DSTYLE

REPORTレポート

青木唯

氏名:青木唯(アオキユイ)
ニックネーム:ゆいぴー
生年月日:1999年10月1日
出身:山形県 居住地:河口湖
身長:177cm
所属:JBマスターズ、JB河口湖A、JB II河口湖
メインフィールド:河口湖
得意なスタイル:サイトフィッシング、トップウォーター
釣り以外の趣味:スポーツ、食事
自分の性格:頑固
ライバル:バスプロ全員
夢:日本一
格言:人事を尽くして天命を待つ

皆さんこんにちはディスタイルプロスタッフの青木唯です。

とうとう今年からずっと出たかった舞台であるTOP50に参戦します、そしてついこないだ1戦目を終えてきたので釣り方と感想を書いていこうと思います。

 

1戦目のフィールドは遠賀川

プラクティスの調子はというと、D -BLOWシャッドの巻きの釣りがハマり結構楽しく釣れていました。

 

 

岩がゴロゴロしてるハードボトムよりも何もない砂地のシャローが魚が多い印象でした。

(タックルデータ)

ロッド…ブルートレック67ML-BFS

リール…アルデバランBFS-XG

ライン…フロロカーボン8lb

ルアー…D-BLOWシャッド58SP

 

ですが試合前に来てみると。。。。全くと言っていいほどに釣れなくなっていました。

別のパターンを急いで探すと、3mの沈みものにプリメスが回遊してくるのを発見!!試合はこのパターンを信じて3日間戦いました。

結果は26位とパッとしない結果でしたがこの3日間なんとか毎日1本ずつウエイン出来ました。

 

 

こうやっ3日間魚を釣らせたくれたルアーは………みんな大好きマイティーストレート!!!

困った時にほんと頼りになるのがマイティー。

 

 

(タックルデータ)

ロッド…ブルートレック60UL-S

リール…コンプレックスci42500HG

ライン…フロロカーボン4lb

ルアー…マイティーストレート4.3

フック…ハヤブサDASオフセット2番

初めてのフィールド、何を投げるか困ってる時はマイティーを投げてみて下さい。

 

こういう感じの釣りで初めてのTOP50戦ってきました!!1戦目出てみてわかった事は、色んなトーナメントカテゴリーがある中でダントツで面白い!!!!会場は緊張感で包まれていて2日間の予選、最終日の決勝と別れてたりその中で釣った時の感動はTOP50でしか味わえないものがありました。

次戦の弥栄ダムではトップウエイトを出し優勝してきます!!!!!

 

皆さんこんにちは!ディスタイルプロスタッフの青木唯です。

この前、今年最後の試合であるバスプロ選手権に参戦して来ました。しかも試合のフィールドは今年調子いい河口湖!!!自然と気合が入ります。

 

プラクティスからの調子はと言うと、結構な日数を練習につぎ込みましたがビックフィッシュパターンが全くと言っていいほどに掴めずに苦戦しまくりでした。

時々大きな魚も釣れるのですが。。。

メタルで釣った40UP2本

ジグ&ポークのサイトで釣れた50UP

 

でも本当にこう言う魚が時々釣れるだけ…

 

そうして迎えた試合本番!結果から言うと、2日間1本ずつ釣って総合順位25位と惨敗!!

自分でもこうなるだろうとは分かってはいましたが、その予想を覆すことが出来なかった事がとても悔しかったです、しかもホームの河口湖で。

 

ですが、この惨敗のおかげで自分にまた喝が入り練習での集中力や来年のトーナメントに向けての気持ちが強くなったと感じています!!

しかも来年はとうとう日本一が獲れるトーナメントシリーズのTOP50にも参戦が決定しています!!!!正直こんなに早く出れるとは思ってもいません。ですが出るからには、来年の今頃には日本一になった青木唯になれるよう気合い入れて戦います!!

 

最後に今年1年スポンサードして下さったディスタイル様、どんな時でも応援して下さる皆様、そして僕の周りの方々、家族に心から感謝申し上げます。1年間ありがとうございました。

そして来年もどうかよろしくお願い致します。

 

(ジグ&ポークタックルデータ)

ロッド…ブルートレック70H-S

リール…SLX HG

ライン…フロロカーボン16lb

ルアー…ジグ14g+ワイルドダディ

 

皆さんこんにちわ!ディスタイルプロスタッフの青木唯です。

 

今年僕は河口湖のトーナメントシリーズ5つの内、JB河口湖Aシリーズ・JⅡ河口湖シリーズ・河口湖チャプター・河口湖ヒューマンチャプターの4つのシリーズに参加させて頂きました。

 

そしてなんと全てのシリーズで年間優勝を果たすことができました!!!

