DSTYLE

REPORTレポート

西平守良

氏名:西平守良 ニシヒラモリヨシ
ニックネーム:にっしぃ
2015年エントリー:JB生野銀山湖
生年月日:1979年12月17日
出身:大阪府 居住地:大阪府
身長:165cm
メインフィールド:生野銀山湖 琵琶湖
得意なスタイル:フィネス、メタルジグ、パワーフィッシング
釣り以外の趣味:サッカー、スノーボード
自分の性格:明るく人懐っこい
大切なもの:家族、友人
ライバル:さっく
夢:釣りの楽しさ、自然の大切さを自分の釣りを通じて一人でも多くの人に伝えていきたい
一言:トーナメントでのフィネスの釣りから、琵琶湖でのパワーフィッシングなど幅広く釣りを楽しんでいます。
琵琶湖ではガイド業も行っていますので是非おこしください。

西平守良 個人ブログ「にっしぃの水遊び」
http://ameblo.jp/nissynomizuasobi/

西平守良 Facebookページ
https://www.facebook.com/moriyoshi.nishihira.9

琵琶湖でのガイドサービスのご用命はこちらをご覧ください
http://pro.buritsu.com/nissy/

大会戦績
<2005年>
NBCチャプターヒューマン大阪 第4戦(東条湖)    3位
東条湖オープン                    準優勝
<2006年>
NBCチャプター北兵庫 第5戦(生野銀山湖)      優勝
<2007年>
JB生野銀山湖 第3戦                 準優勝
チャプター近畿ブロックチャンピオンシップ(生野銀山湖) 準優勝
生野銀山湖秋季大会 第1戦               優勝
<2009年>
NBCチャプター北兵庫 第2戦(生野銀山湖)       準優勝
NBCチャプター北兵庫 第6戦(生野銀山湖)      優勝
<2012>
JB西日本バスプロ選手権(生野銀山湖)         準優勝
<2013>
チャプター琵琶湖 第2戦                3位

琵琶湖から、にっしぃです。

3月、4月と防寒着が手放せない日もありますが、暖かい日も増えてきて、中には半袖でも日中は過ごせる程春めいてきました。

そんな中ハードボトム、ピンスポット、ベイト捕食組を狙い分けていきます。

 

トラスターでは7g〜10gのフリーリグやベビダンなどで産卵を意識しハードボトム周辺に入ってきた個体を狙っていきます。

 

ロッドはブルートレック610MH

ライン エクスレッドの16ポンド

フック

トラスター3インチ TNS1/0

トラスター3.8インチ TNS3/0

 

 

それに対し、少し寒い日や季節感を戻した釣りでは、ピンスポットを狙います。

結構ややこしく根掛かりが多いため、SVSBBIGや SVSBMEGAで丁寧に狙っていきます。

 

ロッドはこちらもブルートレック610MH

ロッドに関しては琵琶湖でよりベストなセッティングを開発中

 

ラインはエスクレッド20ポンド

フックは

SVSBBIG DAS5/0

SVSBMEGA TNS6/0

 

 

ヴィローラ、こちらは今の琵琶湖においてどの季節も手放せなくなりました!

 

 

女性も釣りまくります!!

 

 

やはりバイトフィッシュ捕食系のバスを狙うのは今の琵琶湖にとって最重要!!

 

モロコ、アユ、ワカサギなどシャイナー系ベイトフィッシュの存在は無視できません。

 

ロッド

ブルートレック63UL MDSP

ラインはフロロがメインで

エクスレッド6ポンド

 

ヴィローラ4インチ

フック

FPJタイプラウンドジグヘッド1/0

 

この様に同じ春でも天候、風向きなどその日その日で狙い分けながらバスを釣っていきます。

バスを探しながら釣っていく!僕にとってはそれが一番楽しい瞬間。

ゲストさんと共に楽しみたいと思います。

 

