DSTYLE

facebook facebook WEBSHOP
REPORTレポート

佐藤旬

ニックネーム:サトジュン
生年月日:1988年9月24日
出身:埼玉県 居住地:河口湖
身長:178cm

所属:JBマスターズ JBⅡ河口湖
ゼッケン:マスターズ100 JBⅡ河口湖1
メインフィールド:河口湖
得意なスタイル:フットボールジグ
釣り以外の趣味:映画、動物鑑賞、旅行
自分の性格:頑固、負けず嫌い、時々マイペース
ライバル:TOP50選手全員
夢:日本と中国のNo1!!
格言:為せば成る。為さねば成らぬ何事も。

河口湖から近いのですが今まで行った事の無かったリザーバー「相模湖」。

大型の個体も生息し、数釣りが出来タイミングもあるのだがなかなかタフと聞いていました。

DSC_0930

朝レンタルボートを用意し、いざ出船!

初めてのフィールドなのでドキドキワクワク。

 

初めてですが、地図を見て行く所は決めていたので周辺を流しながら進むと、フットボールジグに早々にHITするも小さくてすっぽ抜け・・・・・

洗礼を受けブルーになりながらも目的地に到着しストラクチャーをトルストのネコリグやビックベイトなので攻めるも反応無く・・・・

 

そんなに甘くないと思いつつ、レイダウン+浮きゴミ+インレット+シャローいかにも付いていそうなポイントにD-JIGカバー D1 2.2インチセットをキャスト。

普通のスモラバ系だと軽くヘッドも少し大きいので、浮きゴミを貫通させるのが難しく、勢いを付けてねじ込むとバスが逃げる事もあったのですが、D-JIGカバーは純タングステンヘッドでコンパクトなので、軽いトレーラーでもフリップで貫通してくれます。

貫通させるならラバージグや、リーダーレスダウンショット等ありますが、今回は稚ギルを捕食している個体をイメージし狙ったので、シルエットは小さく、でも水を押す物が良かったのでD-JIGカバー D1をチョイスしました。

 

カバーにJIGが入りシェイクしていると「コツ」と小さなアタリが。

フッキングするとMパワーのロッドが止まり、レイダウンにガンガン突っ込まれながらもなんとかネットイン!

_20170531_161741

初キャッチは体高の凄いブリブリバス!

このバスはトルクが凄く、D-JIGカバーの特徴の一つでもある絶妙な太さのフックのおかげで、少々無理やりなやり取りでもカバーから引きずり出し、キャッチできたのだと思いました。

 

sketch-1496842083910

47cmのラグビーボールの様な体系のバスでした。

 

_20170607_215115

D-JIGカバーはブラック/ブルーに、D1はブラックをセットしました。

 

 

その後、初めてのフィールドなので色々なシチュエーションを見たいと思い移動を繰り返すも、なかなか厳しく、時期がらだと思うのですが、クリークの良し悪しがハッキリしていました。

そんな中バスが居るクリークは沢山のバスが目で見え、時折ボイルもありましたが、普段から狙われているらしく、空中にあるルアーを見ては一斉に逃げる感じでした。

 

そんな中岸を向いているバスが居たのでシェイクシャッドのノーシンカーをアプローチするとプレッシャーが嘘のようにHIT

_20170531_161830

狙ったコースも良かったみたいで、このバスで癖を掴んだのでその後も小型のバスをキャッチ出来ました。

 

50UPも居る湖なので、次は50の壁を越えに行ってきたいと思います。

 

 

【タックルデータ】

 

D-JIGカバー(パワースピニング)

ロッド:6.8 M

リール:スピニング2500番台

ライン:PE 1.5

 

・ノーシンカーリグ

ロッド:6.4 UL

リール:スピニング2500番台

ライン:フロロカーボン 3ポンド

 

 

Facebook

https://www.facebook.com/jun.satou.353

 

・アメーバブログ

サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!

http://profile.ameba.jp/0924-jun/

 

Instagram

ユーザーネーム

satojun.room

http://instagram.com/satojun.room/

 

 

お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!