付け加え、その4シリーズ全15試合中14試合お立ち台に立つ事が出来ました。この成績は正直自分でもびっくりで上出来だと思います。

 

 

この上3つの写真は河口湖A、JⅡ河口湖で優勝した試合に釣ってきた魚です。

 

と言う事で今年僕が河口湖で1年を通し戦い抜いた中で1番使用頻度が高かった、活躍したタックルはなんだろうと思い考えて見たところ。。。

Dスパイカーがこの1年季節が変わろうとずっと釣れ続けていたのに気づきました!!

 

 

クリアレイクの河口湖なのにまさかDスパイカーが今年のMVPタックルになるとは思ってもなかったです。

ウィードの上を巻いたり、サイトで使ったり、ディープをスローリトリーブで使ったりと様々な使用方法で釣れまくってました。

 

(タックルデータ)

ロッド…ブルートレック68M

リール…メタニウムMGL HG

ライン…フロロ12lb

ルアー…Dスパイカー

 

話は変わりまして実はこの前、現日本一である藤田京弥さんにお誘いいただき桧原湖のJⅡにペアとして参戦、御一緒させて貰いました!

桧原湖までいく道中でも色んな話が出来たり、釣り抜きで普通に楽しかった(笑)

 

 

途中で寄ったサービスエリアでの写真

 

釣りのことでも学べることが沢山ありました。なんたって日本一と大会に出れて大会中の釣りや、時間の使い方、エリア選びなどを間近で体験できるのですから。

大会結果としましては5位で、やっぱり強いなと再確認できました。

 

 

来年は絶対京弥さんに勝つ!!!

 

皆さんこんにちは!!!ディスタイルプロスタッフの青木唯です!

この前、入鹿池にディスタイルさんの撮影で行かせていただきました。今回は、その時僕がビローラと来年発売予定のスリムなあの子(仮名)で45UPのバス達を爆釣した話をさせて頂こうと思います。

 

まず入鹿池に到着し僕が感じた事は……岸に何もない!!!!カバーもなく、見た感じウィードもほとんどないバスいるの??っと言った感じでした。

こう言うフィールドでバス釣りをする際、僕がヒントにするのはバスが何を食べているのか?です。水の上に浮いて見て魚探をみるとそれは一瞬で分かりました。ワカサギです。ワカサギの群れが無数にありたまーにバスがその群れに付いているのが見えました、こんなの見えたらビローラを投げずには居られない。。。

ビローラのジグヘッドのミドストを開始!するとすぐに、、、

45UPのブリブリのバス降臨!!!

 

そして続けてスリムなあの子のダウンショットでも。。

 

 

ここでもう僕は今回の爆釣を確信しました(笑)

 

その後もビローラとスリムなあの子で釣りまくってしまいました・・・・

 

 

釣ったすべてのバスの体高を見て思う事、入鹿池のポテンシャルがやばすぎる!!!!そしてそのポテンシャルのバスにいとも簡単に口を使わせるビローラやばい(笑)

 

こうやってワカサギに付いているバスを狙う際、大事になってくる事があります。それは、ミドストを通すコースは絶対にバスより上のラインを通す事です。たったこれだけで爆釣できてしまうので本当は内緒にしておきたいテクニックなんです。

 

そして今回入鹿池でレンタルボートでお世話になったお店は入鹿亭さん!

とてもパワフルなお姉さんの店員さんがいらっしゃいます(笑)

免許不要艇がありますのでどなたでもボートフィッシングが楽しめますよ!!!

 

皆さまこんにちわ!!ディスタイルプロスタッフの青木唯です。

最近は、やっと暑さも落ち着き始め秋めいてバスにとっては最も適した自然環境にどんどん近ずいています。

僕のホームとしている河口湖でもそれは同じでバス達がよりアクティブになっているなと感じています、そんな今の河口湖のバスをエキサイティングに釣る方法を今回紹介していこうと思ってます!

 

いきなりですが、エキサイトフィッシングに使用するタックルがこちら!!!

見てわかる通り河口湖を攻めるタックルとは思えないほど超強気なタックルチョイス!

まず写真の上の方のタックルから!

タックルデータとしては、、、、

ロッド…ブルートレック68M

リール…メタニウムMGL HG

ライン…フロロカーボン12lb

ルアー…Dスパイカー

という感じです。

 

使用方法はズバリ、今流行りのスピナベサイトです!!!

