジュンさん!同じチームDでのお立ちは嬉しかった。

2戦目の舞台は三瀬谷ダムのエレキリザーバー戦。苦手意識のある三瀬谷。特に今年の三瀬谷はきつかった。。何とか1匹を絞り出して凌ぎ、年間3位に浮上。1戦、2戦目の結果、実質AOYを狙えるのは上位3名となった。


 

そして灼熱の霞ヶ浦戦。状況とタイミングを計って釣っていくプランだったけど、自分の弱さが出てしまい見事に外したつらいつらい試合でした。

 

最終戦は野尻湖。上位とポイント差は離れていましたが、チャンスはあると信じ最後まで戦いましたが力及ばず年間3位のままフィニッシュ。


バスプロ選手権はクランクの巻き展開で三位入賞。

 

クラシック初出場。

 

と正直、勢いみたいな所がある感じなんで来年はもっと強くなれるように進化しますww

スポットでホームの生野銀山湖のチャプターにでたり


日吉ダムに遊びにいったり

DSTYLEメンバーで琵琶湖合宿したりとプライベートフィッシングも楽しめました


 

 

フィッシングショーではトークショーさせて貰ったり!ガシラみたいになってたけどw
来年は大阪にもDSTYLEブースが出展します
僕も参加予定ですので是非立ち寄ってみてください!

と今年も充実した一年となりました!
応援して頂いた皆様ほんとうにありがとうございました。
2018年はもっと精進してまいりますのでこれからも宜しくお願いします!!

さっくー

トーナメントシーズンを終えて久しぶりに日吉ダムへ!

二か月ぶりの日吉にわくわくしていたのだが、
急激な冷え込み&爆風でアングラーにとってはだいぶ過酷な状況 笑

水温は上流から下流までほぼ13℃で差がなく、とりあえず上流かなあ的な感じでフラット&岬をD-SPIKERとクランクで流していくことにした。
開始して早々、同船者に50UP!!

フラットにある冠水植物に当て、抜けた瞬間に!HIT!!


同ストレッチでもういっちょ!

エリアを変えて段々畑のブレイクをなめるようにゆーくっり巻いてドーン

ディープもやってみたが微妙な雰囲気。シュチエーションを変えていろいろ試すも不発だったため再度、朝一のフラットへ戻る。
うっすーらと見える冠水植物の際を通して、、、
キタああああw

 

今回は3mまでのフラットで且つ冠水植物があるような所をD-SPIKERとクランクを絡めながら巻いてあげるのがよかった。
クランクは速め、D-SPIKERは1/2ozを使いゆっくり巻くことで使い分けた。

どちらも草に当たってからブチっと切って巻いてくるのではなく、ほぐしたり、巻きスピードを変えたりして丁寧にすることがキモに感じた。

久しぶりの日吉ダムは巻きの展開で楽しむことができた
これから水温が更に下がり12月1月の日吉が個人的には大好きな時期!!
フーラのミドストとか楽しいしww

来季に向け準備を進めながら、また日吉に遊びにいこう♪

 

タックル1
・ロッド 610MHベイト
・リール ベイト
・ルアー D-SPIKER 1/2oz キンクロ
・ライン FCスナイパー14lb

タックル2
・ロッド 66Mベイト
・リール ベイト
・ルアー カオスダイバー
・ライン FCスナイパー14lb
・フック 瞬貫#4


ジャパンスーパーバスクラシックが河口湖で開催された。

試合の数日前に放流があったため放流とネイティブ、半々くらいの割合でプラクティスを行った。放流箇所を回れば、行く先々で釣れたため放流スポットから少し離れた所で魚が付きそうなエリアを探した。
オカッパリの方や選手とのバッティング、スポットの規模から考慮し、長浜横のブッシュや木、アシが続くストレッチが有望かなあと判断。

一方でネイティブのパターンや釣る術は見つけられなかった。。
プランとしては放流を揃えた後にネイティブ狙い。
と放流戦のセオリーパターンだが、きちんと5本を揃えることを考えた。

初日は長浜横ストレッチから何とか4本を絞りだしたが、付いている魚は抜き切った感満載。

案の定2日目には、そのストレッチに魚は供給されておらず、ランガンするも沈黙。終了間際に思いつきのバイブレーションで釣った1匹で終了。
総合成績22位でクラシックを終えた。

