DSTYLE

REPORTレポート

佐藤旬

ニックネーム:サトジュン
生年月日:1988年9月24日
出身:埼玉県 居住地:河口湖
身長:178cm

所属:JBマスターズ JBⅡ河口湖
ゼッケン:マスターズ100 JBⅡ河口湖1
メインフィールド:河口湖
得意なスタイル:フットボールジグ
釣り以外の趣味:映画、動物鑑賞、旅行
自分の性格:頑固、負けず嫌い、時々マイペース
ライバル:TOP50選手全員
夢:日本と中国のNo1!!
格言:為せば成る。為さねば成らぬ何事も。

今回は、久々の週末プライベートフィッシングでしたが、春爆に遭遇したのでその時の事を。

1

ちなみにバスの歯で指がボロボロになる位釣れました。

 

平日よりも明らかにアングラーも多く、入りたいポイントに先行者が居たり、ヘラ釣りやファミリーフィッシングの方などで賑わっていました。

前回は数は出ないものの、ブリブリ春バスをフーラのミドストで狙いましたが、今回はフィールドも季節が進み、シャローにもバスが入り、ネストを意識しだす前でした。

今回はネストの魚を避けるためもあるのですが、基本フィーディングスポットのみのランガンをしました。

まずは、キーになるワカサギ隣接ポイントへ行くと、ワカサギが時々沖から回遊してきてワンド奥の一番浅い所にバスが追い詰めてボイルしていました。

風が強く中々サイトは厳しかったのですが、所々ある岩の横などにバスが寄り添っているのがかろうじて分かったので、まずはベイトと言えばフーラなので、1.3gジグヘッドにフーラをセットしキャスト。

ズル引いたりすると見には来るのですが、一定の距離近づくと一気にスイッチが切れ、元の位置に戻ってしまい、ワカサギが回遊してくるとボイルする歯がゆい展開に・・・・・・・・

カラーローテーションしていると、レジェンドPS(パープルスモーク)に手が伸びました。
2

このカラーは、DSTYLEのホームページの説明にもあるのですが、

「ワームの存在感を極力抑え、バスの判断力を鈍らせる。パープルマイカを加えることで、弱さの中にある微弱な生命感を表現しクリアウォーターやハイプレッシャー時の接近戦では外すことのできないカラー。」

とあるとおり、通常時はスケルトンカラーに見えるのですが、水中だと怪しく紫色に光ります。
3

止まっているのを、パッと見ると人間も見落としそうな弱めの視認性。

 

レジェンドPSに変えた途端、バスがフーラを見つけるとそのままHIT!
4 5

ワカサギを食べているのでプリプリのバスです。

 

その後もバスが嘘のように、ポンポンHIT

6 7 8

段々日も昇ってきてボイルや、バスの回遊が減ってきたのでポイント移動。

今度は風の当たるゴロタ岩系岬エリアへ。

天候が変わり、ローライトで、冷たい風が吹き、更にバスが見えづらくなりました・・・・

でも、ワカサギ食いのバスが集まるエリアで、バス密度は濃いのですが、その代わりにすごーーーくシビアなのですが、釣れればコンディションが良く綺麗なバスが釣れるエリアです。

 

シャローにバスが見えなかったので1.3gのジグヘッツドリグに、さっきハマったレジェンドPS(パープルスモーク)3インチをセットしミドストで探ると
9

バス釣りってこんなに簡単だったのって位にすぐさまHIT。

 

ここで風がさらに強く吹き、ジグヘッドリグではポイントに届かないのでI字系プラグに変更しました。ナチュラルドリフトで攻めると、一投目からHIT。
10

この後も3キャスト3バイト2キャッチなど、これが

 

「ハ・ル・バ・ク・・・・!!!」

 

 

結果この日はフーラのミドスト・ボトスト・I 字系プラグで2桁釣る事に成功し、アベレージも40前後でほぼブリブリでした。

 