 

今回はアフターに有効なレゼルブで、気難しい河口湖バスを攻略してきたのでその時の釣行紹介になります。

s1

アフターバスは体力が無く、河口湖の様なハイランドレイクは紫外線が強いので、クリアウォーターだと特に水中への影響が大きく、バスが晴れを嫌う印象が有ります。なので、アフターの時期だと曇りや雨だと紫外線も弱く気圧も低いので狙い目になります。

s2

この日の天気はローライトでアフターハンティングにはもってこいの状況でした。

 

 

僕が河口湖のアフターを狙う時は、スローに狙えるトップウォーター(レゼルブ・ポッパーなど)やライトリグをメインにしていて、ポイントは縦スト・マンメイド・ロックエリア・ウィードエリア等をメインに展開しています。

 

今回はお昼頃に出船し、まずはロックエリアへ。

無数の岩の中でもバスが付く様な岩にレゼルブをアプローチし、ただ巻きでもパタパタと動くのですが、移動距離を抑えネチネチ誘いたかったので、シェイクしながらリーリングしました。

コースを変えつつ何回もトレースすると遠くで「ちゅぽっ」とレゼルブが水中へと消えました。

s3

狙い道理のアフターバスをスポーンギルカラーでキャッチ。

やはりトップウォーターで釣れると楽しいですね!

 

せっかくなので他のカラーにチェンジ。

が、しかし反応が無く、この日はシルエットが出るカラーが良いと確信し、スポーンギルに戻しラストポイントへ。

 

ラストは縦ストのマンメイドストラクチャーにしました。

ここはI字系でも釣った事が有り、実績もあっつたのですが、ネストにバスが入ってからバスを確認していなかったのですがとりあえずキャスト。

風が吹き狙っていたポイントよりも少しずれてしまいました。

ポイントを過ぎ回収しようとしたら下からバスがレゼルブ目がけて浮上。そのまま目の前で引ったくっていきました。

そこからガンガン潜られ、3.5ポンドリーダーだったのでヒヤヒヤしながらでしたが無事にネットイン。

s4

ブリブリ(写真右)の47cmのママバスでした。

s5

今回は2匹とも「スポーンギル」にてキャッチでした。

 

 

カラーローテーションについて。

s6

前に個人ブログに載せたのすが、大まかにこの3カラー系を状況によってカラーローテーションなどします。

「RESERVE [レゼルブ]  カラーローテーション法」

http://ameblo.jp/0924-jun/entry-12258509330.html

良かったら参考にしてみて下さい。

 

また、少し前まで河口湖で賑わっていたI字系ルアーは、放置や風を使ったナチュラルドリフトでのアプローチが主流でしたが、釣れる風速・波の大きさ・波のピッチなど条件が整うと付いてきても食わないバスが喰うなど釣れるもののシビアな状況でしたが、レゼルブはボディーのサイズ感や、羽根物のアクションなどのおかげでバスを引っ張る力もあり、今までのI字系や表層系だとキツかった波風も攻略でき、攻められる幅が広がりました。

 

是非スローアプローチにレゼルブをチョイスしてみて下さい!

 

【タックルデータ】

・RESERVEタックル

ロッド:6.10in  L

リール:スピニング2500番台

PE:0.6号

リーダー:フロロカーボン 3.5ポンド

 

 

・Facebook

https://www.facebook.com/jun.satou.353

 

・アメーバブログ

サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!

http://profile.ameba.jp/0924-jun/

 

・Instagram

ユーザーネーム

satojun.room

http://instagram.com/satojun.room/

 

 

お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!

最近のオカッパリ釣行をまとめました。

 

始めの時期はネスト~一回産卵を終えた位のタイミングでした。

ワカサギが岸際を回遊していて、いつもならバスを見つけらるのですが、この時バスは見えずサイトを断念。

ワカサギが回遊してくるポイントでもただ回遊してくるのではなく、少し立ち止まったり、方向転換するようなポイントでフーラ3インチのダウンショッリグで待ち伏せ作戦にしました。

粘るも日も傾きはじめ風も冷たくなってきて出来てあと一時間位と思っていると違和感が

DSC_0505

夕方フィーディングに上がってきたバスを何とかキャッチ!

 

ワカサギを積極的にフィーディングしているバスはなかなかセレクティブなので、釣れるルアーが限られて来るのですが、フーラのアクションはそんなバスも騙せてしまうのでいつも頼ってしまいます。

 

 

また数日後昼間に行くと、日中なのでワカサギのレンジも下がりバスも沈んでいる感じがしたので1.3gのジグヘッドに、またしてもフーラ3インチのワカサギカラーのセットで、ボトム付近を回遊してるワカサギをイメージして、ボトストでサーチ。

ワカサギが良く回遊しているであろうレンジに差し掛かった時に「クッ」と抑え込まれるようなアタリが!!

