DSTYLE

REPORTレポート

佐藤旬

ニックネーム:サトジュン
生年月日:1988年9月24日
出身:埼玉県 居住地:河口湖
身長:178cm

所属:JBマスターズ JBⅡ河口湖
ゼッケン:マスターズ100 JBⅡ河口湖1
メインフィールド:河口湖
得意なスタイル:フットボールジグ
釣り以外の趣味:映画、動物鑑賞、旅行
自分の性格:頑固、負けず嫌い、時々マイペース
ライバル:TOP50選手全員
夢:日本と中国のNo1!!
格言:為せば成る。為さねば成らぬ何事も。

現在、11月上旬の河口湖は水温が15℃位に下がり、ベイトの動きがより冬に近づいて来ているのが魚探の映像から読み取れるようになってきました。

今年は増水の影響で水の入れ替わりが激しく、なかなか例年の様なパターン通りとは行かず日々試行錯誤な感じでした。

ここにきて、ターンオーバーとウィードの枯れ具合などのタイミングが重なり、ワカサギが酸欠により浮いてきているのでそれにともなったパターンとディープパターンとの明確な釣り分けが出来る様になりました。

そんな中、エビ藻の残るウィードトップを先日発売されたCRAWL-UP(クロールアップ)でサーチすると

キンクロにHIT!

「河口湖ではクランクは強すぎて釣れないのでは?」や、「シャッドの方がいいのでは?」など良くガイド等で聞かれるのですが、河口湖のクランキングはアリです。普段クリアウォーターだろうが、タフレイクだろうが釣れます。

クロールアップはボトムを這うようなアクションが売りですが、釣れたのは水面とウィードトップの間で、ボトムにタッチさせていません。シャッドだと弱くターンオーバーのやる気のないバスにはローインパクトな印象。そこでクロールアップならワカサギを見ている個体でも反応するアクション・明滅・そしてウィードに引っ掛っても浮かせて躱せる!これが重要で、シャッドはサスペンドが多く、ウィードとの相性は△で躱せません。ではフローティングシャッドで引けばいいのではと思うかもしれませんが、浮力が足らず躱しきれない事もしばしば。

また、水面とウィードトップのわずかな水深を引くには動きのレスポンスが重要で、クロールアップは固定重心なのでうってつけです。

もっと濁ったり、広範囲に散らばっていたり、水深が無い場合はD-SPIKER [ディースパイカー]3/8ozがオススメです!

 

シャローパターンの次はディープ!

ワカサギに付き回遊しているので回遊に当たると連続HITがあります!

先日後輩と出船したのですが、ライトリグで回遊コースを狙うと

 

開始数等でHIT!

写真を撮ってもらい、後輩がキャストすると・・・・・

 

綺麗なネイティブをキャッチ!

後輩もサトジュンガイドを堪能してくれた模様でした!

移動しメタルをやると、僕にHIT!

そして夕マズメにラストポイントで僕に3キャスト3キャッチや、

45UP!!

またしてもワンスポット連発でここではトータルで5本位は釣ったと思います。

ただそれは僕だけの話で、ライトリグが得意で連発で釣った後輩がここでは0フィッシュ・・・・・

キモがあるのでそれが出来れば秋爆!

できないと・・・・・・

ガイドでは包み隠さずレクチャーするのでゲスト様はご安心を!

後輩も僕もほぼノンキーは釣れず、釣れ続けるので途中で写真を撮らなかったりと、タフグチコですが船中2桁釣果!やっと僕の好きな秋爆な感じが来てくれた感じでした。

まだ極寒の修業フィッシングでは無いのでこのチャンスをお見逃しなく!

そして、ワカサギ釣りガイドも行っています。

数時間で袋がパンパンになる位釣れます!

天ぷらがおすすめで、毎年僕もこれが楽しみです。

ワカサギ釣りは普段のバスガイドよりも格安で乗れますし、初心者でもバス同様に一からレクチャーさせてもらっています。

レンタルタックルもあるので、持ち帰り用のクーラーボックスと氷だけ持って来てもらえればOKです。

また、バス釣り&ワカサギ釣りガイドでも良いですし、ワカサギ釣りのみもOK。

もちろんバスのみでも年内営業しているので是非紅葉を楽しみながらのバスフィッシ
ングお越し下さい!

 

【タックルデータ】

左から

・CRAWL-UP

ロッド:6.6 ML

リール:ベイト ノーマルギア

ライン:フロロカーボン 10ポンド

 

・ダウンショット

ロッド:6.1UL ソリッドティップ

リール:スピニング2500番台

ライン:フロロカーボン 3ポンド

 

・メタル

ロッド:6.10 L

リール:スピニング2500番台 ハイギア

ライン: PE 0.4号

リーダー: フロロカーボン 6ポンド

 

【河口湖ガイド】

https://ameblo.jp/0924-jun/theme2-10103797050.html

お気軽にお問い合わせ下さい!随時募集中です。

ガイド予約2~3日前でも可能な時があります。

メール・電話お待ちしています。

 

【SNS・ブログ】

・Facebook

https://www.facebook.com/jun.satou.353

 

・アメーバブログ

サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!

http://profile.ameba.jp/0924-jun/

 

・Instagram

ユーザーネーム

satojun.room

http://instagram.com/satojun.room/

 

お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!

今年最後のトーナメントが河口湖で10/27~28開催されました。

・プラクティス

プラクティス期間はガイドとプラクティスで数日湖上へ出られました。

ガイドではクランクで、ヒットすればハーモニカバイトで尚且つ行けばブリブリの40UPがHITするポイントを持っていました。

このバスはプラクティス期間前ですが、大きなヒントをくれたと思います。

綺麗な40UPでした!

ガイドではお客様にレクチャーし、「このコースだと来ると思います」と宣言した数秒後にハーモニカバイトのブリブリ40UPを釣ってくれました。

他の日では、ウィードエリアをD-SPIKERで流すと・・・・

 
サクサクとキャッチ成功!

D-SPIKERだと可変アームのお蔭で、力の弱い女性でもベイトでビューーーンと気持ち良く飛ばせるので、広いエリアでもストレス無くサーチできます。

 

キーパーはD-SPIKER・D-JIG・トップ・クランク・ライトリグ・サイトなどで狙える事が分かりました。

ある程度キッカーパターンなど掴めてきたので、今度は可能性のある違うパターンを試しながら周りました。

今年も河口湖はワカサギが多く、時期的に秋のメタルパターンもあると思い、模索すると数等目に「ドスッ」重たくなり動く根掛りの様な感じが・・・・

ボートの下に来た所でここから強烈な引きに!ラインはPE0.4号にリーダー6ポンドとギリギリセッテイングなので慎重にやり取りするとその姿が徐々に水面へ。

60位はあろうかと思える様なビックバスが浮上してきました。

関東屈指のビックバスレイクとはいえ、なかなか出会えないサイズだけに久々にドキドキヒヤヒヤランディングでした。

計測すると60・・・・ではなく、惜しくも58cm

メタルをバックリ。

河口湖常連さんやガイドゲスト様などはお分かりだと思いますが、これがあるから河口湖はヤメられないです!

プラクティスはこのような感じでキーパーパターンからキッカーパターンを気難しい時期ながらも何とか捉えていくのに必死でした。

 

・前日プラクティス

この時期水温がガンガン下がるハイランドレイクなので、水温チェックしながらベイトの位置を確認する為に魚探掛けに専念しました。

そんな中、ポロッと釣れたのが長浜エリアでした。

水温が下がったせいでウィードの上にも居たバスが中で釣れたので、この一匹がくれたヒントが大きかったと思います。

前プラを行い決めたプランは長浜で複数キャッチし、揃ったところでキッカーパターンへ行こうとざっくりとしたプランにしました。

 

・トーナメント1日目

朝一は長浜へ入り、ヘビダンで早々に2匹キャッチするも周りもポロポロ釣るので焦る気持ちを抑えつつ丁寧にウィードを打ち続けました。

その後、違和感があったのでフッキングするも水中リリースや、あまり大きいバスでは無いのでネットを使うとバレるので今回はほぼ抜き上げたのですが、抜き上げで失敗したりとメンタルがゴリゴリに削られながらなんとか一匹追加し、最後に「水温が上がりバスも浮いてきたり追えるのでは?」と思い、CRAWL-UPで広範囲をサーチするも3匹で帰着しました。


タフコンディションでローウエイトだったので20位スタート。

結果一カ所ダダ粘りでキッカーパターンにシフトできなかった事が心残りでした。普段マスターズで2Dayの難しさや厳しさを体験しているので、バラした2二匹の重要性の大きさを理解しつつも、2日目の天候とタフになる事は予想出来ていたので諦めずに2日目に挑みました。

 

・トーナメント2日目

この日も外さない様にまずは長浜からスタート。

理想のゲームとしては9時までに複数本釣り後にキッカーパターンへシフトする予定ですが、前日の感じから簡単に釣れると思っていなかったのですが、何とか1匹釣りここは勝負しないと上位には食い込めないし、勝負に出なかったことにより悔いが残ると思い早々にエリアから離脱しました。

クランク・メタルをやるも反応が無く、プラ通りではダメと思いメインにはしていなかった橋内へ。どこに入ろうか眺めていると以前バイトしていて今もお世話になっている、レンタルボート湖波の桟橋に呼ばれた気がし、湖波前に入りダウンショットで粘るとキロフィッシュがHIT!