この日がなぜレジェンドPS(パープルスモーク)がアタリカラーだったのか自分の考察としては、春のターンオーバーも落ち着き、数日前に雨が降り、増水に伴い湧き水も増え水質がかなりクリアになり、いつもよりバスがルアーを見切り食わなかったので、このカラーが効いたのかと。またI字系も動かしてしまうと食わず、ナチュラルドリフトで、一定の速度で流さないとHITしなかったのはそのためかと。

 

以前アフターの時期に、D1のノーシンカーやネコリグで見えるバス達が次から次へと釣れた事や、夏場の表層(高温)の水とボトム(低温)の水による水温差によりサーモクラインに浮くバスをトルストのワッキーリグなどで狙った時もかなり印象に残る釣りでしたが、今回の釣行もそれに勝るとも劣らない釣行になりました。

D1とトルストの記事は、DSTYLEのレポートの僕のページからチェックできるので是非参考にしてみてください。

【タックルデータ】
・フーラ ジグヘッドリグ
ロッド:6ft4in  UL
リール:スピニング2500番台
ライン:フロロカーボン 3ポンド
ジグヘッド:3/64oz(1.3g)

・Facebook
https://www.facebook.com/jun.satou.353

・アメーバブログ
サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!
http://profile.ameba.jp/0924-jun/

・Instagram
ユーザーネーム
satojun.room
http://instagram.com/satojun.room/

お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!

春と言えば花粉症。

皆さんは花粉症大丈夫ですか!? 僕は大打撃を受けています・・・・
1

春と言ってもこの釣行前に雪が降り、まだ溶けきれない寒暖差の激しい時期でした。

この日は気温も15℃近くあり日中は半袖でも良い位に暖かったです。

まずは久々に訪れたフィールドだったのでサイトから入る事に。

水温もまだ一ケタ台だと思うので、バスを探すというよりは、ワカサギは隣接・産卵していないか?他のベイトの有無、水位などチェックしていきました。

いつもはダウンショットリグから始めるのですが、今回は1.3gのジグヘッドリグに、フーラ3インチレジェンドPWをセレクト。

1.3gのチョイスは早く広範囲を探り状況を知るためにです。
2

ブラインドで攻めるも反応はなかなか無かったのですが、朝はワカサギを捕食するためにシャロー来ているであろうバスが居ると信じミドストで攻めていると
3

40UP!

写真だと黒っぽく写っていますが、まだ白く春っぽいバスがHIT
4

上顎にガッツリ。

水が濁っていたのではっきりとは見えない位のブレイクと岩が絡んでいるポイントで、予想通り沖ではなく手前のシャローで釣れたのでこちらをヒントにランガンしました。

ワカサギが産卵で回遊してきそうなストレッチで、なおかつバスが隠れられるようなストラクチャーがあるポイントが減水傾向のせいか、なかなか良い水深に無く午後に。
5

ちなみにこんなイメージです。

 

また春先はシャッドの釣りが好きでハマるとワームの釣りよりも釣れた事があったので、シャッドでながすも反応ナシ。少し季節を先取りしてしまったみたいで、早い直線の動き(ただ巻き系)よりも一定層をゆっくり誘えるものか、ジャークベイトなどで寄せて食わしたりするのがこの日は良いのではないかと思いました。

そこで沖にサスペンドしているであろうバスにアプローチするために、ジャークベイトに変えるとすぐさまHIT

またもや40UPのコンディションの良いバスでした。

まだジャークベイトで簡単に釣れると思いしばらくやるも意外に反応はなし。

 

その後いつもどおりダウンショットも使っていたのですが、反応が無くジグヘッドの0.9gに変更し、より沖の中層をゆっくり攻める事で寄せて食わせられるように変更しました。

ポイントも大幅に移動し、よさそうなポイントを発見。

トレースコースを変えたりしながらキャストし続けると
6

これまた40UP
7

このバスはまだ口が赤く、他のバスよりも最近上がってきた?固体かと。
8

ヒレや口周りも綺麗な金色のバスでした。
9

 

ここで春バスの僕のイメージ図です。

日差しで温められた居心地の良い暖かいレンジと、寒いレンジではやはりバスは居心地の良いレンジに浮く傾向があると思います。なのでわざわざ冷たい下のレンジに行かないのではと思います。

