DSTYLE

REPORTレポート

佐藤旬

ニックネーム:サトジュン
生年月日:1988年9月24日
出身:埼玉県 居住地:河口湖
身長:178cm

所属:JBマスターズ JBⅡ河口湖
ゼッケン:マスターズ100 JBⅡ河口湖1
メインフィールド:河口湖
得意なスタイル:フットボールジグ
釣り以外の趣味:映画、動物鑑賞、旅行
自分の性格:頑固、負けず嫌い、時々マイペース
ライバル:TOP50選手全員
夢:日本と中国のNo1!!
格言:為せば成る。為さねば成らぬ何事も。

ライトキャロで攻略するGWの琵琶湖

GWにビックバスを求めて琵琶湖に行ってきました。

夏に数回しか釣りをした事がないので、この時期は初めての出船でしたので、DSTYLEプロスタッフで琵琶湖フルタイムガイドのにっしぃこと、西平さんにレクチャーしてもらいました!

 

余談ですが、何の打ち合わせも無くお揃いコーデw

これからは琵琶湖のおにぃちゃんって呼ぼうかなw

 

状況はGWのプレッシャーで中々難しいとの事。

推奨タックルは、D1 3.8インチのヘビダン・スイムジグ・ライトキャロ・ネコリグでした。

 

●1日目

朝から風があり、 河口湖では経験した事の無様な波で、途中雨風が強くなったので一時避難した前半戦は40クラス1匹、後半戦は40クラスポロポロと50UPもキャッチ成功で終了しました。

 

●2日目

この日は、1日目に釣れていたポイントを魚探のGPSマップに残していたので良かったストレッチを集中的に流すとスタート直後から40クラスポロポロと、

50UPもキャッチ!

同船者に、スイムジグがイイかもと思い昼前に投げてもらうと、一投目から

57cmがHIT!自己記録更新されました。

その後各所をランガンするも反応無く、好調なポイントへ入り直すとポロポロ釣れ続け、2日目は船中50UP×3、40~30後半多数の二桁越えでした。

 

●3日目

当初予定していなかったのですが、急遽半日勝負に!

今回釣りまくっている シェイクシャッド等のシャッドテール系の3gキャロを朝からアプローチすると直ぐにHIT!

HITカラーはウォーターメロンギルです。

 

3日目は50×1、40~30後半多数で半日ながらも船中二桁越え釣果で終了しました。

 

今回は教えてもらったレンジと、ライトキャロ等を教えてもらわなかったらこんなに充実した釣行にならなかったと思います。

そして、琵琶湖のポテンシャルの高さに改めて感動させられました!

 

今回お世話になったマリーナは、DSTYLEの夏合宿でもお世話になっている「 RUSH」さんでした。

また、RUSHさんには多数のガイドプロの方々が在籍していて、西平さんもその一人です。

 

今回、釣り方など丁寧に教えくれた、琵琶湖フルタイムガイドでDSTYLEプロスタッフの「 にっしぃガイドサービス」の西平さん!

連日のガイドでお忙しく、お疲れの中ありがとうございました。またイベントや湖上ではよろしくお願い致します。

また、今回の詳しい釣り方等は、西平さんのレポ―ト「シェイクシャッドの横の動きに高反応」に載っているので是非チェックしてみて下さい!

 

夏の琵琶湖しか知らなかったので、今回違う時期にチャレンジ出来たのはすごく良い機会でした。

また、時間が出来たら行きたいと思います。

 

【タックルデータ】

・ネコリグ

ロッド:6.1 L

リール:スピニング2500番台 ハイギア

ライン:フロロカーボン 6ポンド

 

・ライトキャロ

ロッド:6.10 L

リール:スピニング2500番台 ハイギア

ライン:フロロカーボン 6ポンド

シンカー:3g

 

・ヘビダン

ロッド:6.8ft MH

リール:ベイトリール ハイギア

ライン:16ポンド

シンカー:10g

 

【河口湖ガイド】

https://ameblo.jp/0924-jun/theme2-10103797050.html

お気軽にお問い合わせ下さい!

お待ちしています。

 

【SNS・ブログ】

・Facebook

https://www.facebook.com/jun.satou.353

 

・アメーバブログ

サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!

http://profile.ameba.jp/0924-jun/

 

・Instagram

ユーザーネーム

satojun.room

http://instagram.com/satojun.room/

 

お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!

4/21~22は三重県三瀬谷ダムで試合でした。
去年は暫定年間順位1位で迎えた第2戦の三瀬谷ダム戦。
しかし、無常にも釣れずに悔しくて辛かった去年の三瀬谷ダムでした。
初戦の河口湖戦は戦略ミスでバスを掛けるもフックアウトしAプランは失敗、Bプランのライトリグ場では入りたいタイミングでポイントに入れず・・・・・・・・・・
試合終了翌日に入りたいタイミングで入ると、

ブリブリのメスがHIT!