現在ガイド募集は11月の末に少しと、12月の平日に空きが御座います。土日祝のガイド募集は2022年度は終了しております。

ガイドホームページ

http://pro.buritsu.com/nissy/

ご予約の際はこちらからご確認ください。

 

こんにちはにっしぃです。

今年は寒い日が続いており、琵琶湖の方も雪日になる方が多く、荒れてない日の方が少ないぐらい寒さが厳しい一月、二月となっております。

 

水温もまだ南は5〜6度台でワンバイトが貴重となっているのが今年の特徴といえます。

 

この環境的に難しい今の琵琶湖ですが、嬉しい事に1月にSVSB MEGAが発売されました!!!

 

SVSB BIGが自重10g

SVSB MEGAが自重18g

 

1、2月琵琶湖のバスの反応をみると、MEGAの方が反応が良いみたいです。

考えられる理由としては、今冬のバスの状態からみるとストックしてるバスを狙うより、フィーディングバスを狙う方が釣れる確率が高いと言う事。

ですので、自重が18gで南湖エリアでは少し重いかなと感じるウェイトの方がが、

水押しが強く、ボトムでの存在感などもありで、フィーディングバスに見つけてもらう要素が強いという訳です。

この様なバスを狙う場合は写真の様にラトルを入れるのもありですね!

 

SVSB MEGAの発売により、SVSB BIGと使い分ける事で釣り幅がかなり広がりました。

 

ゲストさんも真冬の琵琶湖にチャレンジして頂いて、BIGバスをゲットされています。

 

ロッド

ブルートレック610MH

フック

T.N.Sオフセット6/0

ライン

エクスレッド20ポンド

 

話は別になりますが、先日池原ダムの番人

まっさんが琵琶湖に遊びに来てくれましたよ!!

なんとサプライズやったみたいで僕も当日まで全く知りませんでしたw

 

 

流石の釣りうまで言うまでもなくヴィローラ4にてあっさりと釣ってました!

っていうよりポイントに対してヴィローラ

1投目でしたw

 

こんな楽しいサプライズ企画をして下さったゲストさんにも感謝です。

 

僕の初バスは

 

ヴィローラ4でした!

この日、青黒ベクサスが乗り納めでしたので、意地でも釣っておこうと思いましてw

 

この青黒ベクサスにも、沢山のゲストさんとの思い出が詰まっております。

乗って下さいましたゲストさんには感謝申し上げます。

寂しい気持ちではありますが、次のBLACKベクサスもかなりカッコいいので楽しみにお待ち下さい。

 

2021年12月23日
SVSBBIG炸裂:西平守良

こんにちはにっしぃです。

今年も沢山のゲストさんがガイドに来てくださった事に感謝致します。

 

そして良いゲストさんに恵まれている事に大変ありがたく思います。

 

さて、最近はSVSBBIGのbrushさんの撮影があり、ガイドでもメインパターンの1つとなっております。

 

 

動画はこちら

 

使い方は動画をみて頂くのが分かりやすいと思いますが、基本はボトム2~4ジャークやシェイクとなります。

 

 

ガイドでは沢山のゲストさんが驚く程の釣果をあげて下さっています。

 

 

これからの季節は特に使用頻度の高いSVSBBIG

12月発売予定となっているSVSBMEGAと合わせて真冬の琵琶湖を攻略していきたいと思います。

 

 

12月15日の最新のガイドでも3キロオーバーを釣って下さったりと活躍中。

 

 

ロッドはブルートレック610MH

フックはハヤブサDAS5/0

ライトは東レエクスレッド20ポンド

 

冬の琵琶湖に来られる際には是非SVSBBIGゲームにチャレンジしてみてください。

 

今年も皆様ありがとうございました。

来年も更なるDSTYLE製品でバスと出逢えるのが楽しみです!