この日ダウンショットが効きづらく、ジグヘッドリグが有効なのがこの絵で分かるかと。

まだ適水温には遠く動きが鈍いので、スローに誘うか、暖かい日が続いたが急に寒くなりやる気があまりない時などリアクション系の素早い動きで食わせるかは、その日次第なので、スローがダメな日は素早いアクションで攻めるなど春バスは気難しいので色々なアプローチで攻略してみてください。

 

 

【タックルデータ】

 ・フーラ ジグヘッドリグ

ロッド:6ft4in  UL

リール:スピニング2500番台

ライン:フロロカーボン 3ポンド

ジグヘッド:1/32oz(0.9g)~3/64oz(1.3g)

 

 

Facebook

https://www.facebook.com/jun.satou.353

 

・アメーバブログ

サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!

http://profile.ameba.jp/0924-jun/

 

Instagram

ユーザーネーム

satojun.room

http://instagram.com/satojun.room/

 

 

お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!

今回は「春一番」が来て、気温も水温も上昇したタイミングでオカッパリに行けたのでその時の事を。

 

今回のフィールドは一級河川に続く支流に行きました。いくつもある支流の中でも流れが弱く、水深の浅い水質がマッディーなポイントに。
1

今回の春一番と暖かい雨が入れば水温上昇が早く、バスを狙いやすいと思いこのフィールドに決めました。

今回のレポートの前にも数回このフィールドには来ていたのですが、反応無く連日ボウズをくらっていました。周りのヘラブナ釣りの方も3匹釣れればすごいなど言っていた程。確かに、自分も魚の気配を感じられず、越冬場にメタルバイブなどを遠投してシャクるとコイやフナなど何かしらの魚信があるのですが、今回はほとんど無く、暖冬の影響で溜まって居ないのかと思っていたのですが、様々なポイントを周り今年は魚影が薄いと感じました。

 

そして今回はこのフィールドの中でも、アウトサイド隣接のシャローで、護岸ではなくナチュラルバンクでなおかつベイトが絡んでくれていれば、など様々な条件が重なると思い、この辺りから上がってくるのでは?と思いファーストポイントをチョイス。

シャッドやメタル、レイダウンやアシなどはトルキーストレートのネコリグやフーラのダウンショットリグなどを投入するが反応無く、メインのブレイクにキャストするとバスの反応が無いが、前までに感じられなかった魚の反応が多数ありました。自分の思っているよりもシャローに上がれているのでは?と思い、水際に生えてる木の根が水中に伸びており、誰もが狙うような場所に、フーラ3インチ5gのダウンショットリグを静かに投入。

ファーストフォールでは食わず、「パパッ」と2回弾き、リーダー分フォール、もう一度アクションを加えようとロッドを上げると抑え込むようなバイトが!
2

コンディションが良く、お腹も出ていました。

 

あくまでも創造ですが、
3

(絵心無くてすみません。)

赤バツのポジションに居たのではないかと思います。

前回は、すり抜けなど重視してリーダーレスのダウンショットで探っていたのですが、今回はリアクション要素だけではなく食わせの要素も入れようと思いダウンショットリグをセレクト。クイックにアクションさせながらもフォールの時間も少し欲しかったので、リーダーの長さは10cm位に設定しました。

そして今回も貴重なバスを連れてきてくれた「レジェンドパープルウィニーカラー3インチ」のフーラ。
4

写真だとウォーターメロンのような色になってしまい上手く映せないのですが、実際は紫色の凄く細かいラメが入っているので、写真の色と現物は少し違い、艶めかしく紫色に光ります。

水の中に入れると・・・・・・
5

このように意外と光ります。
6

水質がマッディーでもこのように見えます。

 

フーラの食わせの能力はクリアウォーターだけではなく、マディーでもカラーセレクトにより対応できるので是非店頭などで手に取ってカラーを確認してみてください。

 

この日は一匹で終わってしまいましたが、夕マズメはシャローに鯉やベイトが確認でき、今年一番大きな変化だと感じました。僕もですが花粉症がキツイ季節になりましたが、「三寒四温」になって春らしいバスを皆さんもキャッチしにフィールドに向かってみては!?