翌日河口湖ガイドのゲスト様にも初バスでブリブリのメスバスをキャッチしていただきました。

初戦の分かっていながらプランミスでポイントを取れなかったのもありますが、毎戦そうですが特に今年は是が非でも釣らなくてはならない第2戦に挑みました。

 

●プラクティス

プラクティスでは水温・水位・水色などを主にチェック。
時期や水温などからメスは浮いるのは予想できたので、今年もキツイ展開だとプラ初日で直感したので、とにかく手堅いパターンを見つける事に専念しました。

しかし、なかなか手堅いパターンが無く、上流へ行くと見えバスのスクールを発見。DSTYLE新製品のVIROLA(ヴィローラ)2.8インチの表層I字引でチェイスと、パワースピニングの <http://dstyle-lure.co.jp/products/d-jig-cover/> D-JIG COVER +  D1 3.8インチのテールセットでのちょうちん釣りでショートバイト、ボトム系のリアクションで一瞬かかるもフックアウト等、ある程度サイトでも反応は得られました。

他に釣れたのはギリキーパーとノンキーしか釣れずプラは終了。

前までは外しまくっているプラであれこれ悩んで本番どうしようとなり、釣具屋であれもこれも買ってしまい家計を苦しめていましたが、釣れない、または反応が悪いであろうと思った事をやり切ったのでむしろ本番のやる事はしぼれました。

 

●前日プラクティス

前プラでは春リザーバーで釣りをするのに重要なポイントでもあると思う、水位・水色・水温が前週とどれだけ違うのかをチェックと、後日どう水温が変化するかをチェックするためにある程度上流までチェックしました。

試合中水温は変化しないし、水色も落ち着くかもしれないが許容範囲と確認。

途中、見えバスを確認したり、プラより見えるギルが増えた事や、フローティングカバーに TORQUEE STRAIGHT(トルキーストレート) 3.8inchの新色のライトミミズカラーのネコリグでチェイスがありました。

バスは触れなかったが前プラ終了しました。

 

●トーナメント当日

一日目

スタート後、まずはクリークをチェック。

ノーシンカー・ネコリグ・ダウンショット・シャッドテール・ミドストなど反応が無く、見えバス居ないので移動しました。

対岸をチェックしたりカバー・フラット・ブレイクなど要所をチェックしながら下り、シェードがある程度狭くなり、散らばっていたバスがシェードに寄るタイミングでポイントに入る事に成功。

キーパーやノンキーやギルが浮いていて回遊ルートや、出現場所を確認してからのノーシンカーでアプローチ開始。

比重の違いによるフォールスピードや、ワームのシルエットの違いで反応が変る事に気付き、反応の良かったスモーク系やプロブルー系のワームで更に食わせるアクションをその場で絞り込む事は出来たのだが、なかなかキーパーはキャッチ出来ず、フォールさせるとカバー下でワームを何かが吸い込んだのが見え、フッキング直後からガンガン引きコイと確信。

2.5ポンドラインだったので時間はかかりましたが、55cm位のブリブリのコイだったので釣り上げた事によりこのラインに対する信頼は増しましたwあとスレではなくちゃんと口に掛っていました。

なんだか持っていない展開だなんて思いながらキーパーが現れたのでアプローチするも浮きゴミが邪魔で思う様にアプローチできず、 <http://dstyle-lure.co.jp/products/virola2-8/> VIROLA(ヴィローラ)2.8インチのちょうちんピクピクで一点で狙うとバイトするもフックには掛からず。

残り時間も少なくなり、会場に向かいつつ沈み物にはマイティ―ストレートのネコリグ、カバーでは TORQUEE STRAIGHT(トルキーストレート) 3.8inchのネコリグ、 Fuula(フーラ) 3inchのダウンショットで反応はあるもののキャッチには至らず終了。

 

●二日目

朝、船で会場まで向かう途中に一日目よりも減水していて、浮きゴミも増えているのでルアーにゴミが引っ掛かるので朝一からサイトを考えていた自分には不利と直感。

スタート後、前日サイトをしたポイントへエントリー成功。

朝一はシェードが広いので魚が散っているのでバスを見つけてからキャストするのではなく、広く探る作戦にシフトしました。

オープンのシェードエリアは昨日反応の良かったスモーク系やプロブルー系のワームでアプローチし、オーバーハングの下はグリパン系のノーシンカーでアプローチしました。

オープンエリアで釣れるもノンキーやMAX24cm止まり・・・・・・

オーバーハングの最奥を狙うとロッドに微かな重みがあり、オーバーハングから出すといきなりジャンプされ、三瀬谷ダムでは貴重な40アップを確認。

昨日コイを2.5ポンドで上げれたので落ち着いていつも通りやれば取れる言い聞かせ、心臓がバクバク鳴り始めたがバスはお構いなしに何回も突っ込んだが無事ネットイン出来ました。

 

その後もキーパーを釣るために続けるも、コイの乗っ込みが急に始まりポイントが潰れ移動。

ルアーローテーションしたが反応無く、その後一匹だけバスを見て終了してしまいました。


2日目は単日7位で、

総合23位でフィニッシュ。

暫定年間は43位。

残り2戦も何としても釣り、今年こそTOP50への昇格権利を獲得し来年は夢のあの舞台で戦いたいと思います。

 

