DSTYLE

REPORTレポート

佐藤圭吾

氏名:佐藤圭吾(サトウケイゴ)
ニックネーム:けいごりん
生年月日:1993年11月3日
出身:徳島県 居住地:徳島県
身長:179cm
メインフィールド:旧吉野川
得意なスタイル:カバーフィッシング、巻物全般、フィネス全般
釣り以外の趣味:サッカー、映画鑑賞
自分の性格:負けず嫌い
ライバル:四国の強者たち
一言:常に上を目指して頑張りますので宜しくお願いいたします!

佐藤圭吾個人ブログ
http://ameblo.jp/keigorin1103/

佐藤圭吾Facebookページ
https://www.facebook.com/keigo.satou.50

主な大会成績
<2016年>
チャプター徳島 第4戦 優勝
チャプター徳島 年間優勝

2017年よりJBマスターズ参戦

こんにちはDSTYLEプロスタッフの佐藤圭吾です
さっそくですが、早春に有効なスイムベイティングをより快適にする為に、BLUETREK73Hを使ったテクニックニックを紹介したいと思います。

 

スイムベイトを巻く上で最も重要なのがラインスラッグ。
いくらいいルアーを投げていてもラインスラッグを上手く扱えないとルアーの動きを殺しまいます。
スイムベイトに限らず他のルアーやワームを扱う上でも言える事ですよね。
そのラインスラグを上手く誰でも簡単に作り出せるのがBLUETREK73Hの7フィート3インチという絶妙なレングスです。
その恩恵を受けて今年の早春はスイムベイティングがより一層楽しめました。

 

 

しっかりルアーを吸い込ませるティプに、食ってからはしっかり合わせる事のできる強靭なバット。
スイムベイト以外にもスコーンリグなど最適なロッドだと思うので、何かいい一本がないか探している方は是非手にして欲しいロッドです。

 

※タックル
ロッド BLUETREK 73H
リール REVOELITE
ライン Berkley バニッシュレボリューション16lb

 

2020年12月25日
JB2四国第3戦:佐藤圭吾

今年はコロナの影響でTOP50が全戦中止という事でプロ戦がなくなってしましたのと

自身の周りの環境変化もあり中々トーナメントに出場できませんでしたが

JB2四国最終戦にスポットで参加できたので、そのレポートになります。

 

10月下旬と言う事で秋まっしぐらなリザーバーですがこの秋という時期のリザーバーはデカい魚を釣るのが個人的にものすごく苦手意識が強いです

プラは前日プラだけでしたが、今回からガーミン・ライブスコープを導入したお陰でかなり魚を探す効率が上がりました。

感触的には5〜8m辺りに魚が結構居たのでディープクラン、ジグスト、フットボールこの3つでいい反応が得られました

 

そして当日、JB2なのでパートナーにキーパーを釣ってもらい自分は1発狙いと、役割分担を決めてスタート。

朝イチは比較的キーパーアベレージのよかった道路跡フラットでキーパーを釣ってもらい、2カ所目でフットボールヘッド+トラスターで1400gクラスを追加するという理想的な展開でしたが、そこから続かず…

昼にイチカバチカで入ったバックウォーターに入ると数本の魚が居ましたが手も足も出ずで終了となりました。

結果、3本2400台で7位フィニッシュでした。

 

※タックル

フットボールヘッド3/8 トラスター
ロッド BLUE TREK 610MH
リール REVO elite8 IVCB
ライン Berkleyバニッシュレボリューション14lb

みなさんこんにちは!DSTYLEプロスタッフの佐藤圭吾です!

10月中旬頃に滋賀県の伊庭内湖に行ってきました。

シャローフラットが広がるフィールドで、アシやハスなどのベジテーションの広がる湖でローケーションは個人的に大好きなフィールドです

そんな伊庭内湖は初めて訪れましたが、まさかのその日は1日中爆風でしたので主に風裏を回る展開でした

初フィールドに季節は秋という事でバズベイトで素早くサーチしていくと、釣りがあっているのか?