ネットインした時には思わず叫んでしまいました。

2日目は5位フィニッシュで、


 


トータル4位フィニッシュでした。

 

入賞の決め手になったキロフィッシュはヒューマンに入る前、社会人の時一人でレンタルに来ていた時からの湖波の思い出や、思い入れのあるリール等で釣れたのでこの一匹は忘れる事の出来ない一匹になりました。

今年最後の入賞は、バサクラでお手伝いがあるのに選手権に出させてくれた青木プロ、試合前に船の修理等忙しいのに細かい所まで修理してくれたメカニックさざなみ、いつでも気軽に出船させてくれる湖波、ガイドを始めた事により年々湖上に出る時間を増やす事が出来るようにさせてくれているゲスト様達、先輩や後輩、両親等皆に感謝しかないです。

ありがとうございます。

詳しい58cmメタルフィッシュのキモや40UPクランクフィッシュ・ライトリグ等はガイドで包み隠さずレクチャーするので是非お越し下さい。

ワカサギガイド(レンタルタックルあり)も始まりましたのでお待ちしております!

 

【タックルデータ】

左から

・D-SPIKER & ディープクランク

ロッド:6.8 M

リール:ベイトリール ノーマルギア

ライン:12ポンド

 

・CRAWL-UP

ロッド:6.2 ML

リール:ベイト ノーマルギア

ライン:フロロカーボン 10ポンド

 

・へビダン

ロッド:70MMH

リール:ベイト ハイギア

ライン:フロロカーボン 12ポンド

 

・ダウンショット

ロッド:6.1UL ソリッドティップ

リール:スピニング2500番台

ライン:フロロカーボン 3ポンド

 

・メタル

ロッド:6.10 L

リール:スピニング2500番台 ハイギア

ライン: PE 0.4号

リーダー: フロロカーボン 6ポンド

 

【河口湖ガイド】

<https://ameblo.jp/0924-jun/theme2-10103797050.html>
https://ameblo.jp/0924-jun/theme2-10103797050.html

お気軽にお問い合わせ下さい!随時募集中です。

ガイド予約2~3日前でも可能な時があります。

メール・電話お待ちしています。

 

【SNS・ブログ】

・Facebook

https://www.facebook.com/jun.satou.353

 

・アメーバブログ

サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!

http://profile.ameba.jp/0924-jun/

 

・Instagram

ユーザーネーム

satojun.room

http://instagram.com/satojun.room/

 

お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!

9月末にマスターズ最終戦が長野県野尻湖で行われましたのでそのお話しを。

●プラクティス

プラクティスはよりポイントを理解するために魚探掛けと、ベイト+スモールが多いレンジや傾向を掴む練習をメインに行いました。

プラクティス一日目終了前に2.5インチシェイクシャッドのテールカットチューン
(イモ)のキャロで

500g位のスモールをキャッチ!

釣り上げた時に小さいエビと、小さいワカサギを吐いたので3インチのシェイク
シャッドのテールカットよりも2.5インチで反応した理由が分かりました。

2日目は朝から晴天無風でシャローのサイト練習をする事に。

今年はウィードが生えており、そこにエビがかなり群生していました。

しばらく観察していると、40クラスがウィードにフラフラと近寄りエビを探しに来ている模様で、沈む虫を沈めウィードに乗せて置くと口を使うがワームだけを取られたり、シャローで待機しているスモールは浮く虫でアプローチすると口を使う事が分かりプラクティスが終了してしまいました。

例年通り難しく厳しい試合になると思い帰り道はいつも以上に悩みながらの帰路した。

●前日プラクティス

ある程度ポイントを絞り、前プラだが釣る事も視野に周る事に。

また、キャロ以外でも反応があるか試すために色々なリグを投入していきました。

各所を周り、今回メインになった菅川エリアに入り、バンクで3インチストレート
ワームのダウンショットでキャッチ。

フラットエリアへ移動し、フラットエリアでダウンショットの反応が無かったので、0.9gマイティーストレートのネコリグを投入しシェイクし続けると、

あっさりキャッチ成功。

もう一度マイティーストレートのネコリグを試すと

直ぐにキャッチ成功。

メインエリアは菅川に決め、今回は意外と釣れていると確認し前プラは終了しまし
た。

 

●本番

朝一から菅川エリアに入れ、ネコリグを投入しスモール特有のラインダルダルのピリピリシェイクを頑張るも反応無く、ダウンショットとローテンションするも反応が有りませんでした。

そして帰着が2時半なのに、1時半を迎えてしまいました。

日替りでプレッシャーに弱いスモールなので「シェイクが嫌われているのでは?」と思いプラで反応のあったキャロへ変更しました。

ここでスモールのツボを見つけ入ったらしく1匹目をキャッチ。

1キャストの時間は長いものの1~2投間で必ずバイトを得られる状態に!

直ぐに2匹目もキャッチでき本来は結び直すのだが時間が無かったのでそのままキャスト。

直ぐに3匹目が来てやり取りをしたのも束の間、重みが抜けリグを回収すると結び変えしなかった所からのブレイクでタイムアップ・・・・

結果2本で終了してしまいました。

二日目も朝一から菅川エリアへ。

前日好調だったキャロで良かったレンジにキャストすると一投目からバイトがあるが抜けていまい、その後HITするもネット間際で痛恨のバラシ・・・・・

原因は、前日の反省で結びやすい管付き針をリグっていたためにいつもよりフックが伸び、上手くフッキングできていなかったので、結ぶのに少し時間が掛かるが、いつものお気に入りの平打ち針に戻し、そこから終了時間まで2バイト2キャッチに成功。

結果33位、年間ランキングは48位とパッとせず終了してしまいました。

しかし、苦手なスモール戦だったが、やっとコツを掴めた気がします(遅いですが・・・・)。

今年は初戦の河口湖で50UPバラシやバッティングでセカンドエリアが機能させられず歯がゆい展開で、この初戦を釣っていればかなり上位で終われたのに・・・・

今回の試合も前日との違いを早く気付いたり、タックルセッテイングだったりもっと煮詰められていたらと今年のマスターズは特に歯がゆく、全戦ウエインできていたと思うと泣きたくなりますが、立ち止まっていても進めないので残る選手権や、来年のマスターズでは掛けた魚は全てキャッチしてやります!

使用ルアー

・2.5インチシェイクシャッド(イモチューン)

・マイティーストレート

【タックルデータ】

左から

・ライトキャロ

ロッド:6.4 UL ソリッドティップ

リール:スピニング2500番台 ハイギア

ライン:フロロカーボン 2.5ポンド

シンカー:2.7~3.5g

 

・ダウンショット

ロッド:6.1 UL ソリッドティップ

リール:スピニング2500番台 ハイギア

ライン:フロロカーボン 2ポンド

シンカー:1.3g

 

・ネコリグ 1

ロッド:5.9 UL ソリッドティップ

リール:スピニング2500番台 ハイギア

ライン:フロロカーボン 2ポンド

シンカー:0.9g

 

・ネコリグ 2

ロッド:6.1 UL

リール:スピニング2000番台 ハイギア

ライン:フロロカーボン 2ポンド

シンカー:0.9g

 

【河口湖ガイド】
https://ameblo.jp/0924-jun/theme2-10103797050.html

お気軽にお問い合わせ下さい!随時募集中です。

ガイド予約2~3日前でも可能な時があります。

メール・電話お待ちしています。

 

【SNS・ブログ】

・Facebook

https://www.facebook.com/jun.satou.353

 

・アメーバブログ

サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!

http://profile.ameba.jp/0924-jun/

 

・Instagram

ユーザーネーム

satojun.room

http://instagram.com/satojun.room/

 

お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!