_20170502_200832

またしてもフーラに助けられました。

 

 

そしてしばらくオカッパリに行けず久々に行くと、季節も進みウィードが生え、アフターバスが付きそうなポイントが数か所出来ていました。

 

僕がアフターのバスを狙う時に心がけているのは、スローな動きが好きだと思っているのでこの時チョイスしたルアーはD1 3.8インチをウィードエリアにキャストし、フォールで食わなかった時はそのままズル引きしてバスを狙いました。

 

ズル引くとウィードが生えている所と無い所、濃い所と薄い所など水中の情報が多く、スローな展開ですが、水中をイメージしやすくなるのでバスへの距離を縮めてくれる釣りの一つだと思っています。

広範囲に生えているウィードエリアだったのですが、ズル引きのおかげで大分エリアが絞れ良い所を集中的に狙うと

狙い道理アフターバスがHIT

 

その後も一匹目を釣った近くのウィードエリアを攻めると

_20170523_152056_20170523_152034

サイズダウンしたもののまたしても狙い道理のアフターバスをキャッチ成功。

 

D1 3.8インチはボリュームもあり、フォール中はテールをピリピリアクションし、高比重系ワームだと重すぎて、ウィードの上をズル引きしたくても埋もれてしまう事があるのですが、絶妙な比重のD1 3.8インチは埋もれすぎずウィードに適度に引っかかりトレースできるので今ではアフター攻略に欠かせないアイテムになっています。

 

良かったら参考にしてみて下さい!

 

 

 

【タックルデータ】

・ダウンショットリグ

ロッド:6.1 UL

リール:スピニング2500番台

ライン:フロロカーボン 3ポンド

シンカー:1.8

 

・ジグヘッドリグ

ロッド:6.4 UL

リール:スピニング2500番台

ライン:フロロカーボン 3ポンド

ジグヘッド:1.3

 

D1ノーシンカー

ロッド:70MMH

リール:ベイト ハイギア

ライン:フロロカーボン 12ポンド

 

 

Facebook

https://www.facebook.com/jun.satou.353

 

・アメーバブログ

サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!

http://profile.ameba.jp/0924-jun/

 

Instagram

ユーザーネーム

satojun.room

http://instagram.com/satojun.room/

 

 

お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!

 

今回は、4/29JB2霞ヶ浦(2名乗船の試合です)に参戦したのでこの時のプラクティスから本番までのレポートになります。

_20170427_142451lk

 

 

・プラクティス

本番の前週に2日間の練習に入る事が出来ました。

シャッド・クランク・D-スパイカー・D-ブレードなど巻くもなかなか反応が得られずスローな展開にシフト。

石積み + 杭 をジグヘッドワッキ―で移動距離を抑えつつ「ピピッ」と動かしては止めのアクションで探ると・・・・・・・

1492774064718

コンディションの良いバスをキャッチ!

4.8インチトルキストレートのモエビミソカラーにて。

 

その後も、スローをキーにプラクティスを進めると

_20170424_070048

アシ打ちでもHIT

 

比較的にメスが良く釣れアベレージは800g前後に、一日一匹はキロクラスが入る感じや、パートナーが46cmをキャッチしたり、クランクもいつもよりもスローに巻いたりしてバスをキャッチ出来たりと、試合に向けてのプランはパートナーと大方決まり終了しました。

 

 

・前日プラクティス

前日に雨が降ったので流入河川へ。

護岸際にジグヘッドワッキーをキャストし、フォールで違和感を感じアワセルと・・・・・・・

_20170501_181949

幸先良くキャッチ成功!

トルキストレート4.8インチ シナモンブルーフレークにて

 

このバスをヒントに水門へ行き、フーラ3インチのダウンショットリグをキャスト。

水門のコンクリートの継ぎ目を乗り越えて食うならココだってタイミングで700g位のバスをキャッチ。

同じ水門の深場をダウンヒルで攻めると操作している重みがフッと抜けたのでフッキング。するとそこからグイグイ引っ張られ上がってきたのは

_20170501_181930

44cm1400g台のママバス!