【タックルデータ】

・トルキーストレート ネコリグ
ロッド:6.3 ft L
リール:ベイトリール ハイギア
ライン:12ポンド

・フーラ ダウンショットリグ
ロッド:6.4 ft UL
リール:スピニング2500番台 ハイギア
ライン:フロロカーボン 3ポンド
シンカー:0.9~1.3g

・ノーシンカーリグ
ロッド:6.4 ft UL
リール:スピニング2500番台 ハイギア
ライン:フロロカーボン 2.5ポンド

・マイティーストレート
ロッド:6.1 ft UL
リール:スピニング2500番台
ライン:フロロカーボン 2.5ポンド

・ヴィローラ
ロッド:6.1 ft L
リール:スピニング2500番台 ハイギヤ
ライン:フロロカーボン 3ポンド

 

【河口湖ガイド】
https://ameblo.jp/0924-jun/theme2-10103797050.html

お気軽にお問い合わせ下さい!
お待ちしています。

 

【SNS・ブログ】
・Facebook
https://www.facebook.com/jun.satou.353

・アメーバブログ
サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!
http://profile.ameba.jp/0924-jun/

・Instagram
ユーザーネーム
satojun.room
http://instagram.com/satojun.room/

お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!

今回も1月に初バスをキャッチ出来た流入河川へ行ってきました。
初バス以降、雪が降ったり相変わらず寒波の影響で寒い日が続ていていましたが、今回の釣行前日は少し気温も上がり、この日も気温が上がる予報で、「もしかしたら釣れるのでは!? 」と淡い期待を胸に前日から用意をしました。
コンディションの良いバスは浮いていると思い持って行くルアーも、ミノー・ジャークベイト・各レンジ別シャッド・小型クランクと、スピニングでミドスト、それとダウンショットやスモラバ等にベイトフィネスを用意しました。

この日も早朝からスタート。朝は寒いせいか周りにへら師やバサーは居なく貸し切り状態。
地面に霜が降りているが水面には氷が張って無く前回と違い攻め放題!・・・・・・・・と思いきや減水と、ピーク時よりは回復していると思われるが、前回の雪の影響と思われる白濁りが入っていました。

目ぼしいポイントに行くも魚っ気が無く、「少し暖かいから釣り人のやる気が上がっただけで意外と釣れない日か」、と早くも弱気に・・・・

朝からシャッドを巻くとボトムタッチするよりも上のレンジでコイにルアーがぶつかったり、釣れているヘら師さんの浮き下を見ると浅い棚を狙って居る人を見かけました。

これをヒントに、基本護岸であまり良いカバーも無くシャローが続くフィールドなので、アウトサイド・インサイ・水門・縦スト(橋脚・杭)をミノー・シャッド・時々ライトリグで流しましたがバイトなど無く、薄暗い時間から始めたのにあっという間の11時前に。

僕の中では11時は釣れる時間(時合)だと思っているので、この日の朝にブレイクのちょっと上に何かまでは分かりませんが、レイダウン?引っ掛かり?の1m位の変化を見つけたので11時はそこでチャンスを待とうと移動しました。

ポイントは絞ったので、Fuula(フーラ)3インチ  グリーンパンプキン・ディープブルーフレークカラーの3.5gダウンショットで変化を端から端まで攻めるも反応無く、今度は引っかけてシェイクで寄せハングオフで食わせる様に狙うとハングオフ後何か重たいけど引かない・・・・!?

でも・・・・
念のためにフッキングすると、いきなりトルクフルなファイトに豹変。

上がって来たのは前回よりも少し大きく、この時期なのに腹の出たもコンディションの良い40upをキャッチ!

体色は思ったよりも白くありませんが、
唇は赤く冬の感じ。



フィールドにもよりますが、越冬場で固まって居るバスをリアクションやライトリグで釣るのも手ですが、冬でも動くバスをどう釣るかはボートフィッシングにも繋がるし、トーナメントではその場所からいかにバスをキャッチするかも重要で、今回はその練習に繋げられたと思います。

もちろん0 or 1 ゲームなので厳しいですが、必ずハイシーズンに繫がる修行法だと思います。

そしてFuula!

リーチ系はクリアウォーターで出番が多いのは事実ですが、この日も先行者が攻めた後にエントリーしたのですが、何とかキャッチさせてくれました。
去年は日本のマッディーウォーターに代表される霞ヶ浦でもFuulaでバスをキャッチしています。

クリアウォーターでもマッディーウォーターでグリーンパンプキンペッパーは定番で釣れますが、もしこのレポートを読んでグリーンパンプキン・ディープブルーフレークを使った事が無い方が居たら是非買って使ってみて見てください!

実際ハゼやエビの目の色って黒に見えますが、角度によっては・・・・
答えは水槽やフィールドで確かめてみて下さい!

 

【タックルデータ】
・Fuula ダウンショット
ロッド:6.3 ft L
リール:ベイトリール ハイギア
ライン:8ポンド

【河口湖ガイド】
https://ameblo.jp/0924-jun/theme2-10103797050.html
お気軽にお問い合わせ下さい!
お待ちしています。

【SNS・ブログ】

・Facebook
https://www.facebook.com/jun.satou.353

・アメーバブログ
サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!
http://profile.ameba.jp/0924-jun/

・Instagram
ユーザーネーム
satojun.room
http://instagram.com/satojun.room/

お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!