今回のメインは直リグのパンチショット。
10g直リグで探って、1.8g直リグをフォローに丁寧に釣っていく感じ。具はどちらもポークワームをカットしたものを使用。
1.8g直リグはFCスナイパー3.5lbに、TNS#5をスピニングで扱うことでショートバイトを捕ることが出来た。
今回、初めての放流戦を経験得た知識や、プランの立て方等、今後に活かしていこうと思う。

今年の公式戦はこれにて終了。
無事にトーナメントを終えることができました。これもいつも応援して頂いている皆様のおかげです。
一年間ありがとうございました!来年はさらに強くなれるように努力しますのでよろしくお願い致します!!

バスプロ選手権西日本大会が今年もホームである生野銀山湖で開催された。

結果は3位入賞。が、優勝以外はやはり悔しさが残る 笑

 

今回はクランクベイトを2日間、巻き倒す試合展開となった。

秋の銀山湖と言えば、ディープフラットでのライトリグやメタルジグがセオリーパターン。

しかし、魚の濃いエリアは船団となりその中で飛び抜けることはホームであっても至難の業。例年の試合結果と状況から判断して単日の目標ウェイトを500gとした。

超クリアレイクの銀山湖は、台風の影響もありマッディレイクと化した。この状態なら「巻物」で勝負できると思い、急深のリザーバーでは巻ける場所が限られてくるため「巻き場」を探すことにプリプラは費やした。

プラの感触としては

下流域(法道から下)は巻けるスポットが短いのでランガンスタイル。魚は薄く釣れたら上流よりサイズが良い。

上流域はスクールが入ってこれば連発することがあるがアベレージ200g。

試合ではフライトも早かったこともあり、黒川筋の段々畑から上流のストレッチで勝負。

周ってくるスクールをワンポイントで待つのではなく、ストレッチを何往復もしスクールを当てにいく戦略。
初日は3本616gで11位。

 

二日間のポイント制なので優勝を狙える位置に付けることができた。

二日目は台風の接近に伴い10時半までとされた。この日も黒川筋に入り、朝一すぐにファーストフィッシュをキャッチ。時間いっぱいまでキャストを続けたが追加することはできなかった。

 

最終順位は3位まで浮上。ライトリグが優勢な銀山湖でクランクを押し通し入賞できたことは自信に繋がった。


今回使用したタックルはコチラ

・ロッド WSC-G62L

・リール ローギアベイト

・ルアー タイニーブリッツDR(カラー:キンクロ)

・ライン FCスナイパー8lb(サンライン)

・フック 瞬貫トレブル#8(FINA)

8lbに落とすことで3mダイブを可能にし、フックは瞬貫トレブルに交換。霞、日吉からの経験でグラスロッドを用意したことで貴重な魚をキャッチすることができた。

初日

 

水道局のバンクフラットからスタートする。朝一、沖側でボイルが頻繁に起こり、

 

船団の中に入ってボイルフィッシュを狙うことも何度か考えたが、ボイルしている魚も

 

そう容易ではないことは分かっていた。そして自分のパターン、スタイルを曲げてはいけない

 

と決めていた。しかし、ベイトのポジションが沖で停滞していてインサイドに入ってこない。

 

「プラ編」で述べたように、ベイトが風や引き波でインサイドに寄った時にシェイクシャッドの

 

虫チューンキャロによるキロフィッシュを連発させるパターンを狙っていた。この日は晴天無風で

 

中々、状況が一変しない。10時まで続けたのだが、変化を感じなかったため岩盤のバックアップ

 

パターンへシフト。が、先行者がすでにいて、狙いのスポットを打つことができなかった。

 

数メートルの差なのだが、この数メートルの違いでバイトがまったくないのだ。12時を過ぎ風が吹いた

 

タイミングで朝一のエリアに戻り、ようやくファーストフィッシュをキャッチしたのだが、推定500gと狙い

 

の魚より小さい、、、。その後、プラで見つけていたエリアをランガンするが追加することはできなかっ

 

た。


 

初日を終えた時点で年間上位二人との差は更に開いた。しかし初日のリザルトを見ると参加選手

 