 

来年のガイド予約は平日に少し空きがありますので、ご利用して頂けることを楽しみにお待ちしております。

土日のご予約はありがたい事に来年の11月半ばが最短となっております。

http://pro.buritsu.com/nissy/

にっしぃガイドホームページはこちら

 

宜しくお願い致します。

 

今年一年、本当にありがとうございました。

 

2021年11月09日
SVSB MEGA撮影

こんにちは、にっしぃです。

先日はDSTYLE新製品の撮影を行いました。

 

 

遂にSVSBシリーズにMEGAが登場致します!!!

 

 

現在、琵琶湖ガイドでも活躍中のSVSBBIGをさらにでかく、そして重たく。

見た目もボリュームUP

SVSB BIGが自重10gに対し、SVSB MEGAは18g

8gUPとなります。

これは今までSVSBBIGでは攻めにくかった8m~のディープも攻略しやくすなります。

もちろん、浅い場所であってもボトムが分かりやすく非常に使いやすいです。

根掛かりも少ない様に感じました。

 

 

SVSB BIGとSVSB MEGAこの2つがある事でかなり攻略の幅が広がる事になります。

発売までもうしばらくお待ち下さい。

 

 

そして私事でありますが、DVD「至高のワカサギパターン」実釣偏 解明偏が発売されました。

実釣偏では、3時間程の釣果で、57 55 55 54 53 52 50cm 45UP×3 40UP×2

釣りながら解説させてもらっています。

解明偏では、魚の探し方や、ヴィローラでのアプローチの仕方など説明させてもらっています。

琵琶湖以外のワカサギレイクでも参考にして頂ける内容となっております。

気になられる方は是非ご覧ください。

 

 

琵琶湖ガイドの方はトルキーストレートが好調。

 

 

やはりオールシーズン必須ワームです。

 

 

これこら寒くなっていきますが、まだまだ琵琶湖は釣れまくります。

是非琵琶湖に一度遊びに来てください。

http://pro.buritsu.com/nissy/

琵琶湖ガイドはこちらのホームページをご覧ください。

こんにちはにっしぃです。

 

 

先日の動画撮影をさせてもらいましたが、こちらがDVDとなり発売される事が決定致しました。

発売元はbrushさんで「魚の探し方」をメインにしております。

 

 

この際に使ったのがヴィローラ4インチ。

琵琶湖でのフライやワカサギ、アユ、モロコといったシャイナ―系ベイトフィッシュの攻略には欠かせないワームとなっております。

魚探映像などからどうやって探していくのかを一から説明させてもらっているので、是非発売されたら宜しくお願い致します。

そして、ガイドでもそのヴィローラが炸裂。

 

 

バスの群れを見つけると、ダブルヒットやトリプルヒットも狙って出せるほど協力なパターン。

 

 

女性も55cm3連発!!!

ベイトフィッシュ系を補食してる個体は引きが凄いです。

フロロ6ポンドでも厳しい時はPE0.8号フロロリーダー10ポンドで対応します。

 

 

ジグヘッドは1.8~2.6g

水深で選ぶというよりかは、バスが反応する

スピードを選びます。

ヴィローラの2.8をスピード変化の為に使う事もあります。

 

 

バスのウェイトが3キロオーバーから、4キロなんて事もあります。

 

 

そして63cmなど長いバスまで。。

 

 

あまりにも口が大きく拳が2つ入ります(^-^;
ガイドでは多くの人に釣ってもらい、釣果をあげさせてもらってもらっていますが、ヴィローラ無くてはあり得ない釣果です。

 

 

それ程、今の琵琶湖ではベイトフィッシュを意識した攻略が大切になりますので、ヴィローラ持って琵琶湖に遊びに来てください。

 

こんにちは、にっしぃです!

 

 

梅雨真っ只中の6月、野尻湖遠征に行ってきました。

 

 

DSTYLEの開発ラッツさんにカメラを持ってもらったり、一緒に開拓。

ラッツさんはSVSBJr.でサクッと釣られ、

 

 

僕は琵琶湖スタイルのトラスター!!