一月中旬に、一級河川の支流へ初バスを求めてオカッパリへ行ってきました。

この日は気温が上がる予報で、週間予報でも比較的に暖かい日が続いていたので「釣れるのでは!?」と淡い期待を胸にフィールドに着くと、水面には氷が・・・・・

打ちたかったストラクチャー周りには氷が張っていてルアーが入らず、歩き続けると不思議と本命ポイントには同じシャローでも氷が張っていませんでした。

周りより少し水深があるので冷え切らず氷が張らなかったのかもしれません。

水中にはレイダウンがあり、カバーに強くヘッドがコンパクトでライトウエイトでも奥の奥まで攻めてくれるD-JIG COVERの1.8g ライトスモークに、D-JIGと相性抜群のD1 2.2インチ シナモンブルーフレークをキャスト。

マッディーウォーターなのでレイダウンは見えませんが、ゆっくりシェクしながら枝を一本一本乗り越え、出来るだけ跳ねさせずタイトに落としてくと小さく

「コッ」

と反応が!

ショートバイトが過ぎったので一呼吸置いてからのフッキング。

フッキング後レイダウンに突っ込もうとされたので一気に引きはがし何とかキャッチ!

寒くて丸まってしまってますが、お腹の出たコンディションの良い40UP!

プチ情報なのですが、冬は代謝が落ちるから白くなるって聞いた事が有ります。

フッキングを少し遅らせたのもありますが、やはりライトウエイトのお蔭で冬でもしっかりと口の中でした!

初バスをキャッチ出来たのは、D-JIG COVERをライトにしたのとトレーラーにもこだわりがあり、キャストのしやすさやボトムを取るだけなら高比重のトレーラーでも良かったのですが、出来るだけコンパクトなシルエットで自重を軽くし、吸い込みやすくしてあげる事により少しでも口の中に入る様にしたのが狙でした。

また、重たい物を使うと繊細なアクションを出しにくいのと、ボトムなどに引っかかり過ぎて外す時に飛び過ぎてしまいミスバイトや寄って来たバスから逃がし過ぎる場合があるのでこのセッティングにしました。

極寒期は一ヶ所を丁寧に時間をかけて攻める事が多いのでこのセッティングはおススメです!

●D-JIG COVER
http://dstyle-lure.co.jp/products/d-jig-cover/

●D1 2.2インチ
http://dstyle-lure.co.jp/products/hello-world/

チャンスが少ない極寒期は小さな差が釣果に大きく左右するので是非参考にしてみて下さい。

【タックルデータ】
・D-JIG
ロッド:6.3 ft L
リール:ベイトリール ハイギア
ライン:8ポンド

【河口湖ガイド】
https://ameblo.jp/0924-jun/theme2-10103797050.html
お気軽にお問い合わせ下さい!
お待ちしています。

【SNS・ブログ】
・Facebook
https://www.facebook.com/jun.satou.353

・アメーバブログ
サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!
http://profile.ameba.jp/0924-jun/

・Instagram
ユーザーネーム
satojun.room
http://instagram.com/satojun.room/

お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!

今年最後のレポートになるので、12月の釣行と2017年のまとめになります。
先ずは、爆弾寒波が到来し、寒くて風も強かった日の釣行から。

この日は朝から風が強く、気温もマイナスでレイダウンには無数のツララが。
レンタルボートのセッティングを済ませ出船。
本湖ディープをチェックすると、

この水系で最も深いと思われるポイント発見。

ベイト(赤丸)も絡み、最深部のポイントも2ヶ所ほどに絞り込め、日に日に寒くなり爆弾寒波が来ていたので食わせはキツイと思い、リアクション狙いのメタルバイブのリフト&フォールで狙うも波が高くローボートでは危険なので風裏へ。

移動先は普段風裏で風の影響を受けづらいポイントなのですが、この日は風が吹き抜け思い通りにさせてもらえず・・・・

おまけに日が昇っても直ぐにガイドが氷ってしまい、ミドストをしたくてもさせてもらえない状況で、エレキで進むと波に当たり水しぶきが船内に入り、足元に溜まった水は気付けばツルツルに凍り落水しかねないので初めて釣りに行って長目の休憩を取る事に。

お昼過ぎまで休憩を余儀なくされましたが午後以降は風も弱まり出船出来ました。

終了間際まで粘りましたがバイトも無く終わってしまいました。

少しディープにこだわり過ぎてしまったのがノーフィッシュになってしまったのだと思います。

年内にオカッパリでも良いからリベンジ出来ればと。

続いて霞方面に用事があったので、北浦の潮来マリーナ内にある、初フィールド「富士見池」に短時間でしたがお邪魔しました。

こちらも爆弾寒波により水温が一気に下がりここ数日渋い状況との事・・・・・

今回は冬の定番メタルバイブ・シャッドや、初場所なのでルアーロストも恐いので、スナッグレスが高く、極薄ブレードはスローロールでもしっかり回るD-SPIKERで広範囲にサーチし、アシにはこちらもスナッグレス性の高いD-JIGカバー(3.3g) +シェイクシャッド3インチ、深場をスローにD-JIG(1.8g) +グラブのズル引きで攻めました。

D-SPIKERで杭・マンメンドを流し、メタルで深場を探し、シャッドでブレイクを見つけ、「ココ!」と思うポイントでD-JIGズル引きでスローに誘うとサクッサクッと釣れましたが日の出てる暖かいタイミングでは釣れたのですが風が吹き、雲が出ると中々反応が無くなってしまったのでメタルバイブでテンポ良くアプローチするもタイムアップ。

後日放流だったらしく、行くのがちょっと早かったみたいですが、行ってサクッと釣れるのも魅力ですよね。

釣り納にちょこっと行ってみては!?

