DSTYLE

REPORTレポート
トップページ > REPORTレポート > ウニ漁とベイトフィッシュをリンクさせて狙うアブラコ
DSTYLE北海道フィールドスタッフ5時から男のスマイリー:野場一志

6月の北海道はゴロタ場の海岸には昆布が揺らめき、コンブ漁やウニ漁の船が朝日を浴びながら漁を行っている。その際にカニやエビが舞い落ち、アブラコがそれを狙って様子を見に来る。漁師と挨拶を交し漁の邪魔にならないよう距離をとってアブラコの様子をうかがう。

 

ポイントに到着すると風は弱くライトリグの遠投には好条件。タックルは10フィートのスピニングロングロッド。PE0.8号にフロロカーボン10lbリーダーを1ヒロ。シンカーは3/8oz。リグは遠投重視のリーダーレスダウンショット。昆布についたエビ・カニをイメージし、ワームはD2HOGオレンジシュリンプをファーストチョイス。オフセットフックは♯4でセット。

 

この日の潮汐【大潮 干潮7:48 満潮13:30】潮止まりとなる時間を避けての少し遅い7:30スタート。
ゴロタワンドの沖根を狙ってフルキャスト。ボトム着底後のリフト&フォールの沖目で開始早々40upのアブラコがヒット。波打ち際近くでの強いファイトを楽しみながら波に乗せ引き上げる。ナイスファイトと魚を称えツーショット写真。優しくリリース。

 

7:54分

 

今度は同じリグセッティングにワームをヴィローラスリム2.5in サマーピーチに付け替えて、漁で拡散したプランクトンを捕食に来た小魚をイメージしスポットへロングキャスト。狙いどおりの一投目で即バイトで35cm程度のアブラコがきれいな魚体を見せてくれました。

8:07分

 

続いて沈み根付近をSVSB 1.8inにチェンジ。リグやフックも同じで虫系ワームでの反応を探ってみる。先ほどヒットした周辺をリフト&フォール。さすがに同じスポットでの反応が無くなり少し移動しキャスティングを続け30分後にヒット。

8:37分

 

再び反応の良かったヴィラーロスリム2.5in/サマーピーチに戻し、同じリグのカーブフォールで誘う。三投目でヒット。

8:54分

 

1時間で4匹のアブラコがヒットした今回は、ウニ漁とベイトフィッシュをリンクさせたアブラコ狙いが功を奏した形となった。

 

【タックルデータ】
ロッド:10ft スピニング シーバスロッド
リール:DAIWA CALDIA 2506H
ライン:PE 0.8号 DAIWA UVFエメラルダスDURASENSOR4ブレイド ホワイト+Si²
リーダー10lb フロロカーボン 1ヒロ