正直、このサイト方法はサイトの中でもテクニカルな部類になってきます。何がテクニカルかと言うとキャスティング精度です。サイトで確認できるバスの鼻っ面に水面~鼻っ面~ボトムのトレースコースでDスパイカーを通してやり食わせます。バスの前に正確なキャストを決めるのはもちろん着水音を最小限で抑えるテクニックが必要となります。

ですが!!それさえバッチリ決めると。。。

デカバス乱獲祭りが待っています!

 

そして実はDスパイカーがこの釣りにベストマッチしているスピナーベイトなんです。

主な要因としては、1つはブレードのワイヤーがフリーになっていることでフォールで短い距離でもしっかりブレードが回転してくれる事、2つ目はブレードの強すぎない波動のおかげでバスが嫌がらない事です。

この技はオカッパリからでもとても重宝するので他の人がやる前にDスパイカー片手にフィールドへGOしてください!!!

 

お次はビックスプーンのタックル!!!

ロッド…ブルートレック70H–S

リール…SLX HG

ライン…フロロカーボン16lb

ルアー…ダイラッカ

 

正直自分でもこの釣りで!しかも河口湖で爆釣する日が来るとは思ってもなかったです。

使用方法に関しては沖のベイトについている魚にビックスプーンのフォールで寄せて次のしゃくりのフォールで食わせるといった完全リアクションの釣法。

最近の大会でのメインパターンはすべてこの釣り!!!

この釣りの強さを知れたおかげで自分のバス釣りをする上での視野が倍以上に広くなった気がします。本当にバス釣りって奥深いな~。。。

 

もしどうやってビックスプーンで釣っているのかを見たい方はSNSで試合で釣ってる動画あげていますのでチェックしてみてください。

Twitter→@AokiYui2

Instagram→@yuiaoki1001

 

皆さんこんにちは!ディスタイルプロスタッフの青木唯です。

緊急事態宣言も解除されバス達も元気にエサを追い出してきて皆さんも釣りを楽しまれているのではないかと思います。

さて、今回は先日行われましたチャプターの結果報告と最近デカバスが釣れまくってる釣りについて書いていこうと思います。

 

先日開催されましたヒューマンチャプター第1戦さざなみ・SABUROKU CUPに参戦させて頂きました!久しぶりの試合というのもあり実は前日から緊張でそわそわしてました、、、

 

そして当日、結果から言いますと………優勝する事が出来ました!!!!!

 

 

これからのトーナメントシーズンの幸先良いスタートがきれました。

 

今大会釣れたタックル&ルアーはこの子

 

 

一つずつ説明していくと。。。

まずはDジグのタックル!!

ロッド…ブルートレック61L
ルアー…Dジグ1.8g
リール…コンプレックスci4c2500HG
ライン…フロロ3lb

の組み合わせ。

今回このDジグを3種類の使い方で使用し魚をキャッチしました!

一つは魚群探知機を使ったベイトフィッシュを捕食している魚へシューティングで中層スイミングでのアプローチ方法。

 

二つ目は溶岩でゴリ系を捕食しているバスに対しブラインドでの底ズル引き。

 

三つ目はシャローのウィードでエビを捕食しているバスをサイトでウィードに引っ掛けシェイク。

 

たった1日、たった一つのルアーで多彩な使い方が出来バスに口を使わせてしまうのがDジグと言う恐ろしい武器(ルアー)なのです。もう今や持っていないのが不自然なくらい皆さんのタックルボックスに当たり前に入っていますね。

 

そしてもう一つ今大会で釣らせてくれたのが…

フットボール+ワイルドダディのタックル!!

ロッド…ブルートレック610MH
ルアー…フットボール7g+ワイルドダディ
リール…バンタムMGL HG
ライン…フロロ14lb

の組み合わせ

この釣りはベイトをブレイクで追っているバスやアフターの浮いているバスに有効な釣りになります。このタックルの凄いところは魚をかけてからランディングまでバラす事がないと言う事、言ってしまうとこの釣りで相当釣りましたが1匹たりともバラしていません。一度かかったらまず外れないそれだけブルートレック610MHが仕事してくれます。

 

じつはこのタックルで・・・

ロクマルゲットしちゃいました!!!!!!