 

 

10gフリーリグにてGET

エクスレッドの14ポンドを使用しました。

 

 

マイティーストレートの3.5gダウンショットはやっぱり釣れますね!

久しぶりの3ポンドラインw

最終日は野尻湖ガイドの林くんにお世話になりました。

キャロシャッドメインに硲田さん

 

 

ディーブローシャッド

僕にもディブローシャッド

 

 

新メソッドのカブトムシジャーク

3ジャーク、1ステイのリズム。

琵琶湖の釣りでもやっぱり釣りたい!

 

 

SVSBBIGで釣れました!

 

 

やっぱり僕は琵琶湖ぽく釣るのが好きですね!

その他にもいっぱい釣らせてもらいました。

一緒に出てた知り合いはみなさんのトラスタ―の3インチが反応良かったみたいです。

 

現地のガイドさんにお願いするのが勉強になります。

また来年も行きたくなりました!

 

こんにちは、琵琶湖からにっしぃです

 

今年の春の新製品Dスイマー!!

早くも単日ロクマル二本など強烈な釣果を叩き出してくれました!

 

先日はルアーニュースさんの動画でタックルや、使い所など取り扱い解説させて頂きましたのでこちらをご覧ください。

https://youtu.be/DhMJ-6UTMz0

↑こちらが動画です

是非参考にしていただけるとありがたく思います。

 

もちろんトレーラーにはブルーノシャッドテールを使用。

ショートバイト対策に

HAYABUSAさんから出てるトレーラーフック2/0をつけるのベストサイズ。

 

ガイドでは主にシャローの濁ってるエリアで使う事が多く、選ぶカラーはフロッグチャート、ホワイトシャッドなどを選択します。

 

こちらはフロッグチャート

またスピード調整も大事で、レンジでウェイトを変更する事が基本ですが、ショートバイト対策にあえてスピードをあげたり、遅くしたりする事も春は大切です。

 

こちらはガイド中5/8を使っていたのですが、一人だけバイトがなかった為、1/2に変更。するとすぐに反応がありました。

 

こちらは逆に5/8を使用して早く巻くことによって釣れたバスです。

この上二枚の写真は同じ場所、水深は2m前後で釣れたのですが、日によって反応するウェイトが違うことがわかります。

 

そしてこちらはロクマル!!

冬と春の境目を巻くと釣れてくれました!

冬はセンニンモ、春はコカナダモの新芽。

このウィードが隣合わせになってる場所、冬から春に動いてるであろうバスに合わせました。

 

やっぱりロクマルの口はでかく迫力がありますね!

ウェイトは5/8

水深は4m前後で使用しました。

 

さらに!!

すぐにゲストさんにもロクマル!!!

カラーはグリーンパンプキン

単日ロクマル2発は前回のレポートであげさせてもらったSVSBBIG以来、今年2度目。

2021年DSTYLE新製品凄いですね!

 

歯形もバッチリ!

手前から

ブラウンシャッド

ホワイトシャッド

グリーンパンプキン

この3色を基本にカラーを選択し、水の色に合わせて行きます。

 

ブルーノシャッドのカラー選らびは、Dスイマーのスカートの色に合わせていくと良いでしょう!

 

Dスイマー!

巻かないと釣れないバスもいてるので、ありがたいアイテム。使いやすくて最高のスイムジグです!

 

http://pro.buritsu.com/nissy/

にっしぃガイド

ガイドホームページはこちらになります。

ご予約はホームページ内のフォームから直接可能ですので、スケジュールを確認して頂きお問い合わせください。

現在8月以降の予約は可能となっております。

また土日のご予約につきましては8/14 15、11月以降となります。

 

琵琶湖に遊びに来てくださいねo(^o^)o

 

こんにちは、琵琶湖からにっしぃです。

先日はBasser誌&DSTYLEの撮影でした。

青木さんにお越し頂き、日本に居てる貴重な時間での撮影となりました。

年に数回ご一緒させて頂くのですが、今回も新しい釣りを勉強させて頂きましたよ!