そして2017年を少し振り返ると、まずはマスターズ初戦での優勝!

見事にスタートダッシュは決めたものの、クラシック出場・TOP50昇格などいつも頭を過ぎり、動きたい所で動けなかったり、判断を誤ったりと反省を多く残したマスターズシリーズでした。

しかし、この優勝のおかげで念願のバスボートを手に入れ、河口湖ガイドを開始する事が出来ました。

また色々なご縁があり、サトジュンがラジオ出演!

一時間番組だったのですが、あっという間で話したりない位でした。

他にも新たなスポンサーとして河口湖にあるボートメカニック

「さざなみ」にスポンサードして頂けたり、初相模湖でブリブリバスをキャッチ出来たり、JB2霞ヶ浦出場・アメドリ出場・横浜FSのDSTYLEブースのお手伝い等、書ききれない位の経験を今年も釣りを通してさせて頂きました。

来年も今年以上に行動し、ガイド業をもっと充実させ、目標のTOP50へ虎視眈々と狙っていきます!

【タックルデータ】

・D-JIG
ロッド:6.3 ft L
リール:ベイトリール ハイギア
ライン:8ポンド

・D-SPIKER
ロッド:6.8ft M
リール:ベイトリール ノーマルギア
ライン:12ポンド


【河口湖ガイド】

https://ameblo.jp/0924-jun/theme2-10103797050.html
お気軽にお問い合わせ下さい!
お待ちしています。

【SNS・ブログ】

・Facebook
https://www.facebook.com/jun.satou.353

・アメーバブログ
サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!
http://profile.ameba.jp/0924-jun/

・Instagram
ユーザーネーム
satojun.room
http://instagram.com/satojun.room/

お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!

日照時間が短くなり、寒さも厳しく水温も見る見るうちに下がり、シャローの生命感が消えていく様な状況でした。

この日のプランは、冷え込みがキツくボトムにバスが居る場合は、メタルやフーラ・シェイクシャッドのDSシューティングと、ターンがキツくライトリグでは弱いならディープクランクやD-スパイカーなどをメインに周ろうと思いフィールへ向かいました。

今回は久しぶりにローボートをレンタルしての出船!
レンタルボートには霜が降り、ツルツルで準備に一苦労でした。

準備中に日が昇り始め、出船する頃には蒸気霧で真っ白に・・・・
なので「気温は低いが、水温は意外とまだ高いのでは!?」と思い水温を見ると

11℃台・・・・・・・

思ったよりも水温が低く、おまけにターンオーバーが治まっておらず水は茶色に濁り、船が通った後には気泡が残る有り様。「水温が下がり続け、ターンによる水質の悪化」と出船して直ぐにタフだなぁと弱気になってしまいました。

本湖のディープへ行こうとしたのですが、写真よりも霧が濃くなり、やむを得ずショアが見える範囲しかできず、モーニングタイムは終了。

出船経験が数回の為に地形などはほぼ分からず、魚探と岸を見てバスやワカサギが溜まって居る様なポイントをランガンするも、反応はイマイチ・・・・

大きく移動し名前も分からないポイントだが、地形変化に残りウィードがまだあり、ブレイクの下にはワカサギが回遊しているポイントを発見!!

魚探を睨みつつ、ワカサギが大きいのでFuula 3インチ(カラー:ワカサギ)・1.3gのダウンショットリグのスイミングでウィード付近をサーチすると、ミドストで釣れるような重くなるだけのバイトが!

グイグイ潜るので慎重にやり取りすると上がってきたのはナイスな40UP!

このフィールドではあまり大きなサイズのバスも見ないし、釣った事が無かったのでビッツクリ!

寒くても浅場に居るバスはやはりサイズがいいです。

写真だと少し暗く写っていますが、口を見てみると
まっ赤で冬バスの口でした。

以前7月に釣れたバスの口と見比べてもらえると分かりやすいかと。

釣れた時間はお昼前なので水温上昇がキーと感じ、本湖のウィードエリアへ行くと、

ウィードの上に魚の反応(3mラインがウィードで、赤丸が魚です)があるのでD-スパイカーで通すも反応が無かったので、スピナベより水押の強いクランクを通すもやはりイマイチ・・・・

40UPも寒くてスローが良いのでは?思いアプローチしたので巻き物を止め、D-JIG(ブラック/ブルー・1.3g)に3インチシュリンプ系(ブラック/レッドフレーク)トレーラをセット。D-JIG 1.3gにしたのはスローにアプローチしたいため。シュリンプ系トレーラーをセレクトしたのは、高比重・シルエット・扁平ボディーで垂直フォールにベストな為です。

カラーが両方ともブラック系なのはターンによるニゴリの中でシルエットを目立たせるため。

ウィードトップ目がけてキャストすると、フォール中に「コッ」とバイト!

