DSTYLE

REPORTレポート
トップページ > REPORTレポート > 夏~秋の相模湖ガイド:佐藤旬

秋と言うと難しく感じる方も多いと思いますが、時間やポイント・水温などのキーワードを見落とさなければ返り討ちに合う事も少なくなると思いますので相模湖ガイドでの実例でご紹介致します。

 

まだ夏と秋の狭間のガイドでは朝の涼しい時間にはボイルしていたり、バスの活性も高いのでシャローをレゼルブでサーチすると

 

 

ワームを見切るスレバスも水面パワーとレゼルブのアクションには口を使ってしまいます。

 

アクションはシェイクしながらゆっくり巻き続けると下から湧いて来てバイトします。

タイミングが良いと複数匹で取りあう事も。

 

プラグで釣ってみたい方は相模湖も河口湖もですがレゼルブをシェイクしながらゆっくり巻いて来てみて下さい。

飛距離は出るし、難しいアクションもいらないし、トップウォーターなので根掛りもないし、バスの反応が目で見て分かるので面白いです!

 

日中水温が上がりトップや見えバスが居ても反応が無い場合はレンジを下げて狙ってみて下さい。

 

ポイントはシェード+ボディーウォーター+風+ストラクチャーなどがあるエリアが反応が良く、リアクションとスナッグレス性能が良いフリーリグが良くウイニングクローのフリーリグはサイズの良いバスも釣る事が可能です。

 

 

更にベイトが絡んだ時はフリーリグよりもトルストのネコリグの方がベイトとの波動が似ているので反応が良くゲスト様に惜しくも50届かなかったものの49cm!

 

 

秋も進むと水温が下がり、だんだんベイトを意識してベイトの絡むブレイク等の反応が良くなってきます。

 

なのでベイトが回遊するブレイクをトルストで狙うと再現性も高く、

 

ルアー・ポイント・タイミング・アプローチが合っているからこそのこのバイト!

 

実はこのバスの前にお客様がフロロ4ポンドをあっさり切られたのですが、そのバスを反応させたのもトルストのネコリグでした。

 

そして普段フリーリグを入れる様なカバー等でも水温が下がりベイトが絡むようになってくると、フリーリグでは波動が強すぎたり、シルエットが大きすぎたりして見切られたりするのでベイトフィネスでトルストのカバーネコリグでアプローチして頂くと反応が出ます。

 

時間やポイント・水温などのキーワードを元に更にルアーの使い分け等を上記の様にして頂けるといつもよりもサイズが上がったり、数が釣れたりといつもと違う秋を楽しめる様になり難しい秋ですが攻略しやすくなると思います。

 

「それでも分からよ」って場合は是非ガイドにお越し下さい!

タックルからルアーまで全てレクチャー致します。

 

タックル

レゼルブ

ロッド:BLUE TREKDBTS-65L+

リール:スピニングハイギヤ2500番

ライン:PE0.8号

 

フリーリグ

ロッド:BLUE TREK DBTS-70H-S

リール:ベイトリール ハイギア

ライン:フロロ16ポンド

 

ベイトフィネス トルスト4.8ネコリグ

ロッド:BLUE TREK DBTS-67ML-BF

リール:ベイト ハイギア

ライン:フロロ10ポンド

 

【河口湖・相模湖ガイド】

↓ガイドHP

https://ameblo.jp/0924-jun/theme2-10103797050.html

随時ゲスト様募集中です。お気軽にお問い合わせ下さい!

トーナメントで培ったキモや地形など詳しくレクチャーさせてもらいます!

メール・電話お待ちしています。

 

【SNS・ブログ】

・Facebook

https://www.facebook.com/jun.satou.353

 

・アメーバブログ

サトジュンの,我が成すことは吾のみぞ知る!!!!

http://profile.ameba.jp/0924-jun/

 

・Instagram

ユーザーネーム

satojun.room

http://instagram.com/satojun.room/

 

・Twitter

https://twitter.com/SATOJUN44BASS

 

お友達申請・イイネ・コメントなど、お気軽にどうぞ!お待ちしています!