最近の河口湖ガイドなどの情報になります。

台風や西湖放水口などにより増水中の河口湖。久しぶりの方は景色が違うのでビック
リする程です。水温も下がり20℃前半で、ターンオーバー中。しかし、水の入れ替わりがある今年の河口湖は例年よりターンオーバーの水が汚くない状況です。

数年前から増えているワカサギが相変わらずメインベイトとなっており、釣り上げるとバスはワカサギを吐いたり、う○ちが銀色だったりと、ベイトが絡むポイントが好ポイントで、ライトリグでも釣れるのですが、なかなかサイズが混ざらないのと、やはり秋は巻きが有利なのでガイド等ではメインがクランクベイトやスピナーベイトなどが主軸になる事が多く、巻き物で釣った事が無い初心者のお客様でも巻き物の練習にもってこいの時期です!

バス釣りを初めて数回のお客様!初めて投げたスピナベフィッシュがブリブリの40UPなんて羨ましい!

こちらはクランクで河口湖初キャッチ!河口湖でクランクは強すぎると思っていたみたいですが、この日で概念が変わったようでガイド冥利に尽きます。

僕もレクチャーがてらにポロポロキャッチ。

近々では、

   

プライベートフィッシングでも巻きまくって各所でキャッチ!

同船者は初のクランクベイトフィッシュをキャッチ!普段ライトリグ主体ですが、巻きで釣るのはまた一味違うのを体験してもらえたかと。

そして、D-SPIKER [ディースパイカー]3/8oz、キンクロカラーでキャッチしたブリブリの河口湖バス!普段広大なウィードエリアを攻める時はキャストの飛距離が欲しかったりエッジを巻くので1/2ozばかりなのですが、増水した時などのウィードトップ攻略には間違いなく3/8ozをチョイスします。

クリアレイクでキンクロやアユなど目立ちすぎる?なんて思うかもしれませんが、むしろターンなどでは有効です!

河口湖の巻き物はキーポイントがいくつかあり、噛み合えば複数キャッチ出来ます。ライトリグだけではもったいない河口湖!

このレポートを見て巻き物チャレンジも良いですが、百聞は一見に如かず。ガイドでは惜しみなくレクチャーさせてもらっているので、是非お越しください!

そして、水温が徐々に下がってくると広大なウィードエリアも減り、良いウィードにバスが集中してきます。

 

ウィードを躱すにはD-JIG COVER(3.3gのシナモン/ブルー)!

太軸フックなのでウィードから引き出すのに軟なフックでは負けてしまうのでD-JIGCOVERがベストです。他にもヘビダンや、リーダーダウンショットが好調です!

タフレイクと懸念しがちで、ワームが使えませんが、ツボを押さえれば釣れる河口湖ですので是非お越し下さい。

 

【タックルデータ】

・D-SPIKER(巻き物)

ロッド:6.8ft M

リール:ベイトリール ノーマルギア

ライン:10~12ポンド

 

・D-JIG

ロッド:70MMH

リール:ベイト ハイギア

ライン:フロロカーボン 12ポンド

 

【河口湖ガイド】

https://ameblo.jp/0924-jun/theme2-10103797050.html

お気軽にお問い合わせ下さい!随時募集中です。

ガイド予約2~3日前でも可能な時があります。

メール・電話お待ちしています。

 

【SNS・ブログ】

・Facebook

https://www.facebook.com/jun.satou.353

 

・アメーバブログ

サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!

http://profile.ameba.jp/0924-jun/

 

・Instagram

ユーザーネーム

satojun.room

http://instagram.com/satojun.room/

 

お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!

今回の釣行は8月初旬に行ってきました。

状況は、日中の水温は30℃代で、シャローエリアは水温が高く好きなサイトには不向き・・・・・

ディープにはワカサギが回遊している状況でした。

まず朝一にディープ隣接のウィードエリアでレゼルブを試すもギルバイトしか得られず、バスはウィードの中なのではと思い打つと数投で40クラスがHIT!

リグはリダーレスダウンショット7gにD1 3.8インチの新色スカッパノン・ブルーフレークで。

続けて打つと、

サイズダウンですが、こちらもD1 3.8インチ新色レイクシュリンプで!

写真を取るために口から出しましたが、釣れた時はほぼ丸のみでした。

このサイズのバスが、このボリュームのワームをここまで食い込むなんてなかなか無い事です。よっぽどおいしそうに見えたのではないでしょうか!?

またリグをリダーレスダウンショット7gにD1 3.8インチの新色スカッパノン・ブルーフレークに戻すと、

またナイスサイズがHIT!

ここでリダーレスダウンショット7gにトルスト4.8インチのグリンパンプキンペッパーに変えて打つも釣れず、トルスト4.8インチの新色スカッパノン・ブルーフレークに戻すと、

直ぐにHIT!

ここで気付いたのですが、

・ブルーフレークが効いている

・スモーク系(透けるカラー)よりも、透けないカラーが効いている

など数が釣れたので気付けました。

なので、僕も好きで良く使うカラーで以前このフィールドでも釣った事が有るし、皆さんが好きで良く使うグリンパンプキンペッパーだと思うですが、この日は好みじゃなかったようです。

 

ウィード打ちの反応が薄くなったので、ブレイクを攻めるために、D-JIG COVERにフラット系ワームや、シャッドテールをセットしてフォールやウィードを絡めて引いてくると、HIT!

 

ヘッドが小さくすり抜けが良いので、打つだけではなく、障害物に絡めて引くのも得意なので是非お試し下さい。

ここで渋いと思いながらもシャローでサイトしに行くと、

  

小さいのはポロポロと、マイティーストレートとヴィローラでキャッチ。

人的プレッシャーがキツイながらもこのストレッチで居なければサイト終了と思い流すと、40UPが!

慎重にアプローチすると、ルアーは見えずに、バスが水中でパクパクしているのが見えフッキングするもすっぽ抜けしてしまい、バスが逃げる前に再びキャストすると、次は丸見えでフッキング成功!

プレッシャーが高いのと、クリアウォーターなのでトルストよりもボトムで細かくシェイクして震える様にアプローチしたかったので、マイティーストレートをセレクトしたのが正解だったみたいです。

 

他にベイトの絡むディープでは、トルスト3.8インチ(新色ライトミミズ)や、フットボールジグにD1 3.8インチをセットし、リフト&フォールでHIT!

 

そして〆はヴィローラのDSで!

ヴィローラもガッツリバイト!

今年は暑い夏ですが、皆さんも熱中症や水難事故等気を付け、暑くても必ずライフジャケットは必ず着用して釣りをしましょうね!

 

【タックルデータ】

・VIROLA

ロッド:5.9 UL ソリッドティップ

リール:スピニング2500番台 ハイギア

ライン:フロロカーボン 3ポンド

 

・Mighty Straight

ロッド:6.1 ULソリッドティップ

リール:スピニング2500番台 ハイギア

ライン:フロロカーボン 3ポンド

 

・D-JIG フットボールジグ

ロッド:70MMH

リール:ベイト ハイギア

ライン:フロロカーボン 12ポンド

 

・リーダーレスダウンショット

ロッド:68MH

リール:ベイト ハイギア

ライン:フロロカーボン 14ポンド

 

【河口湖ガイド】

https://ameblo.jp/0924-jun/theme2-10103797050.html

お気軽にお問い合わせ下さい!随時募集中です。

お待ちしています。

 

【SNS・ブログ】

・Facebook

https://www.facebook.com/jun.satou.353

 

・アメーバブログ

サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!

http://profile.ameba.jp/0924-jun/
・Instagram

ユーザーネーム

satojun.room

http://instagram.com/satojun.room/
お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!

6月上旬に今年初めての長野県野尻湖へスモールマウスバスを狙いに数日行ってきました。

年にもよりますが、大体この時期の野尻湖は一年の中でも特に釣れる時期でもあり、しかも色々なパターンで反応してくれるので狙い方も様々でサイズも狙えてと、是非一度は訪れてほしい時期と言えます。

いつ行っても水も空気も綺麗で凄く癒されるフィールドです。

 

今回は色々釣れる時期という事で試合でも使うパターンのライトリグ(ダウンショット・ライトキャロなど)はもちろん、試合の時期ではなかなか試せないパターン(虫系・表層など)の開拓に挑戦しました。

状況はスポーニング後だったので、ドシャローから8m位までをメインに攻めました。

 

今回特に試したかったMighty Straight 3.8インチネコリグ。

頂いた時に「スモールにも凄く良さそう!」と思っていて投入する事2キャスト目に40UPをあっさりキャッチ成功!

