DSTYLE

REPORTレポート

佐藤旬

ニックネーム:サトジュン
生年月日:1988年9月24日
出身:埼玉県 居住地:河口湖
身長:178cm

所属:JBマスターズ JBⅡ河口湖
ゼッケン:マスターズ100 JBⅡ河口湖1
メインフィールド:河口湖
得意なスタイル:フットボールジグ
釣り以外の趣味:映画、動物鑑賞、旅行
自分の性格:頑固、負けず嫌い、時々マイペース
ライバル:TOP50選手全員
夢:日本と中国のNo1!!
格言:為せば成る。為さねば成らぬ何事も。

真夏8月の河口湖!

河口湖A戦のプラクティスの為に数日浮きました。

_20170829_201329

↑夏の風物詩!?ゲリラ豪雨の写真です。

 

この時の河口湖のコンディションは、水温29℃で雨予報はあるものの、全然降らず減水が進み、航行が危険なエリアがあるほどです。

そんな高水温・減水のタフな中、主に02.5mのシャローのウィードエリアで、レゼルブが好調だったのでその時のレポートになります。

 

朝一は白洲に入り風の流れるポイントを流すと早々にHIT

DSC_1260

レゼルブのカラーは「スポーンギル」。

他には鵜の島の東エリアでも、

_20170829_195814

HIT

他にもランガンし、

_20170829_195936

この日は40UP×2本と他4バイト3キャッチと、レゼルブでリミットとハマった日でした。

ゆっくりただ巻きでも良いのですが、アクションのキモは、シェイクしながらパタパタと動かし、移動距離を抑えるとバスが 「ボコッ」と食べてくれます。

また別の日も練習に出て、朝9時以降出船だったのと、風が弱かったせいか、レゼルブでは1本でしたが、

_20170829_195747

D-JIG 1.3gのスモーク/シルバーで、シャローに居40UPのバスをサイトで(写真左のバス)キャッチしました。

DSC_1272

他には得意のフットボールジグでキャッチし、プラクティスを終了しました。

 

 

●河口湖A戦本番

前日プラクティスではオフリミット期間中にローライトと雨の影響で水温が3℃も下がっていてポジションも、魚探の映像も変わってしまい大苦戦・・・・・・

そんな中、ダウンショットのミドストでかなりの大物を掛けるもフックアウトしていまいました。あまりのデカさと、あっけなくやられてしまったので、少し放心状態になってしまったほどに

朝一はそのバスを仕留めるために行くもノンキーの嵐で移動。

ローライトで風もあったので、ミドストでミドルを攻めつつトップ・ジグ・D-スパイカーなど強めの釣りを織り交ぜるもキーパーからの反応無く、各所でノンキーをキャッチ。

ふと、ジャークベイトパターンを思い出しランガンするとあと一歩の所事でHITしなったのですが、良い時は45匹のバスがジャークベイトを奪い合うように船べりまで来た時は興奮しました。

結果キーパーサイズに届くバスは釣れず終了してしまいました。

 

 

最後にレゼルブのタックルの話です。

_20170829_212600

アフターまでのレゼルブタックルは、

ロッド:6.10 L

リール:スピニング2500番台

PE0.6

リーダー:フロロカーボン 3.5ポンド

と、他のI字系と併用のタックルだったので、このセッティングでしたが、今はウィードも生え、ファイト中ウィードに突っ込まれたり、所々水面まで延び切れて浮いているのもあるので、ロッドを煽り切ったりするのに前回のタックルでは弱く、今僕が使っているのは、

ロッド:6.4 ML

リール:スピニング2500番台 ハイギア

PE0.6

のセッティングに落ち着いています。

MLのロッドにする事によりウィードを切り、バスの主導権を与えないパワーとハイギアのリールで一気に引きずり出します。レゼルブとPEは直結で使っており、ダイレクトな操作感と、ウィードを遠くで切る時には直結の方がやりやすく自分には合っていました。

バズや他のトップでアプローチして反応しない時は、アクションが早すぎる時があるのでレゼルブのようなスローな小型トップがハマる瞬間が多々あるので是非試してみて下さい!

 

 

【タックルデータ】

D-JIG

ロッド:61 L

リール:スピニング2500番台 ハイギア

ライン:フロロカーボン 3ポンド

 

 

Facebook

https://www.facebook.com/jun.satou.353

 

・アメーバブログ

サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!

http://profile.ameba.jp/0924-jun/

 

Instagram

ユーザーネーム

satojun.room

http://instagram.com/satojun.room/

 

 

お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!

 

●前日プラクティス

朝からキーパー場に行き、クロー系のライトキャロをキャストすると数等でキャッチ!