サイズは30UP位のアベレージでしたが、自分のイメージ通りで一投目に来たバスは、サイズに関わらず嬉しい!ゲームフィッシング楽しい!

その後も時間一杯回りましたが終了してしまいました。

やはり今回もワカサギレイクではフーラが欠かせませんでした!

ライトカバー周りはD-JIGが優等生なのでベスト。過去にスモラバで12月27日位に河口湖のドシャローで50UP釣った事が有ります!スモラバもフィールドにお忘れなく。

まだまだ魚が釣りたいので今年も残り少なですが、12月でもバス・ワカサギ・ソルト・トラウトと、ガンガン出かけたいと思います!

【タックルデータ】

・ダウンショットリグ
ロッド:6.1 UL
リール:スピニング2500番台 ハイギア
ライン:フロロカーボン 3ポンド
シンカー:1.3g

・D-JIG
ロッド:6.1 L
リール:スピニング2500番台 ハイギヤ
ライン:フロロカーボン 3ポンド

・D-SPIKER
ロッド:6.8ft M
リール:ベイトリール ノーマルギア
ライン:12ポンド

 

【河口湖ガイド】
https://ameblo.jp/0924-jun/theme2-10103797050.html
お気軽にお問い合わせ下さい!
お待ちしています。

【SNS・ブログ】
・Facebook
https://www.facebook.com/jun.satou.353

・アメーバブログ
サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!
http://profile.ameba.jp/0924-jun/

・Instagram
ユーザーネーム
satojun.room
http://instagram.com/satojun.room/

お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!

少し前からの状況の話しになります。

朝と日中の寒暖差があり水温も下がり始め、減水とターンオーバーが日に日に進行してた河口湖。

主に捕食しているベイトは近年河口湖のメインベイトになるまで増えたワカサギです。

ワカサギも夏場の高水温を避けてディープに落ちていたのですが、水温低下に伴い行動範囲が広がり時にはボトムから水面まで湧いてくる程でした。

それに付くバスは移動速度も早く、ワカサギに付き回遊している事もしばしば。

その様なバスはなかなか釣りにくく、試合やガイドではワカサギ回遊ポイントの近くの地形変化とウィードをポークのダウンショットで狙う事が多く、いつもは1.8g位のシンカーを選ぶのですが、この時は1.3gのシンカーをセレクトし、ウィード周辺でスイミングすると厳しいながらもノンキーからキーパーがポツポツと釣れました。

いつものようにウィードに引っかけシェイクするのではなく、ウィードの上を上手く泳がすとHITする感じで、横の動きが好きなようだったので、浅くウィードトップを引きたいエリア(浅川・白洲・漕艇・ハワイ~広瀬・鵜の島東・戸沢~大石・長浜など)ではD-BLADEで素早くサーチし、少し深いエリアやアピール力を上げたい時にはD-SPIKERをチョイスし、ポイントによりルアーセレクトを変えました。

こちらはガイド中にHITした50UP!

ターンオーバーで水が濁り、この時期などに有効なカラーのキンクロやアユ。クリアレイクでも必ず必要な時があるカラーです。

そして、この日はD-SPIKERのみで50・40UPをキャッチしました。

また、選手権のプラクティスでもD-SPIKERで連日キャッチできたので巻きのメインパターンにしました。

本番は台風の影響で大幅な増水と水質が変化し、キンクロやアユでは弱いと感じ、ディープや濁りの中などシルエットをはっきりさせたい時に使うブラックブルーバックに変更。数投前にアユで通したポイントで「ガツン」とバイトがあるも掛からず一日目は終了してしまいました。

二日目はショートバイトでも掛かるようにクランクなど織り交ぜてサーチするも反応が無く、ブラックブルーバックに戻し流すとバイトがあるもののやはりかからず、終了間際までキャストし続けたのですが終了してしまいました。

11月頭の現在は濁りが一時期よりも落ち着いてはいるのですが増水は続いています。

ブラックブルーバック・キンクロ・アユも鉄板カラーなのですが、濁りが治まってきたらイベント限定カラーのゴールドシャッドがおススメです!
シルバーとゴールドのコンビネーションブレード&スカートで、ベイトを追っているバスにはオールシーズンおススメです。



イベントだと、トルキーストレート4.8インチミミパンが人気ですが、こちらのカラーもクリア~マッディーウォーターまでいけるナチュラル系です。
イベント時には是非チェックしてください。

【タックルデータ】
・D-BLADE・D-SPIKER
ロッド:6.8ft M
リール:ベイトリール ノーマルギア
ライン:12ポンド




【河口湖ガイド】
https://ameblo.jp/0924-jun/theme2-10103797050.html
お気軽にお問い合わせ下さい!
お待ちしています。

【SNS・ブログ】
・Facebook
https://www.facebook.com/jun.satou.353

・アメーバブログ
サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!
http://profile.ameba.jp/0924-jun/

・Instagram
ユーザーネーム
satojun.room
http://instagram.com/satojun.room/

お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!