の半分以上はノーフィッシュで紙一重な状況、展開であると感じた。そして「トーナメントは何が起こる

 

か分からない。」


 

青木さんから気合のお言葉を頂き、可能性が1%でもある限り諦めない。最後まで全

 

力を尽くすと自分を奮い立たせた。

 

 

二日目はフライトも早いことからバックアップエリアから開始する。早い時間帯にキーパーサイズを

 

キャッチ。そこからタイミングを見計らいバンクフラットへ勝負に行くがバイトがない。試合終了間際ま

 

で、粘ったがバイトは得られなかった。ライブウェルには1本のみ。最後の最後に入ったエリアでシェイ

 

クシャッドキャロで2本連発させる!帰着までは5分を切っていた。サイズは小さかったものの、諦めな

 

い気持ちを通したと痺れる瞬間であった。

 


 

 

結果年間成績は3位で終了。



 

今までの自分の成績を見れば、上出来な成績だが、まだ上はあり、そし

 

て差がある。頑張ったから良しではトーナメントは通用しない。結果が全て。現状に満足せず更に強

 

く、より進化できるようにと思う。

 

まだ年内試合はありますが、1年間応援して頂いた皆様に感謝いたします。

 

ありがとうございました!!

 

年間成績暫定三位で迎えたマスターズシリーズ最終戦野尻湖。

 

首位と40Pの差があり逆転するにはかなり厳しい状況。しかし、

 

可能性はゼロではない。上位フィニッシュ、「勝ち」を意識してプラクティスを行った。

 

 

この時期の野尻湖は例年バイトが遠く答えがなかなか返ってこず、今年も一筋縄では

 

いかない様子だった。そんな状況下、バンクフラットでの反応が良かった。

 

フラットのブレイク、特に始まりと終わりで回遊する魚の出入り口となっているようなトコロ。

 

2.6gキャロにシェイクシャッド2.5inの虫チューンをセットしたものを、ブレイクの上に転がる岩や石、

 

木に引っかけ置いておく釣り方。

 

特にベイトフィッシュがバンクに寄った際にバイトが集中し、

 

良いスポットではキロサイズが連発することもあったため、バンクフラットのブレイクで、

 

且つ沈みものがあり仕掛けられるようなスポットを探していった。



 

また岩盤のバンクでキーパーサイズを捕るバックアップパターンも見つけ

 

目標ウェイトを3キロとしプラクティスを終えた。

 

 

さっく流シェイクシャッドの虫チューン方法はコチラ

 

0.9mmのフラットラバーを4本使い、前側2本・後側2本を挿してTNSオフセットフック#5を使用するのが

 

野尻湖キャロのさっくスタイル。

 



 

 

ラバーでアピールするというよりルアーが回転せず平行に沈めることが重要。

 

またラバーの本数や太さはキャロで使うならこのチューンニングが扱いやすく好みだった。

 

JB/NBC戦で使う際はテール部にFマークが入っているため保存はテールを残したまま、使用するときに

 

テールを取るようにしている。

 

マスターズ第三戦 霞ヶ浦戦

 

シーズンの折り返し、リザーバー育ちの僕にとっては苦手意識のあるフィールド霞ヶ浦。

 

しかし年間成績三位につけ上位選手とのポイント差を考えると、とにかく釣ること。

 

ポイント差が広がらないようにしがみついていくことが要されると考えていました。

 

 

プラでは地形の変化の確認と、シャローカバー・水門での釣り方の精度を高めることを意識して行いました。



 

タイミングを合わせていくためにエリアを絞り、その中で場所・釣り方の手駒を増やしていく練習に費やしました。


 

 

初日

 

流入河川のマウス部にある護岸沿いをシェイクシャッド3in5gヘビダンで早い時間にキャッチ。

 

要所をランガンして回るがなかなかバイトが得られない。

 

昼前に河口の水深2.5mにあるゴロタエリアをシェイクシャッド虫チューンのキャロで、ようやく二匹目を釣ることができました。

 

しかしこの一匹で動きを封じられることに()

 

厳しい状況下がゆえに、釣ろうと言う気持ちが先行してタイミングを合わせていくスタイルを見失ってしまいました。

 

初日は二匹1000gのウェイン。