フーラ3インチ ワカサギカラーでした。

2キャスト2キャッチにはパートナもびっくりしていいました。

 

この後に別の矢板のある水門に行き同じダウンショットをキャストするとまたしても良いサイズのバスをキャッチと明らかにフーラがハマっている印象でした。

他のパターンも試すもフーラ程の好印象は無く終了しました。

 

 

・本番

朝一は前日プラクティスで良かったポイントへ行こうと思ったのですが、休日という事もあり先行者がいて入りたいポイントに入れませんでした。また、翌日の霞ヶ浦戦の選手の前日プラクティスとのバッティング等、試合中に自分達の持ち駒(ポイント)の少なさを痛感せざるをおえない展開となってしまいました。

 

結果僕は試合中にフーラのダウンショットでキャッチしたのですが、入れ変わらずにフィニッシュ。

_20170429_173846

初戦を13位スタートと微妙な滑り出しに・・・・

プラクティスでは割と好感触だったと思っていたのですがまだまだでした。

アウェイですが、次戦はお立ち台に昇れるようにプラクティスでは持ち駒を増やせるように走り回ります!

 

そして今回メインだったルアーは、

_20170501_181851

・トルキーストレート4.8インチ ジグヘッドワッキーリグ(0.91.8g)

・フーラ3インチ  ダウンショットリグ (1.8g)

普段クリアウォーターで使用頻度が高いフーラですが、マッディーウォーターで効果的な事を発見!固定概念に囚われてはいけないのと、まだまだバスフィッシングは奥が深いと痛感させられた試合となりました!

 

 

【タックルデータ】

・ダウンショット

ロッド:6.4 UL

リール:スピニング 2500番台

ライン:フロロ4ポンド

 

・ジグヘッドワッキー

タックル1

ロッド:6.1 L

リール:スピニング2500番台

ライン:フロロカーボン 3.5ポンド

シンカー:1.8

 

タックル2

ロッド:70MMH

リール:ベイト ハイギア

ライン:フロロカーボン 12ポンド

 

 

Facebook

https://www.facebook.com/jun.satou.353

 

・アメーバブログ

サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!

http://profile.ameba.jp/0924-jun/

 

Instagram

ユーザーネーム

satojun.room

http://instagram.com/satojun.room/

 

 

お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!

 

Day 1

ポイントに着くも先行者が数人居て、入りたい所には入れなく近くをチェック。

夜に雪が降り大地のトップ(表層)の水温が下がり、居ても食わないと思ったので、トップにボートをステイし、ディープに向かいキャスト。ブレイク・エッジ・点在する岩をチェックしました。

キャストし続けるも反応が無く、水温上昇すればバスも動き出したり、ディープから上がって来ると思い、トップに浮き続けると自分でプレッシャーをかけてしまうと思ったのであまり粘らず、ディープ側にステイし、トップの約23mの方にキャストするようにアプローチを変更。

いかにもよさそうなゴロタエリアでは反応が無いので思い切ってポイントを見切り、近くの少し2段になっているようなブレイクへ移動しました。こちらでもディープ側にステイし、トップの約23mレンジの方にダウンショットをアプローチしました。

反応は無く、メンタルがゴリゴリに削られる中11時半に「コッ」と小さくも明確なアタリが。

フッキングが決まったのですがロッドが止まり、同時にデカバスだと直ぐに分かりました。

ネットに入るまでの時間は良く覚えていませんがキャッチし顎を掴んだ時には足も手も震え、まともに立ったり釣りが出来ず、今までの試合の中で一番長く強く震えていました。

しばらく休み正常に戻ったので釣りを続けたのですが反応は無く帰着しました。

_20170321_114512_20170321_114918

初日は2位と好スタートを着る事に成功しました。

100名以上のプロが参加し、トータルで6匹のウエインと例年よりもタフで、しかも上位3人は僅差。河口湖には6050upがゴロゴロ居るので単日が良くても2日目釣らないと覆されてしまう試合の為に油断できませんでした。

もちろん後日それを体験する事になりました・・・・

 

 

Day2

緊張に弱い僕ですが意外と安眠でき、思っていたよりも冷静に臨めました。

この日はポイントに一番に着き、ダウンショットやシャッドなど試すも反応が無く風も吹き出したため度々流されポジショニングに苦戦。

そんな中10時半頃良い感じにリグが通せていると感じつつ集中していると違和感があり、スイープにフッキング。

落ち着くように自分に言い聞かせバスをネットイン。

同時に叫んでいました。貴重なバスだが前日よりもウエイトが無かったので油断せず終了時間まで集中力を切らさず釣り続けましたがタイムアップ。

_20170321_114418_20170321_114944

この日は5人と更に低いウエイン率に。

 