そこそこのバイト数がありましたが、明らかにデカい魚は乗らず

小さい魚だけしっかりフックアップするという悲劇。

バズベイトで使用したブルートレック68M
3/8oz級のムービング系ルアーとの相性がいいように感じるので個人的にはこういった釣りに多様しています。

風裏のエリアは見回ったので展開を変えて、水深のありそうな川筋のエリアを見ていきました。

全体的に風で底荒れしていたので、なるべくハスマットの奥を1/2のTXで撃つとアベレージサイズ?がポロポロと

こういった撃ち系の釣りにはやっぱりブルートレック70H-Sがぴったりですね!

といった感じでデカい魚が釣れないまま終わってしまったのでまた行く機会があればリベンジしたいと思います!

 

※タックル

バズベイト
ロッド BLUE TREK 68M
リール ノーマルギアベイト
ライン Berkleyバニッシュレボリューション12lb

TXリグ
ロッド BLUE TREK 70H-S
リール REVO elite7
ライン Berkleyバニッシュレボリューション16lb

 

part2という事で、前回はシェードに浮いた魚をSVSBが効くという話しでしたが
今回はそれでもバイトしない魚が沢山いるのでそういった魚をどう釣るかお話しできればと思います!

沈む虫がここ近年サイトのマストアイテムになり、沢山投げられてやはりバスの反応も鈍くやっている様に感じます

そういう時は逆に沈まない浮く虫を自分は良く使います

沈む虫とは違いラインの存在が消しやすいメリットがある他、一点で焦らしやすのが特徴的です

そのメリットを考慮した上で両者使い分けるとさらなる釣果が期待できますよ!

前回のレポートと同日にSVSBでは拾えなかった魚を浮く虫ならあっさりキャッチ!

この時使用したロッドはBULE TLEK 66MLという番手のロッド。
ちょっとしたライトカバーに絡めるパワーフィネスや、今回のような浮く虫をカバーに絡めてた釣りなどで多様してるロッドです。
癖のないテーパーなのでビッグレイクでのフィネスアプローチや、5インチ程の大きサイズのワームのミドストなんかにも相性のいいロッドで、近年流行のパワーフィネスの釣りを一通りこなせる1本になってます!

 

※タックル

ロッド BULE TLEK 66M
リール 2500番HS
ライン Berkley X9 0.8号

 

DSTYLEプロスタッフの佐藤圭吾です
8月の旧吉野川に行ってきましたその様子をレポートしたいと思います。

8月の釣行と言うことで気温は連日35度オーバーで人も魚もバテる時期ですよね。
そんな時両者求めるのは涼しい場所です
川は涼しいそうなシチュエーションが多くあり意外にも釣りやすいです。

涼しい場所=カレントの当たるシェードを探していくとデスリバーであろうとも複数本釣る事ができます!

そういった場所を回って行くとグッドサイズをテンポ良くキャッチしていけました

 

ルアーはなぜSVSBなのかというと、基本的にシェードの中で魚は浮いているからです

そういった魚に早く沈むものでアプローチしても食わないので、ジワジワスローフォールさせれるSVSBがいいという事です!

他にはSVSBのコアショットのおかげで圧倒的にキャスタビリーが良く、沢山ある他社の沈む虫よりも明らかに際どいスポットにキャストがしやすい事もありよく使います。

真夏の釣果がなかなか伸びないって方は是非試してください!

 

※タックル

ロッド 60UL
リール 2000番HS
ライン Berkleyバニッシュレボリューション3.5lb

 

こんにちはDSTYLEプロスタッフの佐藤圭吾です!
初夏の津風呂湖に行ってきたのでその模様をレポートしたいと思います。

 

津風呂湖は学生の頃に何度か訪れた事のあるフィールドで、今回訪れたのは約5年ぶり
以前から苦手意識の強い湖で数えられるほどしか釣ったことがないですが、事前情報は魚が見えているとの事だったので、何とかなりそうと期待して出船!

 

ですが、湖上に出てみると全然見えない…
しかも気づけば昼前でした。
が、シェードが濃くなったタイミングでもありシェードの中にレイダウンがあると必ずバスがいる事に気付き、そういった場所を回っていくと連発!

 

 

55クラス〜40upが連打!