真夏8月の河口湖!

河口湖A戦のプラクティスの為に数日浮きました。

_20170829_201329

↑夏の風物詩!?ゲリラ豪雨の写真です。

 

この時の河口湖のコンディションは、水温29℃で雨予報はあるものの、全然降らず減水が進み、航行が危険なエリアがあるほどです。

そんな高水温・減水のタフな中、主に02.5mのシャローのウィードエリアで、レゼルブが好調だったのでその時のレポートになります。

 

朝一は白洲に入り風の流れるポイントを流すと早々にHIT

DSC_1260

レゼルブのカラーは「スポーンギル」。

他には鵜の島の東エリアでも、

_20170829_195814

HIT

他にもランガンし、

_20170829_195936

この日は40UP×2本と他4バイト3キャッチと、レゼルブでリミットとハマった日でした。

ゆっくりただ巻きでも良いのですが、アクションのキモは、シェイクしながらパタパタと動かし、移動距離を抑えるとバスが 「ボコッ」と食べてくれます。

また別の日も練習に出て、朝9時以降出船だったのと、風が弱かったせいか、レゼルブでは1本でしたが、

_20170829_195747

D-JIG 1.3gのスモーク/シルバーで、シャローに居40UPのバスをサイトで(写真左のバス)キャッチしました。

DSC_1272

他には得意のフットボールジグでキャッチし、プラクティスを終了しました。

 

 

●河口湖A戦本番

前日プラクティスではオフリミット期間中にローライトと雨の影響で水温が3℃も下がっていてポジションも、魚探の映像も変わってしまい大苦戦・・・・・・

そんな中、ダウンショットのミドストでかなりの大物を掛けるもフックアウトしていまいました。あまりのデカさと、あっけなくやられてしまったので、少し放心状態になってしまったほどに

朝一はそのバスを仕留めるために行くもノンキーの嵐で移動。

ローライトで風もあったので、ミドストでミドルを攻めつつトップ・ジグ・D-スパイカーなど強めの釣りを織り交ぜるもキーパーからの反応無く、各所でノンキーをキャッチ。

ふと、ジャークベイトパターンを思い出しランガンするとあと一歩の所事でHITしなったのですが、良い時は45匹のバスがジャークベイトを奪い合うように船べりまで来た時は興奮しました。

結果キーパーサイズに届くバスは釣れず終了してしまいました。

 

 

最後にレゼルブのタックルの話です。

_20170829_212600

アフターまでのレゼルブタックルは、

ロッド:6.10 L

リール:スピニング2500番台

PE0.6

リーダー:フロロカーボン 3.5ポンド

と、他のI字系と併用のタックルだったので、このセッティングでしたが、今はウィードも生え、ファイト中ウィードに突っ込まれたり、所々水面まで延び切れて浮いているのもあるので、ロッドを煽り切ったりするのに前回のタックルでは弱く、今僕が使っているのは、

ロッド:6.4 ML

リール:スピニング2500番台 ハイギア

PE0.6

のセッティングに落ち着いています。

MLのロッドにする事によりウィードを切り、バスの主導権を与えないパワーとハイギアのリールで一気に引きずり出します。レゼルブとPEは直結で使っており、ダイレクトな操作感と、ウィードを遠くで切る時には直結の方がやりやすく自分には合っていました。

バズや他のトップでアプローチして反応しない時は、アクションが早すぎる時があるのでレゼルブのようなスローな小型トップがハマる瞬間が多々あるので是非試してみて下さい!

 

 

【タックルデータ】

D-JIG

ロッド:61 L

リール:スピニング2500番台 ハイギア

ライン:フロロカーボン 3ポンド

 

 

Facebook

https://www.facebook.com/jun.satou.353

 

・アメーバブログ

サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!

http://profile.ameba.jp/0924-jun/

 

Instagram

ユーザーネーム

satojun.room

http://instagram.com/satojun.room/

 

 

お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!

 

●前日プラクティス

朝からキーパー場に行き、クロー系のライトキャロをキャストすると数等でキャッチ!

_20170725_205353
手堅い事が分かったので直ぐに本湖に移動しランガン。

ランガンするがなかなか反応が得られず、やはり北利根川の反応が良い(魚影が濃い)と再確認できたので残りは北利根川に戻り反応を見る事に。

朝一釣れた所にキャロをキャストするとまたしてもHITするが、あわせずルアーを吐き出させ移動。他の良さそうなポイントにネコリグを入れると2匹も釣ってしまい、反応も十分に得られたのでプラクティス終了しました。

この状況だと一日5匹は手堅くどの様にキッカーを入れていくかがキーになりそうでした。

 

 

●トーナメント本番

・一日目

_20170725_205039

JB/NBC HPより参照

 

朝一にバッティングせずポイントに入るも釣れずランガンしました。

そして、この日の一匹目は水門の絡むポイントでネコリグにてキャッチ。

朝一は釣れなかったが周って来るのではと思いキャロポイントへ。

しかし反応が無く、ネコリグを入れるとバイトがあるがすっぽ抜けてしまい続けると小さいキャットが2匹も釣れ、キャロポイントでネコリグの反応が良いのはなぜ?と理由までは分からなかったもののネコリグの反応が良いのは分かったので、随所でネコリグをキャストし続けるとアシ際でHIT