撮影で活躍したのが、今年発売予定となっているSVSB BIG。

ノーシンカー系バックスライド

元々は琵琶湖で使う為に開発されたワームではないのですが、偶然現在の琵琶湖に激ハマり。

僕は一年程前から使用させてもらっていますが、まぁよく釣れる。

テスト段階でもロクマルをサクッと釣れてしまうという。

今回の撮影では青木マジックとも言えるアクション。

流石過ぎます!

シェイクからのトゥイッチ。

琵琶湖でのノーシンカーの流行りはステイからのトゥイッチというアクション。

このシェイクを入れるというアクションは聞けば簡単なんだけど、琵琶湖だけで釣りをしていると、この発想にはなかなかたどり着かない。

僕の中ではすごく新鮮。

青木流俺のノーシンカーってとこかな。

ボディー全体の足が震えるようにアピール、さらには両手の動きがバスを誘います。

 

撮影では僕もなんとか釣る事ができました!

Basser誌では今回の釣りと、トラスター解説、ヴィローラの奥深いお話もさせて頂いておりますので、発売されましたら宜しくお願い致します。

そして次の日は青木塾の撮影

この日は、かなりの爆風予報。

午前中は室内で収録をさせて頂き、お昼から無理のない程度に湖上に出る事に。

そしていきなり61cm4500g!!

SVSB BIG!!

ラッツさんも参加し50アップ連発からの…

こちらは60cm4100g!!!

SVSB BIG凄いです。。。

ロクマル、しかも4キロオーバー連打は琵琶湖でもそうないですよ。

今回の撮影でも青木さんの発想の凄さを見せて頂けたし、SVSB BIGの破壊、ラッツさんの引きの強さも見せて頂きました。

後日…さらにでかいのが…

61cm4700g

SVSB BIGおかしい…

この日は僕1投しかしてない

真冬の琵琶湖も凄いでしょ!

この写真の前日にもゲストさんに…

63cm4270g

でかいの狙いは絶対に外せない季節。

今年春以降の発売予定となるSVSB BIG

 

ハイシーズンも楽しみ!!

そしてすでに来年の冬もゲストさんに釣ってもらうのが楽しみになってきました。

 

今回の

タックル&ルアー

SVSB BIG

ロッド:ブルートレック610MH

ライン:東レ エクスレッド20ポンド

フック:ハヤブサT.N.Sオフセットヘビーデューティー5/0

 

http://pro.buritsu.com/nissy/

↑ガイドホームページはこちら

琵琶湖に遊びに来てくださいねo(^o^)o

 

こんにちは、琵琶湖からにっしぃです。

いよいよ12月ですね!

 

冬の入り口な季節です。

しかし琵琶湖の方はまだまだバスの活性も高く、でかいの狙いやその気になれば100以上もの数釣りも可能な季節です。

そんな湖は他にはなく琵琶湖って凄いなぁ!って思うのも冬の季節だったりします。

 

現在の琵琶湖ではリアクションから食わせの両方を兼ね備えたSVSB BIGが琵琶湖でも釣れています。

 

バックスライド系虫

両手をパタパタとさせながら細かな足が微振動を作りながらフォールしていきます。

 

先日行われた撮影でもSVSB BIGが活躍してくれました。

 

ノーシンカーやネイルシンカーを挿入し使います。

 

基本はノーシンカーで十分で普段はノーシンカーで使用しています。

 

 

タックルは

ロッド

ブルートレックの68M

ライン エクスレッド20ポンド

フック T.N.Sオフセットヘビーデューティー5/0

20ポンドラインを使用していますが、逆風でもストレスもなくかなり飛んでいきます。

使いやすいルアーですね!

 

ロックエリア、ウィードなど全てのシチュエーションで使えるSVSB BIG

 

間違いなく来年のメインルアーの一つになるでしょう!