_20170725_205353
手堅い事が分かったので直ぐに本湖に移動しランガン。

ランガンするがなかなか反応が得られず、やはり北利根川の反応が良い(魚影が濃い)と再確認できたので残りは北利根川に戻り反応を見る事に。

朝一釣れた所にキャロをキャストするとまたしてもHITするが、あわせずルアーを吐き出させ移動。他の良さそうなポイントにネコリグを入れると2匹も釣ってしまい、反応も十分に得られたのでプラクティス終了しました。

この状況だと一日5匹は手堅くどの様にキッカーを入れていくかがキーになりそうでした。

 

 

●トーナメント本番

・一日目

_20170725_205039

JB/NBC HPより参照

 

朝一にバッティングせずポイントに入るも釣れずランガンしました。

そして、この日の一匹目は水門の絡むポイントでネコリグにてキャッチ。

朝一は釣れなかったが周って来るのではと思いキャロポイントへ。

しかし反応が無く、ネコリグを入れるとバイトがあるがすっぽ抜けてしまい続けると小さいキャットが2匹も釣れ、キャロポイントでネコリグの反応が良いのはなぜ?と理由までは分からなかったもののネコリグの反応が良いのは分かったので、随所でネコリグをキャストし続けるとアシ際でHIT

その後本湖に移動したり、ランガンするも時間が来て終了に・・・・・

_20170725_205202

2984gで68位と厳しい状況でもウエイン率が高くこの順位に・・・・・・・

二日目の最低ノルマはリミットメイクと決め、またキャロの反応が悪くなったことや、バスしか釣れなかったポイントでなぜかキャットフィッシュが釣れてしまっている事から前プラと状況は異なり、また釣れるルアーも変わってきている事が分かった。

しかし、二日目の天気を見るとローライトで風も吹きそうだったのでここは臨機応変に対応せねばと思いながら就寝しました。

 

・二日目

この日もとりあえず反応を見るためにライトキャロでスタートするも反応が無いのでシャッドで流すと一本キャッチ。

本湖に移動するもバッティング等ありつつも大体チェックは出来たのですが、ノーヒットで北利根川に戻りそこからシャッド巻きつつ各所でネコリグを投入しました。

ネコリグは出来るだけバスが付いていそうなポイントにタイトに落とし何とか2本キャッチし終了しました。

_20170725_205056

31096gで58位でした。

総合では61位・・・・・・・

暫定年間順位は19位後退してしまいましたが、上位三名よりも下はポイントが僅差なので、クラシック出場をまだ諦めてはいません!!!!

今回は霞までは暫定年間順位が4位だったので手堅く釣り、0で帰着を避けて確実にポイントを稼ごうと思い動きたい時に動けなかったり、色々試せばよかったのにそれが出来なかったりと反省点も多く、今でもこのレポートを作成しながらの反省が続いています。

 

 

試合内容はこれくらいで、前回載せられなかったD1 3.8インチのバックスライドですが、まず必要なのが、

2/0番のフック

・ネイルシンカー0.91.8g(今回使用したウエイトです。)

です。

ネイルシンカーを入れる理由は、飛距離UPとフォールスピードUPに使用しました。

スローなバックスライドは風でラインが引っ張られると流されてしまい、思った所に入らないのでD1そのままでもバックスライドするのですが、より奥に入りテンポよく打つためにシンカーをセットしました。メインにしたウエイトは1.3gのネイルシンカーでした。

 

●セット方法

まずはバックスライドセッティングでフックをセットします。

 

後ろの節から数えて4番目に軽く縦に刺し、徐々にフックのアイに向かって差し込みます。

 

出来れば差し込みながら水平に刺した方が良いです。

_20170729_110348

↑この様に

 

_20170729_100543

水平にセット出来たらセット完了!

後は水に入れてスライド姿勢などを見てシンカーの位置を前にずらしたり少し出したりすると気持ち良くバックスライドしてくれます。

 

エビ食いバスはもちろん、シンプルな形状なのでベイトも食べているバスにも有効です。

是非試してみてください。

 

 

 

【タックルデータ】

・ネコリグ

ロッド:61 L

リール:スピニング2500番台 ハイギア

ライン:フロロカーボン 3.5ポンド

 

・ベイトフィネスネコリグ

ロッド:610L

リール:ベイト ハイギア

ライン:フロロ8ポンド

 

・バックスライド1

ロッド:70MMH

リール:ベイト ハイギア

ライン:フロロカーボン 14ポンド

 

・バックスライド2

ロッド:68MH

リール:ベイト ハイギア

ライン:フロロカーボン 12ポンド

 

 

Facebook

https://www.facebook.com/jun.satou.353

 

・アメーバブログ

サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!

http://profile.ameba.jp/0924-jun/

 

Instagram

ユーザーネーム

satojun.room

http://instagram.com/satojun.room/

 

 

お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!

 

<プラクティス編>

皆さんはどの様にD1 3.8インチと、トルキーストレートを使用していますか!?

今回はD1 3.8インチをトレーラーやノーシンカーだけで使うのではなく、通常と逆付けにしてネイルシンカーを入れたバックスライドセッティングや、トルストを縦に落としリアクションで釣る方法が好調だったのと、7/2223にマスターズ第3戦霞ヶ浦戦に出場したので、今回はプラクティスからトーナメント本番のレポートになります。

DSC_1129

状況は梅雨明けになるのですが、雨はなかなか降らず水温はみるみる上昇し、30℃にまでになりました。気温も30℃以上の日が多く、試合前には「アオコ」が発生していました。

また、いつもは居るボラの子供イナッコも少なく、キャットフィッシュもなぜかあまり釣れない状況。

 

●プラクティス

早朝から出たのですがなかなか反応が無く、最後に夕マズメパワーでラッシュがかかりました!

D1  3.8インチ(グリーンパンプキンペッパー)のバックスライドセッティング

_20170725_205630

こちらもバックスライドにて。

数少ない風当たりの良いシェードがらみだと、アフターや回復系のキロ近いバスがポツポツ釣れるイメージでした。

_20170725_205541

他の日にもD1ワカサギカラーや、

_20170725_205511