 

0.9gのネイルシンカーをセットしたモエビミソにHITしました。

軽いので浮かない様に細かくシェイクしながら丁寧にアプローチしていると、あの独特のコツコツバイトからの、こちらがライトラインなのを知ってか知らずかギュンギュン突っ込むあのやり取りは中毒性高し!!

ラージとは別のハラハラ感がたまりません。

 

場所を変え、D1 1.8gのライトキャロでもキーパーサイズを2連発。

キーパーサイズでもスモールだと良い引きです。

 

去年エビをイメージしスモーク系のD1で釣れたのですが、反応が無かったのでもしやと思いブラックに変えてからのHITでした。

 

また、後日知人と釣りをしたのですが、

虫パターン・ノーシンカー・DS・ライトキャロ・表層・ビックベイトなど同船者にも色々なパターンで釣ってもらえました。

他にもたくさん釣れたのですが載せきれないので割愛させてもらいます。

合間に僕もちょこちょこやらせもらいました。


また、ワカサギが表層に死んでいたのでVIROLA(ヴィローラ)2.8インチが良いのでは?と思い、ジグヘッドリグで試すとこれまた直ぐにHIT!

カラーはジャパンフィッシュでした。

 

船中二桁越えや、サイズ狙いの日には40UPだけで2ケタ近く釣れ日もありかなり充実した釣行になりました。

また、数が釣れたので道具の違いも試せました。

ライン・フック・ルアーはもちろん、ロッドもオールソリッド・ソリッドティップ・チューブラーなど、よりリグとロッドの相性を探る事が出来ました。

是非この時期の野尻湖に行った事が無い方は行ってみて下さい!

 

【タックルデータ】

・VIROLA

ロッド:6.1 UL

リール:スピニング2500番台 ハイギア

ライン:フロロカーボン 2.5ポンド

 

・Mighty Straight

ロッド:6.1 UL ソリッドティップ

リール:スピニング2500番台 ハイギア

ライン:フロロカーボン 2.5ポンド

 

・ダウンショット

ロッド:5.9 UL ソリッドティップ

リール:スピニング2500番台 ハイギア

ライン:フロロカーボン 2.5ポンド

 

・D1ライトキャロ

ロッド:6.4 UL ソリッドティップ

リール:スピニング2000番台 ハイギア

ライン:フロロカーボン 2.5ポンド

 

【河口湖ガイド】

https://ameblo.jp/0924-jun/theme2-10103797050.html

お気軽にお問い合わせ下さい!

お待ちしています。

 

【SNS・ブログ】

・Facebook

https://www.facebook.com/jun.satou.353

 

・アメーバブログ

サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!

http://profile.ameba.jp/0924-jun/

 

・Instagram

ユーザーネーム

satojun.room

http://instagram.com/satojun.room/

 

お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!










今回はアフターを狙いにオカッパリと、普段ガイドを行っている河口湖釣行になります。

ネスト最盛期が終わり、山上湖だとアフターに入っています。

アフターバスはネストの時に体力を使い、回復したいけどお腹が減っていて捕食したいけど動きたくない、早い動きよりはスローを好み、でも天候によっては体力が無いながらも活発に捕食するのが僕の中でのアフターバスの印象です。

この様なキーワードに今回は攻めてみました。

 

オカッパリ釣行は生憎の晴れで、朝一から行ったポイントはなかなかバスを発見できず、朝一から苦戦のスタート。

歩きながら生命感のあるシャローに行くと40UPのバスが!

逃げない様にファーストキャストは遠めのアプローチするも反応せず、「この距離ではバスからしてダルイのでは?」と思い近めのアプローチに変えると

 

40UPをVIROLA(ヴィローラ)ジャパンフィッシュカラーでキャッチ!

ヴィローラノーシンカーではなく、表層直下トレースするためにお腹に0.9gのネイルシンカーを入れていたのですが、シャローでボトムを這う小魚様にアクションさせやすくオススメです。

ただ、表層直下をゆっくり引くには0.9g以下のシンカーの方がゆっくり引けてオススメです。

 

場所を変え歩いているとスクールに遭遇。

一匹目を釣ったヴィローラのネイルリグでアプローチ。

ネイルの場所によっては水平にフォールしつつ、あの繊細なテールがピリピリと震えながらフォールします。

テールがピリピリしながらゆっくりフォールしているとラインがスーと走り2匹目をキャッチ!

 

その後、日差しや風が強くなりポイントを移動。

湖面が穏やかな時に沖目にウィードが生えていたのを確認していたのでD1 3.8インチのノーシンカーをフルキャストし、ウィードエリアをフォール&ズル引きでアプローチしました。

D1 3.8インチの絶妙な比重により、高比重系よりもよりスローにフォールでアピールでき、スローにフォールしているのにテールはピリピリ震えているギャップが厳しい時間やタフな時にバスの口を使わせるひと押しをしていると思います。

なので、フォールのアタリも見逃さない様にラインを見ているとこれまたフォールでス―とラインが走りフッキング。

 

やはり痩せているアフターがシナモンブルーフレークにHITしてくれました。

 

一日中オカッパリしていたかったのですがこの日はタイムアップ。

 

続いて河口湖になります。

河口湖はボート釣行に出ました。

河口湖はウィードレイクなので、この時期からは特に押さえておきたいウィード攻略です。

そこで有効なのがスモラバです。ウィードに引っかけても良し!ウィードの中を攻めても良し!フォールも良し!スイミングも良し!ボトムも良し!と、この時期から外せないルアーでもあり、スタンダード設計のD-JIGは様々なシチュエーションにマッチしているのでかなり使いやすいです。特に1.3~1.8gは使用頻度が高いです。

まずはバスのポジションを探るために1.3gでスイミングしているとコッと魚信が来てラインが軽くなったのでフッキングするとナイスバスがHIT!

カラーはグリパン/ペッパーでした。

今度はピンスポットの濃い目のウィードパッチを狙いたかったのでスピニングより太いラインの使えるベイトフィネスへ変更し、ジグもD-JIG COVER 3.3gで丁寧に探るとHIT!

純タングステンヘッドを使用しているので感度が良く、ヘッドの大きさを極限まで小さくする事でカバーへのスリ抜けが良く、飛距離などが向上しています。険しい溶岩帯やロック帯等はヘッドが小さい分根掛りしにくく、フックも太めなのでウィードからバスを引きずり出す時にフックが伸びないのでこちらも河口湖では必須になってきます。

そしてトップでも掛けたのにバレたり、他チェイスなどもありましたが、他のリグでこの日はキャッチ!

痩せているものの、ヒレのケガ等も綺麗に治ってきている個体をキャッチ!

また最近は巻き物パターンもあり、ガイド等でも毎回40UPも捕獲してもらえています!

他にも得意なトップパターン(レゼルブ・ポッパー・ペンシル・バドなど)や巻き物・ジグ・ライトリグ等様々なパターンで狙えるようになってきているのでオススメです!

 

是非ガイドもご利用ください。

予約・お問い合わせお待ちしています!

 

【タックルデータ】

・VIROLA

ロッド:6.1 UL

リール:スピニング2500番台 ハイギア

ライン:フロロカーボン 3ポンド

 

・D1 3.8インチ

ロッド:70MMH

リール:ベイト ハイギア

ライン:フロロカーボン 10ポンド

 

・D-JIG

ロッド:6.1 L

リール:スピニング2500番台 ハイギア

ライン:フロロカーボン 3ポンド
・D-JIG COVER

ロッド:6.1 L

リール:ベイトリール ハイギア

ライン:フロロカーボン 8ポンド

 

【河口湖ガイド】

https://ameblo.jp/0924-jun/theme2-10103797050.html

お気軽にお問い合わせ下さい!

お待ちしています。

 

【SNS・ブログ】

・Facebook

https://www.facebook.com/jun.satou.353
・アメーバブログ

サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!

http://profile.ameba.jp/0924-jun/

 

・Instagram

ユーザーネーム

satojun.room

http://instagram.com/satojun.room/

 

お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!

ライトキャロで攻略するGWの琵琶湖

GWにビックバスを求めて琵琶湖に行ってきました。

夏に数回しか釣りをした事がないので、この時期は初めての出船でしたので、DSTYLEプロスタッフで琵琶湖フルタイムガイドのにっしぃこと、西平さんにレクチャーしてもらいました!