 

ルアーも色々試した結果圧倒的にボリュームのあるフラットワームを好んでバイトしてくる感じで、リグもライトウエイトのフリーリグでフォールスピードを、押さえてやると更にバイトが深くなる感じでした。

 

そしてその釣りに使ったロッドが、BULE TLEK 610MHというロッド。
巻き、撃ちとある程度バーサタイルに扱えるロッドで個人的にはシングルフックのハードルアーやバックスライドやフットボールヘッド、フリーリグなどのウエイト付きのリグを(5g〜10g)扱うのに適しているという印象で、とにかく年中出番のあるロッドでボートでもオカッパリでもオススメの1本です!
ロッドパワーもしっかりあり、よく引く津風呂湖の50upもレタイダウからすぐに引き離す事ができました!

 

そんなこんなで結果的に同船者と10本近く釣れて、初めて津風呂湖を少し理解できた気がする釣行でした!

 

※タックル

ロッド BULE TLEK 610MH
リール REVO elite8 IVCB
ライン Berkleyバニッシュレボリューション14lb

 

皆さんこんにちは!DSTYLEプロスタッフの佐藤圭吾です!
さて前回のレポートと時期は同じく6月の旧吉野川でブルーノシャッドテールを投げてきました。

 

 

ブルーノシャッドテールの特徴として、ボディー断面より下部の部分にソルトを集中させている為、重心がボディー下に来るのでスイム姿勢がとても良い。
そしてソルトの量も多いので他社の同サイズシャッドテールに比べてノーシカーで使用した時にやや深目のレンジを引くことができます。
これって実は釣りのテンポなどを考えるとかなりアドバンテージになります。
ソルトが多い上に良く動くので動きにもパワーがあります!
そして最後に針持ちの良さ、シャッドテールによくありがちなワームの頭が裂けやすいですがブルーノシャッドテールはそこを改善されているので非常にストレスなく投げる事ができます!

 

そんな感じでアフター回復系の魚を狙ってこの日はブルーノシャッドテールを投げてきました!

この日も幸先よくバスからの反応があり早い段階で釣れてくれました

 

 

ブルーノシャッドテールのパワーを生かしてカバー周りを巻いているとリーズの下からすっ飛んできたナイスバス!

 

 

バックリ丸飲みです!

お次はボイルした魚に対してブルーノシャッドテールのバジングで対応して一撃!

 

 

他にもボリュームのあるブルーノシャッドテールですが小さいサイズも盛んにアタックしてくるので楽しい釣行でした!

 

画像⑥??

 

※タックル

ロッド 610MH
リール REVO ALC6
ライン berkleyバニッシュレボリューション14lb
フック T.N.Sオフセット6/0

 

皆さんこんにちは!DSTYLEプロスタッフの佐藤圭吾です!
さて今回は梅雨入り前の旧吉野川へ行ってきました。

 

6月中旬という事で水中も産卵を終えてアーリーサマーへと向かう季節感です。
そういった季節に良く多用するのがオリジナルのレゼルブです!
産卵後の魚は基本的に浮き気味となり、特に川の魚は流れを嫌いショアラインに寄ります。
そういった魚をレゼルブのトゥイッチアクションで移動距離を押さえてアクションすると面白い釣りができます!

 

この日もレゼルブで幸先よくグッドサイズが水面を割ってくれました

 

 

トップウォーターで釣れると楽しさが倍増するので是非みなさんにもレゼルブを投げて欲しいと思います!
今では3サイズ、ビッグ、オリジナル、ジュニアとラインナップされているのでフィールドや、状況に合わせてベストなサイズを使い分けて下さい!

 

そしてどうしても天候的にトップへの反応が悪いときにはディキャップチャー、ウイニングクローの出番!
晴れ間はどうしてもシェードにタイトに着くのでカバーの濃さで使い分けます。

例えばアシなどの奥行きの少ないカバーに対してはスローにフォールさせれるディキャプチャーのノーシカーバックスライドで。
奥行きのあるブッシュなどのカバーはノーシカーでは入らないのでウイニングクローのTXリグ。といった感じで使い分けると自ずと釣れる魚が増えるはずです!

 

奥行きの少ないカバーにてディキャプチャーのバックスライドでグッドサイズ!

 

 

ディキャプチャーバックスライドが入らないような濃いカバーはウイニングクローのTXリグで!
50upも出ました

こんな感じでバスに合わせたルアー選択をしてやると比較的良く釣れるので、この記事を参考にしてDSTYLEルアーで試してみて下さいね!