その後本湖に移動したり、ランガンするも時間が来て終了に・・・・・

_20170725_205202

2984gで68位と厳しい状況でもウエイン率が高くこの順位に・・・・・・・

二日目の最低ノルマはリミットメイクと決め、またキャロの反応が悪くなったことや、バスしか釣れなかったポイントでなぜかキャットフィッシュが釣れてしまっている事から前プラと状況は異なり、また釣れるルアーも変わってきている事が分かった。

しかし、二日目の天気を見るとローライトで風も吹きそうだったのでここは臨機応変に対応せねばと思いながら就寝しました。

 

・二日目

この日もとりあえず反応を見るためにライトキャロでスタートするも反応が無いのでシャッドで流すと一本キャッチ。

本湖に移動するもバッティング等ありつつも大体チェックは出来たのですが、ノーヒットで北利根川に戻りそこからシャッド巻きつつ各所でネコリグを投入しました。

ネコリグは出来るだけバスが付いていそうなポイントにタイトに落とし何とか2本キャッチし終了しました。

_20170725_205056

31096gで58位でした。

総合では61位・・・・・・・

暫定年間順位は19位後退してしまいましたが、上位三名よりも下はポイントが僅差なので、クラシック出場をまだ諦めてはいません!!!!

今回は霞までは暫定年間順位が4位だったので手堅く釣り、0で帰着を避けて確実にポイントを稼ごうと思い動きたい時に動けなかったり、色々試せばよかったのにそれが出来なかったりと反省点も多く、今でもこのレポートを作成しながらの反省が続いています。

 

 

試合内容はこれくらいで、前回載せられなかったD1 3.8インチのバックスライドですが、まず必要なのが、

2/0番のフック

・ネイルシンカー0.91.8g(今回使用したウエイトです。)

です。

ネイルシンカーを入れる理由は、飛距離UPとフォールスピードUPに使用しました。

スローなバックスライドは風でラインが引っ張られると流されてしまい、思った所に入らないのでD1そのままでもバックスライドするのですが、より奥に入りテンポよく打つためにシンカーをセットしました。メインにしたウエイトは1.3gのネイルシンカーでした。

 

●セット方法

まずはバックスライドセッティングでフックをセットします。

 

後ろの節から数えて4番目に軽く縦に刺し、徐々にフックのアイに向かって差し込みます。

 

出来れば差し込みながら水平に刺した方が良いです。

_20170729_110348

↑この様に

 

_20170729_100543

水平にセット出来たらセット完了!

後は水に入れてスライド姿勢などを見てシンカーの位置を前にずらしたり少し出したりすると気持ち良くバックスライドしてくれます。

 

エビ食いバスはもちろん、シンプルな形状なのでベイトも食べているバスにも有効です。

是非試してみてください。

 

 

 

【タックルデータ】

・ネコリグ

ロッド:61 L

リール:スピニング2500番台 ハイギア

ライン:フロロカーボン 3.5ポンド

 

・ベイトフィネスネコリグ

ロッド:610L

リール:ベイト ハイギア

ライン:フロロ8ポンド

 

・バックスライド1

ロッド:70MMH

リール:ベイト ハイギア

ライン:フロロカーボン 14ポンド

 

・バックスライド2

ロッド:68MH

リール:ベイト ハイギア

ライン:フロロカーボン 12ポンド

 

 

Facebook

https://www.facebook.com/jun.satou.353

 

・アメーバブログ

サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!

http://profile.ameba.jp/0924-jun/

 

Instagram

ユーザーネーム

satojun.room

http://instagram.com/satojun.room/

 

 

お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!

 

<プラクティス編>

皆さんはどの様にD1 3.8インチと、トルキーストレートを使用していますか!?

今回はD1 3.8インチをトレーラーやノーシンカーだけで使うのではなく、通常と逆付けにしてネイルシンカーを入れたバックスライドセッティングや、トルストを縦に落としリアクションで釣る方法が好調だったのと、7/2223にマスターズ第3戦霞ヶ浦戦に出場したので、今回はプラクティスからトーナメント本番のレポートになります。

DSC_1129

状況は梅雨明けになるのですが、雨はなかなか降らず水温はみるみる上昇し、30℃にまでになりました。気温も30℃以上の日が多く、試合前には「アオコ」が発生していました。

また、いつもは居るボラの子供イナッコも少なく、キャットフィッシュもなぜかあまり釣れない状況。

 

●プラクティス

早朝から出たのですがなかなか反応が無く、最後に夕マズメパワーでラッシュがかかりました!

D1  3.8インチ(グリーンパンプキンペッパー)のバックスライドセッティング

_20170725_205630

こちらもバックスライドにて。

数少ない風当たりの良いシェードがらみだと、アフターや回復系のキロ近いバスがポツポツ釣れるイメージでした。

_20170725_205541

他の日にもD1ワカサギカラーや、

_20170725_205511