 

【タックルデータ】

・ベイトフィネス

ロッド:6ft3in  L

リール:ベイトリール ハイギヤ

ライン:フロロカーボン 8ポンド

フック:オフセットフック 4

シンカー:5

 

Facebook

https://www.facebook.com/jun.satou.353

 

・アメーバブログ

サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!

http://profile.ameba.jp/0924-jun/

 

Instagram

ユーザーネーム

satojun.room

http://instagram.com/satojun.room/

↑検索してもらえれば誰でも見れます。ちょっと更新回数多めです。

 

お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!

今年もトーナメント活動と共に、よりスキルアップし表現できるように精進して参りますのでどうぞ応援等よろしくお願い致します。

 

では、早速オカッパリに行った時の話しから。

水温は8℃前後。暖冬の影響か思ったよりも高かかったです。日当たりの良いストレッチはウィードもまだ緑で堅いのが残っていました。
1

ポイントに向かいつつシャローに目をやると・・・・・・・
2
ドシャローの岩の上にノンキーがいました。

見ていても動かないので「寒くて動けないのかなぁ?」

なんて思いフーラ2.5インチダウンショット入れたら

「パクッ!」

可哀想なのでフッキングしないでオートリリースしました。

 

 

ポイントに着き、ライトリグ・メタルバイブ・クランクベイト・フットボールジグなどキャストし続けましたが、チェイスやヒントも無く・・・・・・

 

もしかすると今年は暖冬の影響で水温が高かく、越冬場に集まるバスがまだ動けていると思い、ディープのバスが回遊してくれそうな所に届くように、3.5gのダウンショットリグで沖のエリアを狙う事に。

ゆっくりズル引いていると

コンッ!
3
やっと来てくれました!

思ったよりも白くないバスがHIT
4
でも口の中は寒くなると赤くなるこの時期特有の感じになりかけていました。

 

 

その後色々回るも反応ナシ・・・・・・・・

 

水温上昇の見込める時間にもう一度入り直し、

ダウンショットを出来るだけ遠投し探りつつズル引いていると

 

ヌヌヌ・・・・・


5
スイープにフッキングするとサイズUP

 

この日はフーラ3インチレジェンドPW(パープルウィニー)

のダウンショットリグでした。

この日はシェイクで誘うと食わず、ズル引きの方が反応が良かったです。

推測になってしまいますが、いくら例年よりも水温が高いとはいえ、冬に向かって日に日に水温も低下し動きが鈍くなってきているので、いつものアクションよりスローにアクションし、バスが追いつきやすい速度が効果的だったのかもしれません。

「このエサ早く動くから、きっと追いつく前に逃げるだろうなぁ」

なんてバスも考えていたのかもしれないですねw

ダウンショットの姿勢の話になりますが、フーラは低比重なので、スローなアクションでも姿勢が良く、このようなスローなアクション時に高比重のワームをセレクトしてしまうと、ワームが垂れ下がってしまい、イメージと全然違う姿勢で使用していることもしばしばあります。また、フーラのマテリアルは非常に柔らかいので、ズル引きをしていて、石やボトムの起伏などロッドに微妙に伝わるような振動がアクションになり、シェイクなどでは出来ないような微妙なアクションを発生させ、無防備なベイトを演出してくれていると思います。

 

 

【タックルデータ】

・ダウンショットリグ

ロッド:6ft10in L

リール:スピニング2000番台

ライン:フロロカーボン 3ポンド

フック:オフセットフック4

シンカー: 1/8oz(3.5g

 

 

Facebook

https://www.facebook.com/jun.satou.353

 

・アメーバブログ

サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!

http://profile.ameba.jp/0924-jun/

 

Instagram

ユーザーネーム

satojun.room

http://instagram.com/satojun.room/

↑検索してもらえれば誰でも見れます。ちょっと更新回数多めです。

 

お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!

 


5 / 512345