 

※タックル

・レゼルブ
ロッド BULE TLEK 65L
リール 2500番
ライン PE0.8号+berkleyバニッシュレボリューション6lb

・ディキャプチャーバックスライド
ロッド BULE TLEK 610MH
リール REVO elite8 IVCB
ライン berkleyバニッシュレボリューション14lb

・ウイニングクロー
ロッド BULE TLEK 70H-ST
リール REVO elite7
ライン berkleyバニッシュレボリューション16lb

 

どーも!けいごりんです!
緊急事態宣言明けに日吉ダムへ行ってきました!
日吉ダムはデカい個体が多いと有名なのでずっと行ってみたかったフィールドの一つでもあります!

 

日吉ダムはレンタルボートも完備されており、マイボートも持ち込めるといったフィールドで、今回は日吉フィッシャーマンズタウンさんでボートをレンタル。

 

早々にスタートし、トップウォーターで下流域からチェックしていきましたが冷たい雨が降っていたのでこの日はシャローに魚の姿があまりなく、深いのか?と思っていると
雨が止み、シャローにちらほらバスの姿が!
まだスポーニング絡みの魚が居ましたが、それは触らずアフターのビッグ狙いに絞り、釣っていきました。

 

小さいベイトがかなりシャローにいたのでヴィローラ2.8のi字引きで流すとすかさずアベレージサイズ?(分からないけど)がヒット!

 

 

そして良く見ているとレギュラーサイズはベイトを食っていて、50クラスの魚はボトムのエビを食っていたのでSVSB、トルキーストレート3.8の1.3gネコリグで様子を見ると、ボトムベタベタへの反応が良く、トルキーストレート3.8で釣っていくと、とてもアフター回復?したようなプロポーションのバスを釣る事ができました!

 

 

この後もデカい魚を狙って頑張りましたがタイムアップとなりました。
この日は60クラスの魚も目撃したりと日吉ダムのポテンシャルに驚かされました!
また行ってみようと思います。

 

タックル

トルキーストレート3.8 1.3gネコ、ヴィローラ2.8
ロッド BLUE TREK 61L
リール REVO MGxtreme 2000SH
ライン Berkleyバニッシュレボリューション3.5lb

 

どーも!けいごりんです!
さてさて今回は春の旧吉野川での釣行レポートとなります。

 

季節はこれまた3月末の川と言う事で、平地を流れる旧吉野川は3月末となると水温もグッと上がって本流では12〜14℃ぐらいになってきます。

もうスポーニング直前といったところでしょうか。

 

この日は旧吉野川でも最も水温の上昇が早い支流からチェックしていきました。
所々にある冠水ブッシュをウイニングクロー10gTXでテンポ良く打っていくと…

 

 

50upに迫るビッグサイズ!
ファーストフォールで食ってきたのでフローティングカバーにサスペンドしていた魚でした
おそらく一度は産んだ魚だったと思います。
ウイニングクローのカラーはプレミアムモエビ。
春の旧吉野川の青白かかった感じの水色に程良く馴染むカラーです!

 

支流の季節感も掴めたところで本流のチェックしに下流域へ!
旧吉野川の下流域はマンメイドストラクチャーやハードボトムの多い景色なのでそういったエリアと言えばのクロールアップ!

スポーニング直前のメスは気難しいタイミングでもあるのでリアクション狙いでクロールアップをボトムに当てながら早巻きで釣っていくと
ガツンと狙いのプリスポーンの雌が食ってきてくれました!

 

 

※タックル

ウイニングクロー8gTX
ロッド 70H
リール ハイギアベイト
ライン Berkleyバニッシュレボリューション16lb

クロールアップ
ロッド 68M
リール ノーマルギアベイト
ライン Berkleyバニッシュレボリューション10lb

 

前回のレポートに引き続き今回のレポートも春のリザーバー編です!
普段から川ばかりなので今年の春はリザーバーへ意識的に通ってみました
訪れたのは早明浦ダム。四国を代表するビッグリザーバーです。

 

3月末という事もあり水温もまだ10℃を下回る程しかなく、平地にある川に比べてやっぱり山間部のダムは季節感が遅いです。
更には三寒四温の寒にあたり寒い一日。
この日はジャークベイトやフットボールで素早く春の定番エリアのワンドや、クリークを中心にチェックしましたがかなり魚のレンジが深い印象でしたが、昼間になり少し水温が上昇したタイミングで本名のクリークへ入るとビッグバスのスクールに遭遇!
すかさずSVSBを手に取りバスが食いそうなスポットにルアーを入れると取り合いに!
そしてスクールの1番デカイ魚が食って上げてみると55に迫るスーパービッグでした!