 

余談ですが、何の打ち合わせも無くお揃いコーデw

これからは琵琶湖のおにぃちゃんって呼ぼうかなw

 

状況はGWのプレッシャーで中々難しいとの事。

推奨タックルは、D1 3.8インチのヘビダン・スイムジグ・ライトキャロ・ネコリグでした。

 

●1日目

朝から風があり、 河口湖では経験した事の無様な波で、途中雨風が強くなったので一時避難した前半戦は40クラス1匹、後半戦は40クラスポロポロと50UPもキャッチ成功で終了しました。

 

●2日目

この日は、1日目に釣れていたポイントを魚探のGPSマップに残していたので良かったストレッチを集中的に流すとスタート直後から40クラスポロポロと、

50UPもキャッチ!

同船者に、スイムジグがイイかもと思い昼前に投げてもらうと、一投目から

57cmがHIT!自己記録更新されました。

その後各所をランガンするも反応無く、好調なポイントへ入り直すとポロポロ釣れ続け、2日目は船中50UP×3、40~30後半多数の二桁越えでした。

 

●3日目

当初予定していなかったのですが、急遽半日勝負に!

今回釣りまくっている シェイクシャッド等のシャッドテール系の3gキャロを朝からアプローチすると直ぐにHIT!

HITカラーはウォーターメロンギルです。

 

3日目は50×1、40~30後半多数で半日ながらも船中二桁越え釣果で終了しました。

 

今回は教えてもらったレンジと、ライトキャロ等を教えてもらわなかったらこんなに充実した釣行にならなかったと思います。

そして、琵琶湖のポテンシャルの高さに改めて感動させられました!

 

今回お世話になったマリーナは、DSTYLEの夏合宿でもお世話になっている「 RUSH」さんでした。

また、RUSHさんには多数のガイドプロの方々が在籍していて、西平さんもその一人です。

 

今回、釣り方など丁寧に教えくれた、琵琶湖フルタイムガイドでDSTYLEプロスタッフの「 にっしぃガイドサービス」の西平さん!

連日のガイドでお忙しく、お疲れの中ありがとうございました。またイベントや湖上ではよろしくお願い致します。

また、今回の詳しい釣り方等は、西平さんのレポ―ト「シェイクシャッドの横の動きに高反応」に載っているので是非チェックしてみて下さい!

 

夏の琵琶湖しか知らなかったので、今回違う時期にチャレンジ出来たのはすごく良い機会でした。

また、時間が出来たら行きたいと思います。

 

【タックルデータ】

・ネコリグ

ロッド:6.1 L

リール:スピニング2500番台 ハイギア

ライン:フロロカーボン 6ポンド

 

・ライトキャロ

ロッド:6.10 L

リール:スピニング2500番台 ハイギア

ライン:フロロカーボン 6ポンド

シンカー:3g

 

・ヘビダン

ロッド:6.8ft MH

リール:ベイトリール ハイギア

ライン:16ポンド

シンカー:10g

 

【河口湖ガイド】

https://ameblo.jp/0924-jun/theme2-10103797050.html

お気軽にお問い合わせ下さい!

お待ちしています。

 

【SNS・ブログ】

・Facebook

https://www.facebook.com/jun.satou.353

 

・アメーバブログ

サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!

http://profile.ameba.jp/0924-jun/

 

・Instagram

ユーザーネーム

satojun.room

http://instagram.com/satojun.room/

 

お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!

4/21~22は三重県三瀬谷ダムで試合でした。
去年は暫定年間順位1位で迎えた第2戦の三瀬谷ダム戦。
しかし、無常にも釣れずに悔しくて辛かった去年の三瀬谷ダムでした。
初戦の河口湖戦は戦略ミスでバスを掛けるもフックアウトしAプランは失敗、Bプランのライトリグ場では入りたいタイミングでポイントに入れず・・・・・・・・・・
試合終了翌日に入りたいタイミングで入ると、

ブリブリのメスがHIT!

翌日河口湖ガイドのゲスト様にも初バスでブリブリのメスバスをキャッチしていただきました。

初戦の分かっていながらプランミスでポイントを取れなかったのもありますが、毎戦そうですが特に今年は是が非でも釣らなくてはならない第2戦に挑みました。

 

●プラクティス

プラクティスでは水温・水位・水色などを主にチェック。
時期や水温などからメスは浮いるのは予想できたので、今年もキツイ展開だとプラ初日で直感したので、とにかく手堅いパターンを見つける事に専念しました。

しかし、なかなか手堅いパターンが無く、上流へ行くと見えバスのスクールを発見。DSTYLE新製品のVIROLA(ヴィローラ)2.8インチの表層I字引でチェイスと、パワースピニングの <http://dstyle-lure.co.jp/products/d-jig-cover/> D-JIG COVER +  D1 3.8インチのテールセットでのちょうちん釣りでショートバイト、ボトム系のリアクションで一瞬かかるもフックアウト等、ある程度サイトでも反応は得られました。

他に釣れたのはギリキーパーとノンキーしか釣れずプラは終了。

前までは外しまくっているプラであれこれ悩んで本番どうしようとなり、釣具屋であれもこれも買ってしまい家計を苦しめていましたが、釣れない、または反応が悪いであろうと思った事をやり切ったのでむしろ本番のやる事はしぼれました。

 

●前日プラクティス

前プラでは春リザーバーで釣りをするのに重要なポイントでもあると思う、水位・水色・水温が前週とどれだけ違うのかをチェックと、後日どう水温が変化するかをチェックするためにある程度上流までチェックしました。

試合中水温は変化しないし、水色も落ち着くかもしれないが許容範囲と確認。

途中、見えバスを確認したり、プラより見えるギルが増えた事や、フローティングカバーに TORQUEE STRAIGHT(トルキーストレート) 3.8inchの新色のライトミミズカラーのネコリグでチェイスがありました。

バスは触れなかったが前プラ終了しました。

 

●トーナメント当日

一日目

スタート後、まずはクリークをチェック。

ノーシンカー・ネコリグ・ダウンショット・シャッドテール・ミドストなど反応が無く、見えバス居ないので移動しました。

対岸をチェックしたりカバー・フラット・ブレイクなど要所をチェックしながら下り、シェードがある程度狭くなり、散らばっていたバスがシェードに寄るタイミングでポイントに入る事に成功。

キーパーやノンキーやギルが浮いていて回遊ルートや、出現場所を確認してからのノーシンカーでアプローチ開始。

比重の違いによるフォールスピードや、ワームのシルエットの違いで反応が変る事に気付き、反応の良かったスモーク系やプロブルー系のワームで更に食わせるアクションをその場で絞り込む事は出来たのだが、なかなかキーパーはキャッチ出来ず、フォールさせるとカバー下でワームを何かが吸い込んだのが見え、フッキング直後からガンガン引きコイと確信。

2.5ポンドラインだったので時間はかかりましたが、55cm位のブリブリのコイだったので釣り上げた事によりこのラインに対する信頼は増しましたwあとスレではなくちゃんと口に掛っていました。

なんだか持っていない展開だなんて思いながらキーパーが現れたのでアプローチするも浮きゴミが邪魔で思う様にアプローチできず、 <http://dstyle-lure.co.jp/products/virola2-8/> VIROLA(ヴィローラ)2.8インチのちょうちんピクピクで一点で狙うとバイトするもフックには掛からず。

残り時間も少なくなり、会場に向かいつつ沈み物にはマイティ―ストレートのネコリグ、カバーでは TORQUEE STRAIGHT(トルキーストレート) 3.8inchのネコリグ、 Fuula(フーラ) 3inchのダウンショットで反応はあるもののキャッチには至らず終了。

 

●二日目

朝、船で会場まで向かう途中に一日目よりも減水していて、浮きゴミも増えているのでルアーにゴミが引っ掛かるので朝一からサイトを考えていた自分には不利と直感。

スタート後、前日サイトをしたポイントへエントリー成功。

朝一はシェードが広いので魚が散っているのでバスを見つけてからキャストするのではなく、広く探る作戦にシフトしました。

オープンのシェードエリアは昨日反応の良かったスモーク系やプロブルー系のワームでアプローチし、オーバーハングの下はグリパン系のノーシンカーでアプローチしました。

オープンエリアで釣れるもノンキーやMAX24cm止まり・・・・・・

オーバーハングの最奥を狙うとロッドに微かな重みがあり、オーバーハングから出すといきなりジャンプされ、三瀬谷ダムでは貴重な40アップを確認。

昨日コイを2.5ポンドで上げれたので落ち着いていつも通りやれば取れる言い聞かせ、心臓がバクバク鳴り始めたがバスはお構いなしに何回も突っ込んだが無事ネットイン出来ました。