他にも

55㎝

 

57㎝

 

その他40UP、50UPもろもろ釣れまくり状態です。

 

これから河口湖や富士五湖にいらっしゃる方はこの二つのタックルをお忘れなく。。

 

皆さんこんにちは!!ディスタイルプロスタッフ青木唯です。

緊急事態宣言も解除された県も出てきてもう釣りに行かれた方、まだ外出自粛をされてる方、様々いらっしゃると思われます。この事態が早く終息し皆様が気兼ねなく釣りに出かけられる世の中になるよう心から願っております。

 

今回書かせて頂くのはこれからのアフタースポーニングに効くルアーとその使い方、エリアを自分なりに説明させて頂きます。

アフタースポーンのバスは積極的に餌を探し出すようになるので回遊力は高めです。エリアとしてはブレイクのウィードや岩、4m以上のフラット、シャローの日陰が自分のアフター時期に攻めるエリアの基準になって来ます。餌としては、えび、ゴリ、虫などの比較的簡単に捕食できる生物をメインに食べているケースが多いと思います。

次にその状況の中で活躍してくれるルアー、タックルをご紹介します。

 

一つ目は

フットボール+トラスター3inch

タックル・ブルートレック610MH、バンタムHG、フロロカーボン12~14lb

 

ゴリやえびを捕食しているバスに有効なルアーになります。

アクションとしてはズル引き、ボトムパンプでオッケーです、このアクション時に大事なのが止めです。バスに食わせの間とルアーに追いつかせるために3~4秒止めるのがベストです。

トレーラーはウイニングクローやトラスターのオリジナルサイズでも全然オッケーなのですが自分的にはゴリ系を意識して使用しているってのもあり静と動のメリハリを付けたいのでトラスター3inchをチョイスしました。

 

 

二つ目は

レゼルブ

タックル・ブルートレック65L+、ハイギアのリール2500番、PE0.8号リーダーフロロ4~6lb

 

えび、虫食いやシャローをフラついているバス、梅雨時期にオススメです。

アフター時期のサーチベイトとして使用することが多いです。使い方はただ巻きとロッドで糸ふけを叩きながらアクションさせる使い方になります。使い分けではえびを捕食しているバスにはただ巻き、虫を捕食しているバスにはロッドでのアクションをつける使い方、という風に使い分けてもらうと多くのバスを反応させることができると思います。

 

 

三つ目は

SVSB1.8

タックル・ブルートレック61L、コンプレックスci4C2500HG、フロロカーボン3~4lbかPE0.8

 

SVSBに関してはサイトで使うのがほとんどになって来ます。

フロロとPEの使い分けは、オープンな場所で使う場合はフロロ、カバーに絡めるチョウチンにするような時はPEという感じで使い分けてください。

サイトでの使い方はバスの進行歩行にキャストしてラインテンションをかけずに自発的な動きで誘います、それで近づいては来たがバスがバイトしない場合は軽くロッドでトゥイッチさせるとリアクションでバイトさせることができます。

チョウチンの場合は、水面で誘ってもバイトせず見てるだけのバスに対し沈むという利点を使っていきなりフリーフォールさせることによってあっさりバイトしてくれる事が多々あります。

 

今回説明させて頂いたこの三つのルアー達を参考に状況、エリアによって使い分けてアフタースポーニングのバスを攻略してみて下さい!!

 

みなさん初めまして!!

今年からディスタイルプロスタッフとして活動させていただくことになりました、青木唯と申します。

出身は山形県でホームは河口湖、歳は20歳とまだまだ経験が浅い未熟者ですが、これからトーナメントを中心にプロ活動に精進していきますのでどうぞよろしくお願い致します

 

自己紹介はこのぐらいにして今回は3月22日に開催されたJB河口湖Aシリーズ第1戦について話していこうと思います。

 

前日プラクティス。。。それ以前からI字系ルアーを使ったサイトフィッシングを大会ではメインパターンとして戦おうと思っていました。

シャローに上ってきたプリメスに対してバスの向いてる方向3~5m先にスローシンキングのI字系ルアーをキャストし放置で近づかせバイトさせる釣り方です。

 

 

プラクティスで釣れた50UPのプリメスちゃんです!

 

しかし大会本番では朝から強風が吹きサイトフィッシングはおろかブラインドで普通に釣りする事さえも厳しい状況でした。

そんな中、僕がメインとした釣りは水深3~4mに沈んでる立ち木に対して0.9gのジクヘッドにストレートのポークを付けた物をただI字引きの様に通すだけの釣り方です。

すると………

 

 

余裕で2kgを超えるナイスキッカーを釣ることが出来ました!!!!

この魚の他にも2匹掛けたのですがどちらもバラし試合の緊張感に負けてしまいました。

 

大会の結果としては惜しくも優勝には届かず準優勝という結果で大会を終えました。

 

 

今大会ディスタイルのルアーは出番なしでしたが暖かくなるにつれ出番が増えると思いますのでガンガン使って釣りますよ!!河口湖だと最初の出番はレゼルブかな………

 

 

タックルデータ

ロッド…シマノ エクスプライド62UL

リール…シマノ コンプレックスc2500

ライン…フロロカーボン3lb