 

 

完全に今のタイミングに動いてると確信して可能性のあるエリアを走り回るとアベレージサイズが連発でした

 

 

しかしながらいいタイミングは短くまた釣れない時間に。。
なんとか釣れないタイミングにいいエリアを探し当ててここでは同船者とダブルヒットなどワンスポットから2桁ヒットでした!

 

 

使用したリグはマイティーストレート3.8インチの2.6gDSで、8mにフラットの絡む地形でした。

 

※タックル

 

SVSB
ロッド 60UL
リール 2000HG
ライン berkleyバニッシュレボリューション3lb

ウイニングクロー14gTX
ロッド 70H
リール ハイギアベイト
ライン berkleyバニッシュレボリューション16lb

マイティーストレート3.8インチ2.6g DS
ロッド 61ULST
リール 2000HG
ライン berkleyバニッシュレボリューション3lb

 

こんにちはDSTYLEプロスタッフのけいごりんです!
3月に徳島県内のリザーバーに行ってきたのでその釣行をレポートしたいと思います。

 

時期は3月末と水温も2桁に差しかかりプリスポーンが浮き出すタイミング。
そんな魚を釣る一手として春のカバー撃ちがありますね
しかしただカバーを撃てば釣れるという訳ではなく、しっかり条件を満たしているカバーを見極める事が必要となってきます。
その条件として先ずエリアは日当たりがいい事(水温が上昇しやすいワンド)とチップカバー(水面がほぼ密閉されている為警戒心の強いメスが着きやすい)これらの条件を満たしているとプリスポーンの魚が釣りやすくなります。
ただし、春は日によってバスがレンジを上下するのでしっかり浮いているタイミングも見極めが大切になってきます。

 

上記の通りこの日はプリスポーンの魚を狙い釣りをしたのですが、冷たい風が強く吹く日だったので中々苦戦しましたが、風裏と日当たりを気にして暖かい昼のタイミングでD-JIG COVER3.3g +D1 2.2㌅で狙い通りのプリスポーン!

 

 

そして立て続けにウイニングクロー8gTXでもいい魚をキャッチできました。

 

 

リザーバーではデカい魚を狙って釣るのにシンプルでチャレンジしやすい釣りなので是非トライしてみてください。

 

タックル
D-JIG COVER3.3g
ロッド 68M H
リール 2500番HG
ライン PE 1.5号

 

ウイニングクロー3.6㌅8gTX
ロッド 70H
リール HGベイト
ライン berkleyバニッシュレボリューション16lb

 

こんにちは!2020年初めてのレポートとなります
皆さん今年もよろしくお願いします!
と言う事で、年明け3日に参加したローカル大会で優勝したのでその時の事を書こうと思います。

 

昨年に続き暖冬ということもあって水温も12〜10度と高めでしたが、大会当日は前日の冷え込みで水温が9度台まで下がり、風も無く流れもないのでフィーディングに入るタイミングを見極めるのが大事な1日。

 

朝イチのフィーディングと、昼頃に水温の上がるタイミングと風が出るタイミング、この2つのタイミングがバイトチャンスと考えました。

 

狙うエリアはニアディープのフィーディングスポット。
これは冬の動いている川の魚を釣る上で絶対状況と考えていて、そういったエリアをピックアップして狙って行きました。
ルアーはトラスター+フットボールヘッド10gor14gでストンストン動かしてリアクションで釣っていき、朝イチのタイミングは逃したものの昼頃のタイミングで1300gのビッグフィッシュをキャッチでき、その1本で優勝となりました!

 

 

 

皆さんも是非リアクションというキーワードを意識して、リグの特長を理解してトラスター+フットボールヘッドを使ってみて下さいね!
きっと釣れる魚が増えるはずです!

 

 

※タックル
ロッド 610MH
リール REVO ELITE8 IVC
ライン berkleyバニッシュレボリューション14lb

 

みなさんこんにちは!もう年の瀬ですね!