 

その後もキーパーを釣るために続けるも、コイの乗っ込みが急に始まりポイントが潰れ移動。

ルアーローテーションしたが反応無く、その後一匹だけバスを見て終了してしまいました。


2日目は単日7位で、

総合23位でフィニッシュ。

暫定年間は43位。

残り2戦も何としても釣り、今年こそTOP50への昇格権利を獲得し来年は夢のあの舞台で戦いたいと思います。

 

【タックルデータ】

・トルキーストレート ネコリグ
ロッド:6.3 ft L
リール:ベイトリール ハイギア
ライン:12ポンド

・フーラ ダウンショットリグ
ロッド:6.4 ft UL
リール:スピニング2500番台 ハイギア
ライン:フロロカーボン 3ポンド
シンカー:0.9~1.3g

・ノーシンカーリグ
ロッド:6.4 ft UL
リール:スピニング2500番台 ハイギア
ライン:フロロカーボン 2.5ポンド

・マイティーストレート
ロッド:6.1 ft UL
リール:スピニング2500番台
ライン:フロロカーボン 2.5ポンド

・ヴィローラ
ロッド:6.1 ft L
リール:スピニング2500番台 ハイギヤ
ライン:フロロカーボン 3ポンド

 

【河口湖ガイド】
https://ameblo.jp/0924-jun/theme2-10103797050.html

お気軽にお問い合わせ下さい!
お待ちしています。

 

【SNS・ブログ】
・Facebook
https://www.facebook.com/jun.satou.353

・アメーバブログ
サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!
http://profile.ameba.jp/0924-jun/

・Instagram
ユーザーネーム
satojun.room
http://instagram.com/satojun.room/

お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!

今回も1月に初バスをキャッチ出来た流入河川へ行ってきました。
初バス以降、雪が降ったり相変わらず寒波の影響で寒い日が続ていていましたが、今回の釣行前日は少し気温も上がり、この日も気温が上がる予報で、「もしかしたら釣れるのでは!? 」と淡い期待を胸に前日から用意をしました。
コンディションの良いバスは浮いていると思い持って行くルアーも、ミノー・ジャークベイト・各レンジ別シャッド・小型クランクと、スピニングでミドスト、それとダウンショットやスモラバ等にベイトフィネスを用意しました。

この日も早朝からスタート。朝は寒いせいか周りにへら師やバサーは居なく貸し切り状態。
地面に霜が降りているが水面には氷が張って無く前回と違い攻め放題!・・・・・・・・と思いきや減水と、ピーク時よりは回復していると思われるが、前回の雪の影響と思われる白濁りが入っていました。

目ぼしいポイントに行くも魚っ気が無く、「少し暖かいから釣り人のやる気が上がっただけで意外と釣れない日か」、と早くも弱気に・・・・

朝からシャッドを巻くとボトムタッチするよりも上のレンジでコイにルアーがぶつかったり、釣れているヘら師さんの浮き下を見ると浅い棚を狙って居る人を見かけました。

これをヒントに、基本護岸であまり良いカバーも無くシャローが続くフィールドなので、アウトサイド・インサイ・水門・縦スト(橋脚・杭)をミノー・シャッド・時々ライトリグで流しましたがバイトなど無く、薄暗い時間から始めたのにあっという間の11時前に。

僕の中では11時は釣れる時間(時合)だと思っているので、この日の朝にブレイクのちょっと上に何かまでは分かりませんが、レイダウン?引っ掛かり?の1m位の変化を見つけたので11時はそこでチャンスを待とうと移動しました。

ポイントは絞ったので、Fuula(フーラ)3インチ  グリーンパンプキン・ディープブルーフレークカラーの3.5gダウンショットで変化を端から端まで攻めるも反応無く、今度は引っかけてシェイクで寄せハングオフで食わせる様に狙うとハングオフ後何か重たいけど引かない・・・・!?

でも・・・・
念のためにフッキングすると、いきなりトルクフルなファイトに豹変。

上がって来たのは前回よりも少し大きく、この時期なのに腹の出たもコンディションの良い40upをキャッチ!

体色は思ったよりも白くありませんが、
唇は赤く冬の感じ。



フィールドにもよりますが、越冬場で固まって居るバスをリアクションやライトリグで釣るのも手ですが、冬でも動くバスをどう釣るかはボートフィッシングにも繋がるし、トーナメントではその場所からいかにバスをキャッチするかも重要で、今回はその練習に繋げられたと思います。

もちろん0 or 1 ゲームなので厳しいですが、必ずハイシーズンに繫がる修行法だと思います。

そしてFuula!

リーチ系はクリアウォーターで出番が多いのは事実ですが、この日も先行者が攻めた後にエントリーしたのですが、何とかキャッチさせてくれました。
去年は日本のマッディーウォーターに代表される霞ヶ浦でもFuulaでバスをキャッチしています。

クリアウォーターでもマッディーウォーターでグリーンパンプキンペッパーは定番で釣れますが、もしこのレポートを読んでグリーンパンプキン・ディープブルーフレークを使った事が無い方が居たら是非買って使ってみて見てください!

実際ハゼやエビの目の色って黒に見えますが、角度によっては・・・・
答えは水槽やフィールドで確かめてみて下さい!

 

【タックルデータ】
・Fuula ダウンショット
ロッド:6.3 ft L
リール:ベイトリール ハイギア
ライン:8ポンド

【河口湖ガイド】
https://ameblo.jp/0924-jun/theme2-10103797050.html
お気軽にお問い合わせ下さい!
お待ちしています。

【SNS・ブログ】

・Facebook
https://www.facebook.com/jun.satou.353

・アメーバブログ
サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!
http://profile.ameba.jp/0924-jun/

・Instagram
ユーザーネーム
satojun.room
http://instagram.com/satojun.room/

お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!

一月中旬に、一級河川の支流へ初バスを求めてオカッパリへ行ってきました。

この日は気温が上がる予報で、週間予報でも比較的に暖かい日が続いていたので「釣れるのでは!?」と淡い期待を胸にフィールドに着くと、水面には氷が・・・・・

打ちたかったストラクチャー周りには氷が張っていてルアーが入らず、歩き続けると不思議と本命ポイントには同じシャローでも氷が張っていませんでした。

周りより少し水深があるので冷え切らず氷が張らなかったのかもしれません。

水中にはレイダウンがあり、カバーに強くヘッドがコンパクトでライトウエイトでも奥の奥まで攻めてくれるD-JIG COVERの1.8g ライトスモークに、D-JIGと相性抜群のD1 2.2インチ シナモンブルーフレークをキャスト。

マッディーウォーターなのでレイダウンは見えませんが、ゆっくりシェクしながら枝を一本一本乗り越え、出来るだけ跳ねさせずタイトに落としてくと小さく

「コッ」

と反応が!

ショートバイトが過ぎったので一呼吸置いてからのフッキング。

フッキング後レイダウンに突っ込もうとされたので一気に引きはがし何とかキャッチ!

寒くて丸まってしまってますが、お腹の出たコンディションの良い40UP!

プチ情報なのですが、冬は代謝が落ちるから白くなるって聞いた事が有ります。

フッキングを少し遅らせたのもありますが、やはりライトウエイトのお蔭で冬でもしっかりと口の中でした!

初バスをキャッチ出来たのは、D-JIG COVERをライトにしたのとトレーラーにもこだわりがあり、キャストのしやすさやボトムを取るだけなら高比重のトレーラーでも良かったのですが、出来るだけコンパクトなシルエットで自重を軽くし、吸い込みやすくしてあげる事により少しでも口の中に入る様にしたのが狙でした。

また、重たい物を使うと繊細なアクションを出しにくいのと、ボトムなどに引っかかり過ぎて外す時に飛び過ぎてしまいミスバイトや寄って来たバスから逃がし過ぎる場合があるのでこのセッティングにしました。

極寒期は一ヶ所を丁寧に時間をかけて攻める事が多いのでこのセッティングはおススメです!