 

結果

 

_20170321_114223_20170321_114237

写真提供 JB/NBCホームぺージより

 

マスターズ初戦を優勝する事が出来ました。

いつも不甲斐ない報告ばかりでしたが、やっと応援して頂いた皆様にまともな報告が出来ました。お待たせしました。今後とも応援よろしくお願い致します。

 

そして5位には2日目に単日2位だった咲花プロ(さっく)がお立ち台に食い込んできました。やはりデカバスを持ち込み結果5位入賞。一日目の釣果に満足し二日目も狙いに行かなかったらきっと優勝は無かったと思います。

優勝したから言えるのかもしれませんが、釣れる確率が低いこの試合でたまたま釣れたとか良く聞きますが、狙わないと賢いバスは釣れないと思います。河口湖ローカルの意地もありましたが、「偶然では釣っていない!明日も釣ってパターンを証明する!」と自分のパターンに自信を持たせ集中力を高めました。

2Dayの試合では特にハメないと勝てないですし、実際2位の選手も河口湖在住の後輩でパターンを煮詰めていたらしく、タフでもハメていたからこそ2日間ウエインできたのだと思います。紙一重の試合でした。

しかしこのパターンが最もストロングとは思っていませんし、まだまだ反省点は沢山あるのでこのパターンもあくまでも参考にしておいてください。

 

今は優勝した気持ちよりも不安感から解放された気持ちの方が大きいです。

それと同時に、年間レースを有利に進行できるので、今年こそ目標のTOP50の権利を獲得し、青木プロが戦っているステージに早く行きたい気持ちと、他の試合も全力で挑まないといつ振り落とされるか分からないし、年間優勝も狙えるポジションなのでこの機会は逃せないと早くもそちらに緊張気味です。

 

 

そして、今回はパターンが早くまだ機能しませんでしたが、今年もワカサギが豊富で、早くも湖面には瀕死のワカサギや隣接が確認できています。

もう少し水温が上がり、潮回りなどによってはデットリーワカサギパターンが開幕しそうなので、新製品のRESERVE [レゼルブ]が活躍してくれる雰囲気がむんむんしています。

_20170321_182641

今度個人ブログで↑の個人的なカラーローテーション活用法を載せる予定なのでそちらもチェックよろしくお願い致します!

 

レゼルブ商品説明ページ

http://dstyle-lure.co.jp/products/reserve/

 

レゼルブ動画説明ページ

https://www.youtube.com/watch?v=S_QVzkjsoBc

 

 

 

【タックルデータ】

・ダウンショットリグ

ロッド:6.4 UL

リール:スピニング2500番台

ライン:フロロカーボン 3ポンド

シンカー:1.8

 

・レゼルブ

ロッド:6.10 L

リール:スピニング 2500番台

ライン:PE 0.6

リーダー:フロロカーボン 5ポンド

 

 

 

Facebook

https://www.facebook.com/jun.satou.353

 

・アメーバブログ

サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!

http://profile.ameba.jp/0924-jun/

 

Instagram

ユーザーネーム

satojun.room

http://instagram.com/satojun.room/

 

 

お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!

 

 

河口湖で、3/1819にマスターズシリーズの初戦が開催されました。

マスターズシリーズは全国シリーズの試合で、山梨県 河口湖・三重県 三瀬谷ダム・茨城県 霞ヶ浦・長野県 野尻湖の4ヶ所をトレイルする2Dayの試合で、全国から100名以上のプロが参加し、その中でもTOP50現役の選手や経験者など猛者が集うシリーズです。

 

 

●プラクティス

_20170314_202017

プラクティスには数日入れ、シャローに見えバスが居たのでRESERVEなどを試すも手応えとしては無でした・・・・・

ちょっと早いパターンだったみたいです。

なので、水温チェックやベイトの確認などをメインにし、合間に釣りをする感じでバスをキャッチ出来ず終了してしまいました。

 

 

●前日プラクティス

IMG_20170317_175815_787

オフリミット中に水温があまり上がらず、例年より冬の感じが強く、ですが不思議なもので、去年よりも水温が低く気温も上がらないのに、意外とバスは動いていた印象でした。個体にもよると思うのですが・・・・