そろそろ釣り納めをされた方も多いのではないでしょうか?
僕は12/31日が釣り納めで、そして翌日1/1日が釣り始めの予定です!笑

 

さて年の瀬という事なので、2019年シーズンを振り返ってみようと思います

先ずはJ2四国開幕戦
とにかくレギュラー戦を戦う上で大事な大事開幕戦でした!
この冬開眼したトラスター+フットボールヘッドとヴィローラミドストを軸にして優勝し、最高のスタートを切る事が出来た開幕戦でした。

 

そして第2戦
愛媛県は野村ダムでの開催!
災害に見舞われまだまだ復興途中でしたが地元の方々の協力もあり開催されました
時期的に苦手意識が強かったですが、ヴィローラで季節遅れなスポーン絡みの魚を釣ってなんとか最低ラインで踏み止まれた第2戦

迎えた第3戦
場所は再び旧吉に戻っての最終戦!
ここまでの年間順位は2位でトップとは5Pほど差があり、年間3戦しか無いJ2シリーズでは厳しいポイント差…
お立ち台を最低目標とし、挑んだ最終戦。
SVSBでグッドサイズを釣ってリミットまで後1本という所で試合終了。
結果11位と目標順位まで及ばずでしたが1位がノーフィッシュだった為、年間優勝する事ができた最終戦でした。

以前のレポートでも書きましたが

年間優勝した事でTOP50昇格権のキップを獲得できたので、来期からはTOP50にエントリーする運びになりました!
小さい頃からの憧れだった舞台へようやくチャレンジ出来ることに喜びと不安が入り混じってますが…
とにかく必死で来期も頑張りますので皆様応援宜しくお願い致します!

 

すっかり寒くなってきましたね!
少し季節感がズレますが10月の旧吉野川での釣行でも書こうと思います。

今年の秋は特に意識して投げたのがバズベイト。

秋はバズベイトなんて良く耳にしますよね?
ターンオーバー時に食い気の無い魚に対して食性以外にサウンドで訴えかけれたり散っている魚に対して効率的にアプローチ出来たりと、秋の魚にはメリットだらけのルアーなんです。
そんなバズベイトを使っていいサイズをキャッチ!

主に満水時はリーズ周り、減水時は小規模〜中規模フラットなどで巻く感じ。
10月中ぐらいまで楽しめる釣りなので是非トライして欲しいです!

表層に出切らない魚にはD-SPIKER1/2oz改(パワーUPチューン)でブレイクショルダーに絡む何かに当ててバイトさせる感じで釣っていきました!

 

ここまでは10月前半にかけて有効な釣り方で中旬以降になれば水質が一気にクリアアップし始める為、魚はシェードがあるドシャローに残るか深めのレンジを落ちる魚も増えてきます。
そうなると良いのが橋脚!橋脚はシェードを形成し、橋脚の基礎はハードボトムで、カレントも発生し易いので魚にとってかなり好都合な状況になります!
そういうスポットをTRUSTER3.8で攻めるといい魚が釣れました!

 

シャローに残る魚には最近マイブームのパワーフィネスでアプローチします
とにかくこのタイミングで重要視されるタックルで、クリアアップが進み魚もどんどん警戒心が強くなってくる為カバーを釣る際にディスタンスが大事になります
そうすればベイトフィネスで撃つには遠い距離感になるし、綺麗にアプローチ出来たとしてもフロロだと空中にラインが多く出ている分、3.5g前後のカバージグだとラインの重さに負けてカバーの中でルアーがいいアクションで動いて無いので、軽いPEラインをトラブルレスで扱えるパワーフィネスが良いという事です!

パワーフィネスでここぞと言うカバーで釣った魚!D-JIGCOVER+D1で

こんな感じで晩秋の旧吉野川を釣ってみたので是非参考にして下さいねー!

 

※タックル

バズベイト・D-SPIKER1/2oz
ロッド 610MH
リール レボALC6
ライン berkleyバニッシュレボリューション14lb

TRUSTER3.8+フットボールヘッド3/8
ロッド 610MH
リール レボIVCB8
ライン berkleyバニッシュレボリューション14lb
フック D.A.Sオフセット3/0

D-JIG COVER3.3g+D1 2.2
ロッド 68MH
リール ハイギアスピニング
ライン PE1.5号

 


1 / 41234