●D-JIG COVER
http://dstyle-lure.co.jp/products/d-jig-cover/

●D1 2.2インチ
http://dstyle-lure.co.jp/products/hello-world/

チャンスが少ない極寒期は小さな差が釣果に大きく左右するので是非参考にしてみて下さい。

【タックルデータ】
・D-JIG
ロッド:6.3 ft L
リール:ベイトリール ハイギア
ライン:8ポンド

【河口湖ガイド】
https://ameblo.jp/0924-jun/theme2-10103797050.html
お気軽にお問い合わせ下さい!
お待ちしています。

【SNS・ブログ】
・Facebook
https://www.facebook.com/jun.satou.353

・アメーバブログ
サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!
http://profile.ameba.jp/0924-jun/

・Instagram
ユーザーネーム
satojun.room
http://instagram.com/satojun.room/

お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!

今年最後のレポートになるので、12月の釣行と2017年のまとめになります。
先ずは、爆弾寒波が到来し、寒くて風も強かった日の釣行から。

この日は朝から風が強く、気温もマイナスでレイダウンには無数のツララが。
レンタルボートのセッティングを済ませ出船。
本湖ディープをチェックすると、

この水系で最も深いと思われるポイント発見。

ベイト(赤丸)も絡み、最深部のポイントも2ヶ所ほどに絞り込め、日に日に寒くなり爆弾寒波が来ていたので食わせはキツイと思い、リアクション狙いのメタルバイブのリフト&フォールで狙うも波が高くローボートでは危険なので風裏へ。

移動先は普段風裏で風の影響を受けづらいポイントなのですが、この日は風が吹き抜け思い通りにさせてもらえず・・・・

おまけに日が昇っても直ぐにガイドが氷ってしまい、ミドストをしたくてもさせてもらえない状況で、エレキで進むと波に当たり水しぶきが船内に入り、足元に溜まった水は気付けばツルツルに凍り落水しかねないので初めて釣りに行って長目の休憩を取る事に。

お昼過ぎまで休憩を余儀なくされましたが午後以降は風も弱まり出船出来ました。

終了間際まで粘りましたがバイトも無く終わってしまいました。

少しディープにこだわり過ぎてしまったのがノーフィッシュになってしまったのだと思います。

年内にオカッパリでも良いからリベンジ出来ればと。

続いて霞方面に用事があったので、北浦の潮来マリーナ内にある、初フィールド「富士見池」に短時間でしたがお邪魔しました。

こちらも爆弾寒波により水温が一気に下がりここ数日渋い状況との事・・・・・

今回は冬の定番メタルバイブ・シャッドや、初場所なのでルアーロストも恐いので、スナッグレスが高く、極薄ブレードはスローロールでもしっかり回るD-SPIKERで広範囲にサーチし、アシにはこちらもスナッグレス性の高いD-JIGカバー(3.3g) +シェイクシャッド3インチ、深場をスローにD-JIG(1.8g) +グラブのズル引きで攻めました。

D-SPIKERで杭・マンメンドを流し、メタルで深場を探し、シャッドでブレイクを見つけ、「ココ!」と思うポイントでD-JIGズル引きでスローに誘うとサクッサクッと釣れましたが日の出てる暖かいタイミングでは釣れたのですが風が吹き、雲が出ると中々反応が無くなってしまったのでメタルバイブでテンポ良くアプローチするもタイムアップ。

後日放流だったらしく、行くのがちょっと早かったみたいですが、行ってサクッと釣れるのも魅力ですよね。

釣り納にちょこっと行ってみては!?

そして2017年を少し振り返ると、まずはマスターズ初戦での優勝!

見事にスタートダッシュは決めたものの、クラシック出場・TOP50昇格などいつも頭を過ぎり、動きたい所で動けなかったり、判断を誤ったりと反省を多く残したマスターズシリーズでした。

しかし、この優勝のおかげで念願のバスボートを手に入れ、河口湖ガイドを開始する事が出来ました。

また色々なご縁があり、サトジュンがラジオ出演!

一時間番組だったのですが、あっという間で話したりない位でした。

他にも新たなスポンサーとして河口湖にあるボートメカニック

「さざなみ」にスポンサードして頂けたり、初相模湖でブリブリバスをキャッチ出来たり、JB2霞ヶ浦出場・アメドリ出場・横浜FSのDSTYLEブースのお手伝い等、書ききれない位の経験を今年も釣りを通してさせて頂きました。

来年も今年以上に行動し、ガイド業をもっと充実させ、目標のTOP50へ虎視眈々と狙っていきます!

【タックルデータ】

・D-JIG
ロッド:6.3 ft L
リール:ベイトリール ハイギア
ライン:8ポンド

・D-SPIKER
ロッド:6.8ft M
リール:ベイトリール ノーマルギア
ライン:12ポンド


【河口湖ガイド】

https://ameblo.jp/0924-jun/theme2-10103797050.html
お気軽にお問い合わせ下さい!
お待ちしています。

【SNS・ブログ】

・Facebook
https://www.facebook.com/jun.satou.353

・アメーバブログ
サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!
http://profile.ameba.jp/0924-jun/

・Instagram
ユーザーネーム
satojun.room
http://instagram.com/satojun.room/

お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!

日照時間が短くなり、寒さも厳しく水温も見る見るうちに下がり、シャローの生命感が消えていく様な状況でした。

この日のプランは、冷え込みがキツくボトムにバスが居る場合は、メタルやフーラ・シェイクシャッドのDSシューティングと、ターンがキツくライトリグでは弱いならディープクランクやD-スパイカーなどをメインに周ろうと思いフィールへ向かいました。

今回は久しぶりにローボートをレンタルしての出船!
レンタルボートには霜が降り、ツルツルで準備に一苦労でした。

準備中に日が昇り始め、出船する頃には蒸気霧で真っ白に・・・・
なので「気温は低いが、水温は意外とまだ高いのでは!?」と思い水温を見ると

11℃台・・・・・・・

思ったよりも水温が低く、おまけにターンオーバーが治まっておらず水は茶色に濁り、船が通った後には気泡が残る有り様。「水温が下がり続け、ターンによる水質の悪化」と出船して直ぐにタフだなぁと弱気になってしまいました。

本湖のディープへ行こうとしたのですが、写真よりも霧が濃くなり、やむを得ずショアが見える範囲しかできず、モーニングタイムは終了。

出船経験が数回の為に地形などはほぼ分からず、魚探と岸を見てバスやワカサギが溜まって居る様なポイントをランガンするも、反応はイマイチ・・・・

大きく移動し名前も分からないポイントだが、地形変化に残りウィードがまだあり、ブレイクの下にはワカサギが回遊しているポイントを発見!!

魚探を睨みつつ、ワカサギが大きいのでFuula 3インチ(カラー:ワカサギ)・1.3gのダウンショットリグのスイミングでウィード付近をサーチすると、ミドストで釣れるような重くなるだけのバイトが!

グイグイ潜るので慎重にやり取りすると上がってきたのはナイスな40UP!

このフィールドではあまり大きなサイズのバスも見ないし、釣った事が無かったのでビッツクリ!

寒くても浅場に居るバスはやはりサイズがいいです。

写真だと少し暗く写っていますが、口を見てみると
まっ赤で冬バスの口でした。

以前7月に釣れたバスの口と見比べてもらえると分かりやすいかと。

釣れた時間はお昼前なので水温上昇がキーと感じ、本湖のウィードエリアへ行くと、

ウィードの上に魚の反応(3mラインがウィードで、赤丸が魚です)があるのでD-スパイカーで通すも反応が無かったので、スピナベより水押の強いクランクを通すもやはりイマイチ・・・・

40UPも寒くてスローが良いのでは?思いアプローチしたので巻き物を止め、D-JIG(ブラック/ブルー・1.3g)に3インチシュリンプ系(ブラック/レッドフレーク)トレーラをセット。D-JIG 1.3gにしたのはスローにアプローチしたいため。シュリンプ系トレーラーをセレクトしたのは、高比重・シルエット・扁平ボディーで垂直フォールにベストな為です。

カラーが両方ともブラック系なのはターンによるニゴリの中でシルエットを目立たせるため。

ウィードトップ目がけてキャストすると、フォール中に「コッ」とバイト!

サイズは30UP位のアベレージでしたが、自分のイメージ通りで一投目に来たバスは、サイズに関わらず嬉しい!ゲームフィッシング楽しい!

その後も時間一杯回りましたが終了してしまいました。

やはり今回もワカサギレイクではフーラが欠かせませんでした!