 

発売をお楽しみに!!

 

琵琶湖ガイドでは去年に続き冬季料金システムを導入させてもらいました。

ハイシーズンより時間も短くなりますので、その辺りを考慮致しました。

 

数人でこられても料金の変更が無い為、かなりお得なプランとなっています。

 

ウィンターフィッシングを応援致します。

 

期間中の土曜日はあと1日の募集しか残っておらず、去年は平日も含め募集日全て埋まりましたので、検討して下さる方はお早めにご連絡ください。

 

ホームページはこちらです。

http://pro.buritsu.com/nissy/

こちらのフォームからご予約下さい。

 

今年もあとわずか、残りのフィッシングライフを楽しんで来年に繋げましょう。

 

こんにちは

にっしぃです。

なにかと話題となりました琵琶湖艇王決定戦!

みなさん凄く気にして注目して頂いてたと思います。

 

 

12月号のルアーマガジン

こちらは青木さんが表紙を飾っております。

 

準決勝の内容が書かれており、みられたゲストさん達からおめでとうのご連絡を頂き感謝致します。

 

って事で準決勝は

 

 

ヴィローラでやりきり

1位通過でした!!

ヴィローラなくしてはここまで来れてなかったと言い切れます。

 

そして先日発売されました

 

ルアーマガジン1月号

 

 

こちらでは決勝戦の内容が書かれています。

 

準決勝から三日連続となる試合でした。

 

 

琵琶湖最強の冨本さんと一騎討ち。。。

中途半端なウェイトでは勝てる訳もなく、でかいのを狙い続けないといけない…相当なプレッシャー。

そんな二日間でした。

冨本さんと一騎討ちで戦えるってそんな事、過去にあったでしょうか。

尊敬する大先輩と大舞台で戦わせて頂きました事を主催者であるSDG-MARINE様、ルアーマガジン様、関係者全員に感謝致します。

来年もシード権を獲得してますので楽しんで戦ってきます!

 

琵琶湖からにっしぃです!

突然ですが、皆さん10年後も使ってるルアーって何を思い浮かべますか?

もしくは昔から使ってるルアーってありますよね!

考えると色々と出てきます。

僕の場合10年後も使ってるワームは…

 

 

ずばりトルキーストレートです!!!

 

 

ちなみによく使うカラーは2袋まとめてパッケージ保管しております。

発売して約6年ぐらいですかね?

ずーっとかわらず琵琶湖で使っています。

 

 

現在の琵琶湖ガイドも昔と変わらず同じパターンで釣れますし、新たなスポットでも釣れ続いています。

 

 

琵琶湖のバスはトルキーストレートがあれば釣れます!

特にネコリグに特化しているので、どのシチュエーションにも使いやすい。

 

 

シャローでもディープでも…岩やオダなどのスポットにも使えます。

 

 

さらには初心者から上級者までが使えてしまうという。

 

でもね!

トルキーストレートの本当の面白さは…

 

実は使えば使うほど釣れるワームになるという事。

 

 

どういう事かといいますと、基本動かし続けて使うワームと考えていますので、そこに上手い下手が出てきます。

 

 

先程書きました様に、初心者さんにも釣れる

ワームですが、さらにテクニックを磨くと今まで釣れなかったバス達に口を使わす事が出来るワームです。

答えはストレートワームの塩加減、マテリアルにあります。

なので僕は発売当初より今の方が釣れるようになってると思いますし、おそらく10年後もさらに釣れる様になってると思います。

使えば使うほど身になるトルキーストレート!

10年後も使ってるワームってなんですか?

そんは質問を頂くとすれば…

即答でトルキーストレートです\(^o^)/

マイヒットカラーはライトスモーク、デッドリーワカサギと続き、

やりこんでみた感じは

ライトミミズ最強。

 

今回はご報告!