ライトカバー周りはD-JIGが優等生なのでベスト。過去にスモラバで12月27日位に河口湖のドシャローで50UP釣った事が有ります!スモラバもフィールドにお忘れなく。

まだまだ魚が釣りたいので今年も残り少なですが、12月でもバス・ワカサギ・ソルト・トラウトと、ガンガン出かけたいと思います!

【タックルデータ】

・ダウンショットリグ
ロッド:6.1 UL
リール:スピニング2500番台 ハイギア
ライン:フロロカーボン 3ポンド
シンカー:1.3g

・D-JIG
ロッド:6.1 L
リール:スピニング2500番台 ハイギヤ
ライン:フロロカーボン 3ポンド

・D-SPIKER
ロッド:6.8ft M
リール:ベイトリール ノーマルギア
ライン:12ポンド

 

【河口湖ガイド】
https://ameblo.jp/0924-jun/theme2-10103797050.html
お気軽にお問い合わせ下さい!
お待ちしています。

【SNS・ブログ】
・Facebook
https://www.facebook.com/jun.satou.353

・アメーバブログ
サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!
http://profile.ameba.jp/0924-jun/

・Instagram
ユーザーネーム
satojun.room
http://instagram.com/satojun.room/

お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!

少し前からの状況の話しになります。

朝と日中の寒暖差があり水温も下がり始め、減水とターンオーバーが日に日に進行してた河口湖。

主に捕食しているベイトは近年河口湖のメインベイトになるまで増えたワカサギです。

ワカサギも夏場の高水温を避けてディープに落ちていたのですが、水温低下に伴い行動範囲が広がり時にはボトムから水面まで湧いてくる程でした。

それに付くバスは移動速度も早く、ワカサギに付き回遊している事もしばしば。

その様なバスはなかなか釣りにくく、試合やガイドではワカサギ回遊ポイントの近くの地形変化とウィードをポークのダウンショットで狙う事が多く、いつもは1.8g位のシンカーを選ぶのですが、この時は1.3gのシンカーをセレクトし、ウィード周辺でスイミングすると厳しいながらもノンキーからキーパーがポツポツと釣れました。

いつものようにウィードに引っかけシェイクするのではなく、ウィードの上を上手く泳がすとHITする感じで、横の動きが好きなようだったので、浅くウィードトップを引きたいエリア(浅川・白洲・漕艇・ハワイ~広瀬・鵜の島東・戸沢~大石・長浜など)ではD-BLADEで素早くサーチし、少し深いエリアやアピール力を上げたい時にはD-SPIKERをチョイスし、ポイントによりルアーセレクトを変えました。

こちらはガイド中にHITした50UP!

ターンオーバーで水が濁り、この時期などに有効なカラーのキンクロやアユ。クリアレイクでも必ず必要な時があるカラーです。

そして、この日はD-SPIKERのみで50・40UPをキャッチしました。

また、選手権のプラクティスでもD-SPIKERで連日キャッチできたので巻きのメインパターンにしました。

本番は台風の影響で大幅な増水と水質が変化し、キンクロやアユでは弱いと感じ、ディープや濁りの中などシルエットをはっきりさせたい時に使うブラックブルーバックに変更。数投前にアユで通したポイントで「ガツン」とバイトがあるも掛からず一日目は終了してしまいました。

二日目はショートバイトでも掛かるようにクランクなど織り交ぜてサーチするも反応が無く、ブラックブルーバックに戻し流すとバイトがあるもののやはりかからず、終了間際までキャストし続けたのですが終了してしまいました。

11月頭の現在は濁りが一時期よりも落ち着いてはいるのですが増水は続いています。

ブラックブルーバック・キンクロ・アユも鉄板カラーなのですが、濁りが治まってきたらイベント限定カラーのゴールドシャッドがおススメです!
シルバーとゴールドのコンビネーションブレード&スカートで、ベイトを追っているバスにはオールシーズンおススメです。



イベントだと、トルキーストレート4.8インチミミパンが人気ですが、こちらのカラーもクリア~マッディーウォーターまでいけるナチュラル系です。
イベント時には是非チェックしてください。

【タックルデータ】
・D-BLADE・D-SPIKER
ロッド:6.8ft M
リール:ベイトリール ノーマルギア
ライン:12ポンド




【河口湖ガイド】
https://ameblo.jp/0924-jun/theme2-10103797050.html
お気軽にお問い合わせ下さい!
お待ちしています。

【SNS・ブログ】
・Facebook
https://www.facebook.com/jun.satou.353

・アメーバブログ
サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!
http://profile.ameba.jp/0924-jun/

・Instagram
ユーザーネーム
satojun.room
http://instagram.com/satojun.room/

お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!

真夏8月の河口湖!

河口湖A戦のプラクティスの為に数日浮きました。

_20170829_201329

↑夏の風物詩!?ゲリラ豪雨の写真です。

 

この時の河口湖のコンディションは、水温29℃で雨予報はあるものの、全然降らず減水が進み、航行が危険なエリアがあるほどです。

そんな高水温・減水のタフな中、主に02.5mのシャローのウィードエリアで、レゼルブが好調だったのでその時のレポートになります。

 

朝一は白洲に入り風の流れるポイントを流すと早々にHIT

DSC_1260

レゼルブのカラーは「スポーンギル」。

他には鵜の島の東エリアでも、

_20170829_195814

HIT

他にもランガンし、

_20170829_195936

この日は40UP×2本と他4バイト3キャッチと、レゼルブでリミットとハマった日でした。

ゆっくりただ巻きでも良いのですが、アクションのキモは、シェイクしながらパタパタと動かし、移動距離を抑えるとバスが 「ボコッ」と食べてくれます。

また別の日も練習に出て、朝9時以降出船だったのと、風が弱かったせいか、レゼルブでは1本でしたが、

_20170829_195747

D-JIG 1.3gのスモーク/シルバーで、シャローに居40UPのバスをサイトで(写真左のバス)キャッチしました。

DSC_1272

他には得意のフットボールジグでキャッチし、プラクティスを終了しました。

 

 

●河口湖A戦本番

前日プラクティスではオフリミット期間中にローライトと雨の影響で水温が3℃も下がっていてポジションも、魚探の映像も変わってしまい大苦戦・・・・・・

そんな中、ダウンショットのミドストでかなりの大物を掛けるもフックアウトしていまいました。あまりのデカさと、あっけなくやられてしまったので、少し放心状態になってしまったほどに

朝一はそのバスを仕留めるために行くもノンキーの嵐で移動。

ローライトで風もあったので、ミドストでミドルを攻めつつトップ・ジグ・D-スパイカーなど強めの釣りを織り交ぜるもキーパーからの反応無く、各所でノンキーをキャッチ。

ふと、ジャークベイトパターンを思い出しランガンするとあと一歩の所事でHITしなったのですが、良い時は45匹のバスがジャークベイトを奪い合うように船べりまで来た時は興奮しました。

結果キーパーサイズに届くバスは釣れず終了してしまいました。

 

 

最後にレゼルブのタックルの話です。

_20170829_212600

アフターまでのレゼルブタックルは、

ロッド:6.10 L

リール:スピニング2500番台

PE0.6

リーダー:フロロカーボン 3.5ポンド

と、他のI字系と併用のタックルだったので、このセッティングでしたが、今はウィードも生え、ファイト中ウィードに突っ込まれたり、所々水面まで延び切れて浮いているのもあるので、ロッドを煽り切ったりするのに前回のタックルでは弱く、今僕が使っているのは、

ロッド:6.4 ML

リール:スピニング2500番台 ハイギア

PE0.6

のセッティングに落ち着いています。

MLのロッドにする事によりウィードを切り、バスの主導権を与えないパワーとハイギアのリールで一気に引きずり出します。レゼルブとPEは直結で使っており、ダイレクトな操作感と、ウィードを遠くで切る時には直結の方がやりやすく自分には合っていました。

バズや他のトップでアプローチして反応しない時は、アクションが早すぎる時があるのでレゼルブのようなスローな小型トップがハマる瞬間が多々あるので是非試してみて下さい!

 

 

【タックルデータ】

D-JIG

ロッド:61 L

リール:スピニング2500番台 ハイギア

ライン:フロロカーボン 3ポンド

 

 

Facebook

https://www.facebook.com/jun.satou.353

 

・アメーバブログ

サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!

http://profile.ameba.jp/0924-jun/

 

Instagram

ユーザーネーム

satojun.room

http://instagram.com/satojun.room/

 

 

お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!

 


1 / 3123