 

艇王予選通過に向けてひたすら練習してきた訳でありますが…

 

2組予選1位通過をキメてきました!

やはりヴィローラ4が凄すぎます!

 

この模様は

現在発売中のルアーマガジン2020 11月号にて掲載されています。

 

早くお伝えしたかったにですが、雑誌が発売されるまで公開NGでしたので遅くなり申し訳ございません。

 

ルアーマガジンをご購入宜しくお願い致します。

 

予選通過が最大のキーポイントとなるだろうと思っていましたので、とりあえずはホッとした瞬間でありました。

 

準決勝以降の内容は次号のルアーマガジンにて公開されますので、次号もお楽しみに!

 

予選日が9/9

前日の9/8は自分で釣りをする事は止めてくださいとの事。

9/7月曜日が台風。

9/6日曜日、艇王予選まで最後に自分で釣りができる日。

練習最後となりますので魚探掛けではなく、久しぶりに1人で釣りをしてみる。

艇王はネット禁止のハンドランディング!そんなんいつもやらんので練習。

ヴィローラで55前後3連打、プロトブルーノシャッド1投で4キロクラス60ぐらいのはハンドランディングをミスりばらすw

 

4投だけでえげつないウエイト。

 

1人で出てるのでこの喜びを分かち合えないw

近くで一部始終みていた釣具屋店のスタッフさんにみてもらうw

 

スポットの魚を釣りすぎないようにチェック。


試合前の最終ウエイトは14~15キロ
ここが練習での僕のMAXでした。

 

しかし、台風前のローライトが続きワカサギが移動してるのを気付き、台風後にどう変化するのかが、今回の予選ではキーになるだろうと練習を終えました。

 

こんにちは、にっしぃです。

今回は艇王予選前の最終ガイド時の釣果をご紹介させてもらいます。

艇王予選前という事もありまして、ひたすら魚掛けの日々が続いていました。

ワカサギの動きを掴む為に、数日間にわけて下物だけで5周…

ある行動のパターンを掴んでいたので、試合前にゲストさんに遠慮なく釣ってもらいました!

結果…各スポットをランガンし、バスを残しながら釣って行きましたが…


鈴木さん

55 54 53 53 52 52 51 51cm

 


大澤さん

61(3700g) 52 51 50cm

 


にっしぃ54cm

 


40~49など計35~40本

 

この時はまだ、ワカサギとバスがリンクしていないスポットが多く存在しており、リンクしてるスポットだけを一ヶ所ではなく10箇所以上ランガンして艇王のプラとして釣りまくって頂きました。

 

もちろんゲストさんの腕も凄いですが、ヴィローラもえげつない(^-^;

もう腕が痛くて挙がらないとw

 

ゲストさんのお陰で試合前に良いプラとなりました。

これだけ釣れまくっても試合前は不安で、最終は一人で確認作業に入る事にしまた。

その模様は次のレポートでご紹介させもらいます。

 

琵琶湖も涼しい日が続き、水温も25℃前後。

 

色々なレンジにバスが散らばり、秋の釣りを楽しめる様になってきました。

 

北湖では

トルキーストレートが活躍♪

主にシャローやディープの岩などを狙う為、根掛かりが少ないネコリグがおすすめです。

しかもトルキーストレートは尻尾部分が小魚を演出。

3.8 4.8 5.8どのサイズも北湖では欠かせません。

 

南湖では

やっぱりヴィローラ!

 

ワカサギ、モロコパターンとなった今の琵琶湖では最強のヴィローラ!!

今年はヴィローラのお陰で釣りが成立していると言っても過言ではありません。

 

シャローでは

Dブレード!!

 

 

秋の定番と言えばDブレード

巻きまくるのが面白い。

これからの季節まだまだ続くパターンです。

トレーラーはディキャプチャーです。

 

秋の琵琶湖

数も釣れるし、スーパービックも狙える季節です。

色々な釣りを楽しんで下さいね(^-^)